池乃めだか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
池乃 めだか
Medaka Ikeno IMG 3061r2 20160109.JPG
今宮戎神社宝恵駕行列途次、なんばグランド花月前で
(2016年1月9日)
本名 中井 昭彦
(なかい あきひこ)
ニックネーム 池やん
めーちゃん,ちっさいおっさん ショートマン
生年月日 (1943-07-03) 1943年7月3日(73歳)
出身地 日本の旗 日本大阪府守口市
血液型 B型
方言 大阪弁
事務所 ケーエープロダクション吉本興業大阪本社 → よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1968年 -
配偶者  既婚
親族 妻・二女

池乃 めだか(いけの めだか、1943年7月3日 - )は、日本お笑い芸人喜劇役者。本名、中井 昭彦(なかい あきひこ)。愛称は池やんめぐ坊めーちゃんちっさいおっさんよしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

略歴[編集]

大阪府守口市出身。守口市立第一中学校卒業後、三洋電機に約6年半勤務した(19歳の時には長らく結核で入院していた)後、1966年昭和41年)に23歳で芸能界入り。

1968年(昭和43年)に正司玲児らと「中井次郎」の名で音楽ショウ「ピスボーイ」にドラマーとして参加、10日もたたないうちに熊本市民ホールで初舞台。まもなくして、以前から知遇を得ていた海原小浜門下に入り「海原めぐる」(二代目、初代は漫談ミヤ雀仙)と芸名を変え、三洋電機時代に知己を得ていた海原かける(海原小浜の息子で、海原やすよ・ともこの父)と漫才コンビ「海原かける・めぐる」を結成。ケーエープロダクションの本拠地であった寄席劇場・梅田トップホットシアターを中心に活躍していたが、1976年(昭和51年)海原かける廃業にともない同年吉本興業へ移籍し吉本新喜劇に入団「池乃めだか」に改名した(「池乃」の名付け親は六代桂文枝,「めだか」は本人)。

新喜劇入団後、長い間セリフのほとんどない子役ばかりを演じていて、新喜劇に対する意欲を失いつつあったところへ、いま寛大(当時、はな寛太とのコンビを解消していた)から漫才コンビを組まないかと誘いかけられ、約1年悩んだ末に新喜劇を辞めてコンビを組むことを決意し、劇場支配人にそのことを伝える。しかし、その場で支配人がめだかを副座長として間寛平とともに出演させようとしていたことを知り、寛大とのコンビを組むのを撤回(寛大には土下座して謝り了承された[1])、以後寛平との掛け合い(猫vs猿の喧嘩)で人気に火がつき、その名が知れ渡るようになった。1980年代後半、吉本本社による「新喜劇やめよっカナ!?キャンペーン」で看板役者が次々と降ろされていく中、桑原和男中山美保らと共に残留、その後若手育成の為座長に就任した。1995年内場勝則辻本茂雄石田靖の3名がニューリーダー(1999年から吉田ヒロも加えて「座長」と呼び方を変更)に就任したのを受け、座長を卒業したものの、その存在感や人気は現在でも現座長たちに決して引けを取らない必要不可欠な存在の重鎮である。借金過多で吉本新喜劇を一時的に追放された(現在は復帰)帯谷孝史とともに、すでに1999年には新喜劇の行く末を案じていた(40周年記念本『ゲラゲラ・ハッピィ』での発言による)。

その後も重鎮として活動し続け、2006年に新喜劇の新座長に就任した小籔千豊のメインイベント「コヤブ新喜劇」のフリートークコーナーでは、「もう新喜劇も引退かなと思ってたところに小籔みたいなのが出てきたから、あと2、3年頑張ってみようと思う」という発言をしている。

2011年末に健康診断を受けた際に、自身の頭部に未破裂性脳動脈瘤が発見されたため[2]、2012年4月6日に大阪市内の病院で開頭手術を受けた[3]。その後1カ月半ほどの自宅療養を経て同年5月29日に京都府のよしもと祇園花月での吉本新喜劇公演で舞台に復帰した[4]

エピソード[編集]

