信濃岳夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
信濃 岳夫
生年月日 (1981-06-21) 1981年6月21日(37歳)
出身地 日本の旗 日本兵庫県宝塚市
血液型 A型
身長 175 cm
言語 日本語
方言 関西弁
最終学歴 兵庫県立宝塚西高等学校
出身 NSC大阪校25期
グループ名 吉本新喜劇
芸風 喜劇
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
同期 ジャルジャル銀シャリプラス・マイナスなど
公式サイト プロフィール

信濃 岳夫(しなの たけお、1981年6月21日 - )は、日本舞台芸人吉本新喜劇座員。兵庫県宝塚市出身、大阪府在住。

人物[編集]

  • 祖父は『白い巨塔』に登場する鵜飼教授のモデルとなった元大阪大学医学部長[1]
  • 兵庫県立宝塚西高等学校卒。身長175cm、体重60kg。血液型A型。趣味は旅行、ビリヤードけん玉野球テニス竹馬
  • 太田芳伸と仲が良い[1]。その他にもこま回しが得意で新喜劇の舞台でも披露している。
  • 自分では性格を「優柔不断なので周囲の意見を出来るだけ聞くが、決めたことはやる」と評している。
  • 自身のツイッターでは「新喜劇通信」と題しベテランから若手に関する日常のエピソードを明かしている。

略歴[編集]

  • 吉本総合芸能学院第25期生。2006年に吉本新喜劇の金の卵オーディションを受け合格し、入団。2016年、10年後の吉本を背負って立つ芸人の育成を目的にし、持ち回りで若手芸人1人に座長を任せる目的で企画された舞台「吉本新喜劇2026」にて、第1回目の座長に抜擢された[2]。また、同年4月に開催された「東京グランド花月」にも出演した[3]
  • 2017年5月26日になんばグランド花月で開催された単独公演「オレの新喜劇」を開催。
  • 2017年6月20日、諸見里大介と組んで初の通常公演で「仮座長」として出演。また7月・8月と祇園花月でも「仮座長」公演を1週間務めた。以降も不定期で仮座長として出演中。

出演[編集]

舞台[編集]

リーダー公演[編集]

  • 2017年6月20日~6月26日

なんばグランド花月
『双子の未来は双定外!?』
作・演出/佐藤トモ
(2017年12月16日MBSにてテレビ放送)

2017年7月4日~7月10日
よしもと祇園花月
『嘘つき男と高い皿』
作・演出/宮崎高章

2017年8月15日~8月21日
よしもと祇園花月
『結婚できない人生は墓場!?』
作・演出/大東伸明

2017年10月10日~10月16日
よしもと西梅田劇場
『最悪の再会』
作・演出/宮崎高章

2017年12月5日~12月11日
よしもと祇園花月
『思いのたけをペンに乗せて』
作・演出/大崎知仁

2018年1月23日~1月29日
よしもと西梅田劇場
『潜入先は同窓会!?』
作・演出/藤原和博

2018年3月20日~3月26日
よしもと西梅田劇場
『二度あることは三度あるかも』
作・演出/宮崎高章

2018年3月27日~4月2日
よしもと祇園花月
『なんてったってアイドルやねん!?』
作・演出/藤原和博

2018年4月3日~4月9日
なんばグランド花月
『湯を沸かすのはどの愛!?』
作・演出/大崎知仁

2018年4月23日~4月30日
よしもと祇園花月
『開運!なんでもパコ先生』
作・演出/佐藤トモ

2018年5月8日~5月14日
よしもと西梅田劇場
『次期社長は、じき決まる!?』
作・演出/稲見周平

2018年5月15日~5月21日
よしもと祇園花月
『激突!北と南の男たち』
作・演出/宮崎高章

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]