あきたこまち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

あきたこまちは、日本イネ栽培品種の1つ。秋田県が開発し1984年に県の奨励品種に採用され、その後は秋田県と東北地方を中心に日本国内各地で栽培されている品種である。

概要[編集]

秋田県が独自の良食味品種を目指し5年以上かけて開発していた品種であった。最終的に選出された「秋田31号(あきたこまち)」は福井県から譲渡された1株のF1交配種子を用いて育成されたものであったため、両県の間で権利の譲り合いがあり[1]種苗法による品種登録はされていない。そのため、知的財産としての裏付けはなく、隣県の岩手県をはじめ、関東、中四国、九州地方まで広く栽培されている>。1991年には作付面積10万haを越え、以降は作付面積2-4位と上位を維持している。2005年(平成17年度)の作付面積は約13万ha、順位は第4位である。東北地方に限れば、ひとめぼれについで作付面積2位である。

命名と販売[編集]

公募された名前の中から秋田県湯沢市小野の小野小町生誕伝説にちなんで「あきたこまち」と命名された。このためパッケージなどでは小野小町それにちなんだ市女笠の秋田美人のイメージが用いられることが多い。他に秋田県出身の漫画家である矢口高雄の代表作「釣りキチ三平」も採用されている。また、美少女イラストを描いた萌え米として販売された際には反響が大きくニュース報道などでも注目された[2]

育種目標・経緯等[編集]

晩生種であり秋田県での栽培には向かなかったコシヒカリより早熟で、かつコシヒカリの食味特性を持った品種を目指して育成された品種である。地元の生産者の要望を受けて、秋田県単独予算の育種事業(県単育種)として品種開発が行なわれた。

育成経過[編集]

交配組合せはコシヒカリ/奥羽292号であり、1975年に福井県農業試験場で交配が行なわれた。1977年に雑種第一代1個体分の雑種第二代種子を秋田県農業試験場が譲り受け、その年の圃場栽培から後代の育成・選抜を行なった。1981年に雑種第六代の選抜終了後、有望系統(雑種第七代種子)に「秋田31号」の地方番号が与えられた。1982年以降の各種試験に供された。日本穀物検定協会による食味試験でも高い数値を出し、1984年には秋田県の奨励品種に採用された。

交配系譜[3]
 
 
大系437
 
越南43号
(サンプク)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PiNo.4
 
F1
 
農林1号
(北陸4号)
 
農林22号
(近畿34号)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
奥羽292号
 
 
 
 
 
農林100号
越南17号
(コシヒカリ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋田31号
(あきたこまち)

品種特性[編集]

秋田県内でも冷害など回避して安全に栽培できる熟期であり、秋田県では早生の晩を示す粳品種である。玄米外観品質は特に優れる程ではないが実用上問題はない。炊飯米は外観はササニシキ並みの光沢を持つ。食味はササニシキ・コシヒカリと比較して遜色なく、強い粘りを持っている。ちなみにいもち病に対する抵抗性には優れるものの、ササニシキと同じく耐倒伏性には弱い。

生育特性[編集]

秋田県産あきたこまちの場合の一例。

関連品種[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]