  • 幼少期に父が病死し、母は病気がちで、一家の家計のために、中学時代にすでにアルバイトをし、また高校進学を断念している。
  • サラリーマン時代に上司から宗教勧誘を受け、それを断ったことで気まずくなり脱サラする。
  • 吉本新喜劇の舞台では、身長が150cm未満である事を持ちネタにしている。公称身長は149cmだが、実際は145cmしかない。また、大阪道頓堀のくいだおれ人形(くいだおれ太郎)よりも低く、自分の娘が小学生の時に身長を追い抜かれてしまったという。
  • 事務所の後輩であるナインティナイン岡村隆史と、誕生日・血液型が同じであり、背が低いところまで同じだと言っている。
  • 芸名=役名が基本の吉本新喜劇において、池乃は特例的に「中井一郎」もしくは「池乃一郎」という役名で出演している。花月爆笑劇場でも同様である。「めだか」は、本人の命名で、「池乃」は、当時の桂三枝の考案である。
  • 宮川大助メッセンジャー黒田田村裕麒麟)らと並んで、吉本でも指折りの極貧経験を持つ。めだかが小学6年生の頃、兄が蒸発(2回目。1回目に蒸発した時には帰ってきて、めだかに「目の黒いうちはもう出て行かへん」と約束したものの、ほどなくして「目が白ぅなった(失明という意味ではない)」と言って消えたという)。そのため中学時代から一人暮らしを始めた。朝刊の配達で生計を立てていたようだが、配達用の自転車が大人用のしかなく、「三角乗り」(荷物用自転車のフレームの間に片足を突っ込んでペダルをこぐ乗り方)で自転車を操っていた。一時は「民生委員の世話になってはどうか?」という周囲の勧めもあった。金で態度が一変する定食屋の主人を見て「大人は汚い」と思ったこともある。一方でこの時の経験を元に、カネを渡されて「ワシらカネで転ぶと思ってるんか」と相手にくって掛かって、そのまま転んでしまう…といった、今のギャグにつながっている部分もある。
  • 中学時代の成績は非常に優秀であったが、経済的な事情で高校進学を身内から反対され、当時の担任教師が高校進学を勧めるため、身内を説得しに訪ねたという。結局、定時制高校(学校名は不明)に入学するものの、やはり経済的事情のため中退している。
  • 人柄の良さや温厚な性格から多くの後輩に厚い信頼を寄せられており、今田耕司は「年の離れた親友」とめだかのことを慕っている。また、自身の経営する居酒屋に、新喜劇の若手の山本奈臣実を雇っていることからも面倒見の良さがかいま見える。
  • ただし、新喜劇に対しては一家言があり、前述の今田耕司ら「ヤメよっかなキャンペーン」で共演し卒業したタレントについては、「最後まで交われることはなかった」と述懐している。
  • 今いくよ・くるよと同部屋になって寝た時、いくよに執拗かつ性的に絡んでいったことがある。絡んでいった理由は桂きん枝によると「怖い夢を見たから」。
  • なんばグランド花月の出番が1週間続いた際に自家用車で通勤していたが、その際に「無人の自動車が走っている」と通報を受けた警察署員に取り囲まれたことがある(2010/10/30放送分・毎日放送よしもと新喜劇」より)。
居酒屋「いけのめだか」
  • プロゴルファー横峯さくらの父横峯良郎は、めだかの熱狂的なファンであることで知られている。自身の経営する居酒屋の店名に「いけのめだか」、同じく経営するジュニアゴルファー育成練習場にも「めだかクラブ」と名付けているほどで、『めちゃ²イケてるッ!』でめだかと共演した時にはその喜びを露にしていた。また、めだか自身も横峯さくらの応援に駆けつけるなど、現在でも親交は深い。
  • 過去に眼などを数度プチ整形している。レギュラー出演していた『ナンバ壱番館』にはサングラス姿で出演したこともある。
  • 2002年安部公房作・鴻上尚史演出の舞台『幽霊はここにいる』の主役に抜擢された。2005年からは、陣内智則と共に『歌笑HOTヒット10』(日本テレビ)にレギュラー出演、全国区に進出している。
  • 歌笑HOTヒット10』に猫ひろしがゲスト出演した時、ネコのモノマネ対決をした。
  • 2006年4月4日オリックス・バファローズ千葉ロッテマリーンズでのセレモニーで国歌斉唱をした。因みにこの日の始球式は、同じ吉本興業レイザーラモンHGこと住谷正樹が出た。
  • 2006年、ケツメイシの「旅人」のプロモーションビデオにて、ゲスト出演。
  • 特技はドラムスで、芸能生活30周年記念公演などで腕前を披露している。
  • 2006年6月11日に芸能生活40周年記念イベントとして「ちっさいおっさん祭り」がなんばグランド花月で行われた。
  • 2006年11月25日放送の『よしもと新喜劇』でちっさいおっさん芸能生活40周年記念スペシャルで無重量状態を体験した。
  • 2008年10月26日放送の『寛平まつり』で、寛平と「猫VS猿」のネタをやったが、寛平に、着ている物を全部脱がされてしまった。
    • 2015年10月20日から1週間上演で自らが座長を務める「池乃めだか50周年グランド花月」でも同じことをされた[5]
  • 舞台後のトークで、「生まれも育ちも大阪府守口市やのに、淡路島出身になっている」と発言。
  • 2015年9月19日にMBSテレビで放送した『朝まで生よしもと新喜劇〜2人のちっさいおっさん祭り〜』(池乃めだか芸能生活50周年記念)「池乃めだか&すっちー、2人のちっさいおっさんヒストリー」にてかける・めぐる時代の写真を見て相方の娘である海原やすよ(妹)とのそっくり具合を明かした。(上記のエピソードも含む)ちっさいおっさんの1人である岡村隆史も出演。

