大山英雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大山 英雄
本名 大山 英雄
生年月日 (1970-07-23) 1970年7月23日(48歳)
出身地 兵庫県伊丹市
血液型 O型
身長 177cm
言語 日本語
方言 関西弁
出身 NSC大阪校8期
コンビ名 マニアック
相方 浦井崇(元相方)
芸風 ものまね
事務所 吉本興業
活動時期 1989年 -
同期 千原兄弟FUJIWARAバッファロー吾郎
なだぎ武ザ・プラン9)など
配偶者 既婚
公式サイト 大山英雄(吉本の福山雅治)ホームページ

大山 英雄(おおやま ひでお、1970年7月23日 - )は、日本お笑いタレントである。

兵庫県伊丹市出身。吉本興業所属。「吉本の福山雅治」(福山の『龍馬伝』出演後は「吉本の龍馬」とも名乗っている)を自称するお笑いタレントとしてその名を知られている。

来歴[編集]

NSC8期生。同期には千原兄弟FUJIWARAバッファロー吾郎なだぎ武ザ・プラン9)などがいる。元・やるじゃねぇかーず浦井崇マニアックというコンビを組んでいた時期がある。

1993年吉本新喜劇に入団。2001年に東京に拠点を移し、ルミネtheよしもとの新喜劇班に所属する。福山雅治ペ・ヨンジュンのものまねが有名である。福山雅治のテレビ番組『福山エンヂニヤリング』で福山本人と共演したこともある。2006年5月16日には『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」に福山本人から紹介され出演(前日の電話で「あ、どうも"ニセ福山"です」と会場内の笑いを取った)。スタジオには、福山から贈られたスタンド花束だけが出演祝いとして飾られていた。

人物[編集]

新喜劇には愛着があり、「テレビに出るのは顔を売るため。僕のことをテレビで知って新喜劇に来て欲しい」と語ったことがある。

ほんこん130R)によれば基本的にナルシストであり「ほめたらんとあかんタイプ」であるという。また、肝心な所でダメなタイプで、例えばある時、ほんこんに「新喜劇の稽古中に辻本茂雄吉田ヒロがケンカになったが、桑原和男が一言でピタッっと止めた。凄かった」と言う話をしたが、ほんこんが「桑原がどんな一言を言ったのか」と聞いたところ、肝心のその一言の内容を全く忘れてしまっていたなどといったことがあったという[1]

学生時代は野球一筋で頑張っており、その頃から「伊丹の明石家さんま」という異名がつくようになった。

東京に本拠地を移しルミネを中心に活躍し、その給料でマンションを購入している。付いた通称が「Mr.ルミネ」。

同じ福山のものまねで活動中のみっちーに対する嫉妬が強い。しかしその一方で、『あらびき団』(TBS)での共演を通じて「みっちーと意気投合した」と自分のブログで書いている[2]。福山のものまねをするきっかけは、母親の「あんた、福山君に似てるなぁ」の一言からである。

出演[編集]

テレビ[編集]

テレビドラマ[編集]

ラジオ[編集]

舞台[編集]


出典[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]