酒井藍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さかい あい
酒井 藍
生年月日 (1986-09-10) 1986年9月10日(31歳)
出生地 日本の旗 奈良県
血液型 AB
職業 吉本新喜劇2007年 - )
ジャンル 舞台
活動期間 2007年 - 現在
主な作品
よしもと新喜劇
ちちんぷいぷい
プリプリ
備考
身長163cm、体重100kg。

酒井 藍 (さかい あい、1986年9月10日 - )は日本お笑いタレント喜劇俳優奈良県磯城郡田原本町出身[1]よしもとクリエイティブ・エージェンシー大阪本部所属。吉本新喜劇座長。

人物・来歴[編集]

妹が2人居る[2]。趣味は柔道(二段)・神社巡り。小学5年生から20歳頃まで柔道をやっており、高校生時代は柔道部の副キャプテン[2]奈良県立生駒高等学校、専門学校を卒業後、奈良県警察に就職。橿原警察署交通課で窓口業務に就いていた[1]

子供の頃から新喜劇に憧れており、高校卒業後すぐにでも吉本総合芸能学院(NSC)に入りたかったが、この時は親に反対され、大学に進学したら新喜劇への道が遠のくとも思い、「取りあえず安定した方へ」と公務員へ。しかし、奈良県警時代も常に新喜劇入りを探り、その情報を集め続けていたという[2]

2007年9月に吉本新喜劇の「第3個目金の卵オーディション」に合格したことを機に約1年6か月務めた奈良県警察を退職[1][2]。現在は吉本新喜劇に出演している。

2011年6月23日には、新喜劇の先輩女優・宇都宮まきの代理で『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)に初出演。当時宇都宮がレギュラーを務めていたロケコーナー「こんなん初めて食べました」で、グルメリポートをこなした。2012年には、同番組と山崎製パンとのコラボレーション企画「ウルトラパン大作戦」で、楠雄二朗(くっすん)・市川雄一(女と男)とともに「ウルトラパン宣伝隊員」へ起用。同企画から生まれた4種類のパンを売り込むべく、連日取材やキャンペーンに赴いていた。

2012年3月からは、『ちちんぷいぷい』の金曜日にコーナーレギュラーで出演。さらに4月からは、同局で始まった午前中の情報番組『プリ♥プリ』でもレギュラーを務めている。しかし、同年9月29日の『ちちんぷいぷい』へ出演した直後に、過労と膵炎で入院。約1ヶ月にわたって静養した後に、10月26日放送の『プリプリ』から芸能活動を再開した。

2017年5月26日、吉本新喜劇の座長に就任することが発表され、同年7月26日の公演より座長に就任した。レギュラーの女性座長は吉本新喜劇としては史上初(短期公演では山田スミ子未知やすえが座長経験がある)となる。30歳での座長就任は1999年に座長制度が導入されて以降、同年に32歳で座長就任した吉田ヒロと、2006年に同じく32歳で就任した小籔千豊の2名を2歳下回る最年少記録となる[3][4](ただし、旧・吉本新喜劇を含めると史上最年少座長は1974年に就任した木村進の23歳という例がある)。

ダイアンの西澤に片想いしている。

持ちネタ[編集]

  • ふくよかな体型から、吉本新喜劇の舞台や出演番組では、「豚」や「タンクローリー」などに例えられている。そのたびに、以下のようなノリツッコミを披露する。『ちちんぷいぷい』や『プリ♥プリ』では、スタジオに登場する際に他の出演者(主に先輩芸人、ピーコ西川貴教)が前振りに趣向を凝らしていることもあってネタの認知度が向上、披露する機会が増えるにつれて、ノリツッコミのバリエーションを増やしている。さらに、あえてツッコミをせず、そのまま雑談に繋げる変則技も生まれている。
    • (例:前振りで「豚」と言われた時)
      • そうそうそう…。ブーブー、ブーブーブー、ブーブー、ブー…。(豚の鳴き声を真似ながら、ひとしきりにボケ芸を披露した後、振った相手や客席やテレビカメラに向かって)私、人間ですねん[1][2](もしくは「誰が豚やねん」)!
        • その際、場合によっては、ツッコミ役(主に川畑すち子(すっちー)など)にわざと体当りしたりすることもある。
          • その後、ツッコミ役から「ヘッタクソなノリツッコミやなぁ~」「何の時間や!」などと突っ込まれる。

出演[編集]

番組[編集]

以下はいずれもMBSテレビの番組

  • よしもと新喜劇
  • ロケみつ〜ロケ×ロケ×ロケ〜(2010年2月4日 - 3月4日) - 「Catch&cook 自力海鮮丼ブログ旅 season 3」
  • ちちんぷいぷい(2011年から不定期、2012年3月から隔週金曜日、同年4月から毎週金曜日に出演) - 「酒井藍の密着まるまる1日」コーナー担当。
  • プリ♥プリ→プリプリ(2012年4月 - 2013年3月、金曜日のスタジオレギュラー)- 同年9月まではロケ企画「はたらくプリメン」のリポーターも兼務。一時は、月〜木曜日にも同企画のVTRで出演していた。

CM[編集]

  • 日清麺職人吉本新喜劇編(2012年 - 、テレビCM、MBSテレビを中心に放送)- 新喜劇座長の小籔千豊などと共演
  • 551蓬莱(2012年 - 、テレビCM、関西ローカルで放送)吉本新喜劇のメンバーとして出演
  • 大阪さくさくワッフル(テレビ、関西で放送)池乃めだかと出演

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 酒井藍、新喜劇初の女性座長 30歳最年少「ドッキリちゃうかと」”. スポーツニッポン (2017年5月27日). 2017年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e 女性自身 2017年6月20日号 p.48 - 49
  3. ^ 酒井藍、吉本新喜劇初の女性座長就任 “小籔超え”史上最年少30歳 - スポーツニッポン 2017年5月26日
  4. ^ 酒井藍 吉本新喜劇座長デビュー 女性初、緊張の面持ち - スポーツニッポン 2017年7月26日

外部リンク[編集]