山村雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山村 雄一(やまむら ゆういち、1918年7月27日 - 1990年6月10日)は、臨床免疫学者[1]大阪府大阪市天王寺区生まれ[2]結核を中心とした免疫学・医学研究に貢献した[1]。長男は東海大学医学部教授の山村雅一[2]

1941年大阪大学医学部卒[1]太平洋戦争中は日本海軍の軍医として転戦[1]。1949年大阪大学医学博士。「結核菌の安息香酸代謝に就て」。1956年に国立刀根山病院内科医長、1957年に九州大学医学部生化学教授、1962年に大阪大学医学部教授、1967年に同大学医学部長、1979年から1985年まで大阪大学総長を務めた[1]

癌の免疫療法であるBCG-CWSを作る。

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h 岸本進「故 山村雄一先生を偲んで」、『アレルギー』第39巻第7号、日本アレルギー学会、1990年、 636-638頁、 doi:10.15036/arerugi.39.636
  2. ^ a b 朝日新聞 1990年6月11日夕刊
  3. ^ 武田医学賞受賞者名簿”. 武田科学振興財団. 2017年8月10日閲覧。