安尾信乃助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
やすお しんのすけ
安尾 信乃助
本名 安尾 信介
生年月日 (1967-07-16) 1967年7月16日(50歳)
出生地 日本の旗 兵庫県神戸市
血液型 AB型
職業 お笑いタレント
ジャンル 舞台(吉本新喜劇
活動期間 1988年 -
配偶者 あり
備考
身長:171cm、体重:70kg

安尾 信乃助(やすお しんのすけ、本名:安尾 信介、1967年7月16日 - )は、吉本興業所属のお笑いタレント兵庫県神戸市出身。2017年現在吉本新喜劇で活動している。AB型。身長:171cm、体重:70kg

来歴・人物[編集]

育英高等学校卒業後2年間は自動車整備工場で働いていたが、母親が持って帰ってきた月刊誌「マンスリーよしもと」を見てNSCの7期生となる。同期には雨上がり決死隊矢部美幸(元ちゃんねるず、ナインティナイン矢部浩之の実兄)、なるみ(元トゥナイト)、高山トモヒロケツカッチン、元ベイブルース)などがいる。[1] 1989年、「吉本新喜劇やめよっカナ?キャンペーン」で心斎橋筋2丁目劇場から新喜劇へと移る。辻本茂雄石田靖吉田ヒロらとは新喜劇では同期入団である。入団時の芸名は「安尾 信介」。1998年、「安尾 信乃助」に改名。

ギャグ[編集]

  • 必要の無いところで語尾に「か?」を付け、疑問形とする。「おじゃましますか?」「私、ここの店の従業員で安尾といいますか?」などがある。逆に必要なときに「お二人は付き合ってるんです」などと「か?」を省く。また「私、用があって来たんですか?」 (私、用があって来たんですが)などと「か」に濁音を付けず、「点々を付けてくれんと」と共演者に指摘されると、全ての文字に濁音を付けて話す。
  • 舞台に登場しながら「お邪魔するかも」などと言う。
  • サボった時に怒られると「サボってた訳やないんです。怠けてたんです」と言い訳する。
  • トラブルを解決しようとするときに解決方法を閃いたフリをしながら「ええ方法を思いついたらよかったのに…」と期待させておいて共演者をがっかりさせる。
  • 「おたくなんなんですか?」と相手を怒らせると、「次男ですけど…」と返し、すかさず「じなんです言うても痔じゃないですよ、悪いのは腸なんです」と紛らわしいことを言う。
  • 謝罪しようとして「コウノトリです(羽ばたく動作を入れつつ)…いや、この通りです!」と言い間違える。
  • 相手(烏川耕一高井俊彦など)に「ええ加減にせいよ」などと指を差されながら叱られると同じしぐさで「すいませんでした」と返し、「おまえが指差すな!」と再び叱られる。
  • 犯人が人質を取るなどのシチュエーションで「待たんかいコラ!」と割って入るが、実は携帯電話で通話中の相手へのセリフであり、「あとでかけ直す」と収める。
  • 退場時に「ああ、これだけははっきり言っときますが、○○○○(発音が悪くて聞き取れない)」と言う。
  • ヤクザ役の時、ロシアンルーレットで相手と決着をつけようとする。しかし、弾倉が6発の銃の中には6発全て弾が入っている。
  • 平泉成桂小枝大滝秀治柴田恭兵常田富士男などのモノマネをする。

※ヤクザなどに殴られて転がっていき、反対の舞台から戻ってきて、ただいまというと、共演者がおかえりという。(最近ではあまりやっていない)

テレビ番組[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]