ギャグ[編集]

他の芸人たちより頭一つ小さい体の小ささを生かした「ちっさいおっさん」ネタと、猫の形態模写を生かした芸に特徴がある。吉本一ギャグが多いと言われている。

  • 「ちっちゃな頃からちいちゃくて、15で背丈が止まったよ」「小さな頃から悪ガキで、15で背丈が止まったよ」(「ギザギザハートの子守唄」の節で)全く関係ないが、『笑点』(日本テレビ)の座布団運び・山田隆夫が「ちびっ子団のテーマソング」として歌う歌とほぼ同じ歌詞である。
  • カニバサミ。発作を起こして苦しむふりをして、心配そうに近づいた女性を両足で挟み込んで苦しませる。「…かかりましたな?飛騨[または、木曽]の山中に篭ること十余年(富士の樹海に身を潜めること幾星霜、と言ったことも)、あみ出したるこの技、名づけてカニバサミ。もがけばもがくほど身体にくい込むわ!どうや!?動けるもんなら動いてみぃ〜!!」(しかし、女性は平気で立ち上がって、そのまま引きずっていく)
  • 「はっさくと書いて発作や」
  • 猫の真似。最初はボールを相手にじゃれている真似をするが、最後は便を出す真似になる。間寛平と共演する時は、間の猿の真似との掛け合いも見られる。
なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』では、喧嘩している出演者を交通整理のように笛で取り締まり、いろいろなポーズをするが、最終的に猫になり、便を出す。
  • 他の役者に首根っこを掴まれると「人をシャム猫アメリカン・ショートヘア)みたいに」。「そんなええもんとちゃうやろ」と突っ込まれる。
  • 酒を呑んで「小さいから、酔うのも早いわ。けど、さめるのも早いで〜」
  • 喧嘩でボコボコにやられた後、「よっしゃ、今日はこれぐらいにしといたるわ」(この後、めだかをボコボコにしていたチンピラ達が全員一斉にズッコケる)
  • 喧嘩でボコボコにやられた後や、詰問される時に服や首根っこを掴まれて激しく揺すられた後で酔っ払ったふりをして、「ほなもう一軒いこか〜」「さあ、□□へ飲みに行こか〜」(□□には、長居公園千林堺東神崎川などの大阪の地名が入る)。
  • 伏せがちにクスクス笑った後で顔を上げ、右目を閉じて片目を大きく見開き「グゥアハハハ!」「ニャハハ!」と派手に笑う。
  • 「ちっさくても力は強いで!!これでも大人や。」「こうして力があるところを見せんと、ロビーで子供にバカにされんねん」
  • 若い女性(山田花子など)や自分の背丈と同じ子供とのつかみ合いで、かなり本気モード全開のやりとりを繰り広げた挙げ句、「あかん、これ以上やると、ワシが本気になる」。
  • 喧嘩の仲裁に入っても気づかれないので、「わしが邪魔にならんか!?」と突っ込む。「こんなとこに挟まれて谷間に咲いたユリの花や」と言う。
  • (共演者)「まぁ、かわいい坊や。いくつなんかな?(あるいは「お母さんは?」)」
(めだか)「七つになったの〜だけどこの前、視力検査してもらったの〜そしたら老眼だって言われて…やかましいわ!」
その他にも「僕ね、お父さんがギリシャ人でお母さんがイギリス人のハーフ、だから僕、キリギリスなの」
似たようなものに、「お父さんがカナダ人でお母さんがイタリア人、だから僕、カナリアなの」というのもある。
  • 「村長(めだか)はいずこ、声はすれども姿は見えず」「ここだよ〜、声が聞こえるだろ、声が!もっと声に近づいてごらん」とめだかが言った後、周りが近づいてきたら続けて(坂本九の「見上げてごらん夜の星を」の節で)「見下〜げてごら〜ん♪」と歌い、周囲が「うわ〜っ”」と驚く。
この手のネタは、身長がほぼ同じの中山美保も使っているが、最近は専らめだかのギャグとなっている。
このネタ終了後、歌うまで自分を探していた共演者に対して「2回ぐらい目が合うたで」などとツッコミを入れることもある。
  • 自己紹介の時「いや〜お会い出来て光栄です。保安官のロバートです」
  • 「はじめまして、NASAの池乃です」「NASAってアメリカ航空宇宙局の!?」「いや、中村(NA)さつまいも(SA)店や」(他に「中山酒店」)
「ロスからきた池乃です」「ロスってロサンゼルスですか?」「六本木()のスーパー()や」
FBIの池乃です」「FBIってアメリカ連邦捜査局の!?」「藤原(F)弁当(B)板橋(I)支店です」
  • 人質をとった犯人を説得しながら最後は「最近孫に気付かれた、じいちゃんなんで小さいの? 俺はどう答えたらいい!?」となぜか犯人に問いかける。
  • ヤクザに脅されて言い訳しているうちに、次第に時代劇調なセリフに変わっていき、最後に「お願ぇでございますだ。お代官様!」と叫んですがりつく。
  • 言い争いをしている時に「もういい! もういい…いつからだ、いつからだ言ってみろ! 昔のお前はそうじゃなかったはずだ。昔のお前はそんな分からず屋じゃなかったはずだ」と洋画の説教口調でセリフを言い、最後に「わかったな(そうだろ)、△△」(△△にはビッコリーノ・ハーゲンダッツロッテリアセブンイレブンブロッコリークローゼットなどが入る。近年はボラギノールが入る場合が多い。言い終わった後に共演者に「誰が〇〇やねん。」と突っ込まれてオチとなる。『なにわ人情コメディ横丁へよ〜こちょ!』では、『新喜劇』の時よりも長く続き最後にオール巨人に向かって「すまんがコーヒー(ブランデー)を入れてくれ、モンスター」などと言う。また陣内には「黙ってろ、サプリメント(ソルマックやレオパレスの場合もある)!」と呼んだことがある。石田靖に「わかったな、ビッコリーノ」と言って「誰がビッコリーノや!!」と返された後、「あんたの背がチッコリーノやろ!!」と突っ込まれたことがある。
このネタに対して突っ込んだ出演者に「黙ってろ、○○!」と言い返す(○○には、サンスターボラギノールヘッドライトパブロン・ウィリアム・ババリータなどが入る)。
  • 謎解きをはじめて、「あれは間違いない!UFOだ」「そうだろ、保安官?」と、外国のUFO目撃談にすり替わったところで、「何の話しとんねん!」と突っ込まれる。
  • 上記と同じように謎解きを始めて、最後「以上名探偵ポアロの推理でした」と言うことがある、また『なにわ人情コメディ 横丁へよ~こちょ!』では麒麟の川島と合わせて突っ込まれるその後さらに誰かがマネをするがそれは大概似てない。
  • ものすごく慌てて何かあったかのように振る舞い、周囲が騒然としたところで「なんかあったんか?」とトボケる。
  • 他の出演者に小さいことを言われたり、肩車から降ろされたりした後、「俺思ってたより小さかってんな〜」または「これが普段の見慣れた景色やがな」と笑いながら言った後、後ろを向いて涙を拭く真似をする。または、イスなどを蹴って八つ当たりする。
小銃や大金や高価なもの(皿など)を奪って逃げようとしたとき、椅子や台の上で手を上げて取れないようにするが、背の高い出演者に取り返された後泣くというパターンもある。劇のエンディングで行うことが多い。
  • 後輩に、「兄さんは昔180cmはあったんですって?」と言われ、「まぁ、177~78はあったかな」「それがどうしてこんなんになりましたねん」「糖尿病で、タテに痩せたんや」とやり取りをみせる。
  • 女性が泣いているときに、「僕の胸でお泣き」と慰めるが、共演者に「それはできん」と横槍を入れられ、「頭でお泣き」というと、実際に女性が頭で泣きじゃくる。
  • 他の出演者が情報誌を持ってきて、見せるときに高いところで見せ、めだかだけ背が低いので見られないのでダダをこね、「もう×××行かへん〜〜!!」と言う(×××には、ほとんどの場合幼稚園が入るが、自衛隊証人喚問が入ったこともある)。身長がほぼ同じの山田花子はなぜか見えているらしい。『なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』では、陣内智則藤原紀香と結婚したことを煽り、「もう紀香と結婚せえへん〜〜!!」と言う。
  • 会話中、次第に声が低く・小さくなっていき、「何しゃべっとるかわからんわ!なんかオロオロ、オロオロと…」と突っ込まれる(小籔千豊烏川耕一相手に使われることが多い)。
  • マドンナ役がトラウマを持っているという事情を知った時に、「そやから、貴乃花は痩せたんやな〜」「それで最近多摩川タマちゃん出てけへんのやな〜」など意味不明な発言をする。
  • 喧嘩の前に背広を脱いで、また着る。周囲は「着んのかい!」「着るんやったら脱ぐな!」とツッコむのが恒例。「脱いだら寒かったんや」と本人が言うときもある。
  • ネクタイを外し「俺がネクタイ外したらどうなるかわかるか!」「どうなんねん?」(ネクタイを手に持って頭の高さから垂らして)「長さが(身長と)一緒や!」。
なにわ人情コメディ 横丁へよ〜こちょ!』の北海道ロケでは、弓矢の体験をしたとき、弓と身長が同じだったので、このネタを使った。
  • 膝立ちになった石田靖や小籔千豊に「ひざまずいてわしと同じ身長かい」「なんか腹立つなぁ」。
  • 共演者の「お邪魔します」「邪魔するで〜」などに対して「邪魔するんやったら帰って〜」と返す。言われた共演者は「ほな失礼します」「あいよ〜」などと言って帰りかけ、「なんでやねん!!」と突っ込みながら戻ってくる。以前はめだかが使うことが多かったが、最近では他のメンバーもこのネタを使用している(主によく使うのは辻本茂雄烏川耕一)。他局の新喜劇風番組でもよく使われ、例えば『帰ってきたあっちこっち丁稚』では間寛平が池乃に、関西ローカルの『ごきげんブランニュ』の特番の際の劇では大平サブロートミーズ雅赤井英和に、『トミーズのはらぺこ亭』の特番の際の劇ではトミーズ雅が中條健一中川貴志ランディーズ)にそれぞれ使用したことがある。
  • 石田靖との競演の際には、(めだかの)背が小さすぎる、(石田の)背が高すぎる・・・といったやりとりを繰り広げた後、石田が足を振り上げてめだかの頭を超すパフォーマンスをする。その後、「いや~、超すお前もすごいが、超される俺もすごいな~」と言いつつ泣く(最近ではあまり見られなくなった)。
  • 共演者が誰かに惚れているという設定の時に「コシヒカリやがな、いや違う、ササニシキはえぬきのま、いやあきたこまち、ええと〜〜ひとめぼれやがな〜〜」などと米の名前を言う。
  • 「私の話を聞いてくれ」と言い、ある人物の経歴について話し出す。例「あんた、蒲郡早苗という女を知っとるか?」相手が知らないというと説明を始める。犯罪歴や現在逃走中であるなどの話をして最後に「蒲郡早苗はあんたや」などと言う。そこで「何の話をしとるんや」と突っ込まれる。
  • 去り際に、「こんな諺をご存知ですか。」と言って、諺を最後まで言わずに退場する。
  • 吉田ヒロが歌う『ワン、ツー、スリー、フォー、はいちっさいおっさん、ちっさいおっさん〜♪発条仕掛けのちっさいおっさん〜♪ちっちゃいちっちゃいちっちゃいちっちゃいちっちゃいおっさん〜♪はい!!』を受けて、『何でっか?何でっか?ちっさいおっさんここだっせ〜♪ちっさいちっさいちっさいちっさいちっさいおっさん〜♪最近孫が気ぃつきよった、爺ちゃん 何でちっちゃいの? やかましいわ!!』と言って蹴りを出す(ただし、この蹴りは当たる時と当たらない時がある)。
『ちっさいおっさんここだっせ♪ちっさいちっさいちっさいちっさいちっさいおっさん〜♪二階におっても(竹馬乗っても)やっぱりちいさい♪喧しいわ!!』というパターンや『ちっさいちっさいちっさいちっさいちっさいおっさ〜ん♪子どものプールで溺れてた♪』というのも見られ、最近は思いついたのを言っているようである。
この後は客の拍手が飛ぶと同時に泣くフリ。
  • 1990年代初頭~中盤にかけては、吉田ヒロの「ミクロマン」の振りに対しても同様のやりとりが繰り広げられた。
(ヒロ) 「○○のミクロマンです」(○○には役柄の背景を入れる)
(めだか) 「誰がミクロマンじゃ!」
(ヒロ)「だって、ミクロマンじゃないですか!」「ワン、ツー、ミクロマ~ン♪ミクロマ~ン♪ミクロの王様ミクロマ~ン♪ミクロ!ミクロ!ミクロ!ミクロ!」
(めだか) 「ぬははは、俺たちゃミクロマンだ~!俺たちの姿は誰にも見えないんだ~ あっ、顕微鏡(もしくは抗生物質)だ、隠れろ!」
  • (共演者1)「池やん、パチンコ行ったって、勝たれへんでしょう?」
(めだか)「いいや、勝ったり負けたり!……パチンコ屋が勝ったり、俺が負けたりな」
(共演者1)「ほな、あんた全部負けてるやん」
  • (共演者1に対して)「バカだなぁ〜」。
(その後共演者が)「このギャグ池やんの今年イチオシのギャグやで」。
  • 店を訪れる設定の際に、自分の身長よりもはるかに高い位置にあるのれんをかき分ける動作をして、周囲からツッコまれる。
  • (ヤクザなどを相手にする場合)「俺を怒らせたらどうなるか分かっとるか?俺の回し蹴りを受けたら、お前のこめかみが音を立てて砕けるぞ」と言いながら回し蹴りを試みるが、相手のくるぶしをかするくらいの蹴りしか出せずツッコミ倒される。

などなど、枚挙に暇がない。なお、猫の形態模写は中学生の時からのレパートリーである。

その他[編集]

  • 大阪タイガース時代からの阪神タイガースファン。
  • 本物の猫を自宅で飼っている。
  • 最近ではipad miniを購入し将棋や数独のアプリをやっているという。

主な出演作[編集]

出演番組[編集]

CM[編集]

映画[編集]

関係項目[編集]

脚註[編集]

  1. ^ 2014年1月12日放送の『なるみ・岡村の過ぎるTV
  2. ^ フジテレビ『スーパーニュース』2012年5月29日放送での本人インタビューより
  3. ^ 池乃めだかさんが開頭手術 復帰は5月以降 朝日新聞 2012年4月11日閲覧
  4. ^ 池乃めだか、開頭手術から舞台復帰 デイリースポーツ 2012年5月29日閲覧
  5. ^ 池乃めだか、舞台ですっぽんぽんなっちゃった~!盟友・間寛平が大暴走 産経WEST 2015年10月24日閲覧

外部リンク[編集]