末成由美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
末成 由美
本名 新開 由美[1]
生年月日 (1947-03-01) 1947年3月1日(71歳)
出身地 日本の旗 日本山口県宇部市
言語 日本語
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 1973年 -

末成 由美すえなり ゆみ、本名同じ、1947年3月1日 - )は、日本お笑いタレントである。山口県宇部市生まれの滋賀県近江八幡市育ち。よしもとクリエイティブ・エージェンシー吉本新喜劇)所属のベテラン女優。後輩芸人からの呼び名は「ゆみ姉(ねえ)」。

来歴・人物[編集]

両親の疎開先の山口県宇部市で生まれ、4歳で滋賀県大津市に戻った。比叡山高等学校卒業。7人兄弟。結婚2回。離婚2回。

特徴は四角い顔に吊り目。

島木譲二伊賀健二と組む場合が多い。

料理がかなり得意で、オリジナルのレシピも持っている。折に触れ、後輩芸人を自宅に招いて手作りの料理の腕を披露している。

芸歴[編集]

高校卒業後、クラブ歌手などを経て殺陣師的場達雄主催の的場剣友会に入門。厚生年金会館で初舞台。松竹新喜劇志望であったが吉本興業からの誘いで、1973年2月に吉本新喜劇入団。生来の負けず嫌いの性格から、端役でも観客の印象に残るような演技やギャグを築き、喜劇女優として成長していった。近年の新喜劇では悪役を演じることが多く、女社長役(隣の大店役、お見合い相手役、ヤクザの女組長役など)や店の夫婦役が中心である。「台詞が10あるとしたら、そのすべてに自分の感情を入れる」(本人談、主旨)ことをポリシーにしている。

5歳の時から日本舞踊をたしなんでおり、音羽菊嬉美の芸名を持つ。18歳の時に名取をとり舞踊家としての夢を持つが、舞踊家としての生活が見えず22歳で諦める。それから家の仕事を手伝いながら歌を習う。歌の先生と的場達雄が友達で、殺陣も習うことになり、的場のレコードキャンペーンについて回ったりしていた。また、シャンソン歌手としての顔も持つ。

ジャイケルマクソン』ではインリン・オブ・ジョイトイと見分けのつかない美脚を披露した。両者の顔を隠してインリンの脚がどちらかを当てるゲームだったが、フットボールアワー後藤輝基は「この脚の人とやったら結婚してもええ」と言ってしまい、正解を発表したと同時に末成に追いかけられた。

なるみ・岡村の過ぎるTV』では“下着がセクシー過ぎる師匠”として紹介された。この真相を吉本新喜劇の酒井藍が末成の自宅を取材。「師匠散歩」では彼氏がいる事を明らかにした。

2007年3月3日なんばグランド花月にスペシャルゲストとして三田村邦彦を招待し、還暦記念公演を満員御礼で開催。数多くの観客から花束や祝い物を受け取るなど、大成功を収めた。

芸風[編集]

悪役もしくは、敵役の際によく使用する円盤のようなカツラをかぶると、『千と千尋の神隠し』の湯婆婆に非常によく似る(この姿を見た辻本茂雄から「(電話を取って)もしもし!大変です!湯婆婆が現れました!」といじられたり、内場勝則から「円盤は外に止めてください」「もしもし、NASAですか?円盤が、円盤がぁ〜!」といじられることもあったり、すっちーからはピンクレディーのUFOの伴奏を歌い始め、歌詞でUFOと言うところで、本人が「UFO!!」と叫びながらそのカツラを持ち上げる。その直後には「UFOの中に宇宙人おったで~」と、ツッコミを入れたりもする。善人役でも被ることもある(現在はこちらのほうが多い)。カツラを脱げば善人役、中條健一のような巻トサカヘアー。

ギャグ[編集]

  • 「インガスンガスン」(大きな意味はないが、オールマイティに使えるギャグ。実はもともと吉田ヒロの持ちギャグだったものを楽屋にて買い取ったもの)
  • 入場時「ごめんやしておくれやしてごめんやっしゃー[2](同時に共演者がこける)
(突っ込まれて)「これ言わなパパイヤ鈴木安室奈美恵藤原紀香松たか子ちびまる子ちゃんクレラップの女の子・加藤登紀子上戸彩黒柳徹子・湯婆婆・エビちゃん)に間違えられるねん」と言うパターンもある。たまに「エビちゃんに間違えられるねん」と言うと「カニちゃんやろ」と再度突っ込まれる。
  • 2度目の登場「こんにち、ハァ」(同時に共演者がこける)
  • 「おだまらし~やぃ」
  • 「ラッ・ハーン」(特に意味はないらしい。「インガスンガスン」同様、吉田ヒロから購入)
  • 驚いた時「クエッ」(内場勝則などが、「あのーすいません、ここら辺の酸素なくなりますんで」とツッコむ)
  • 「まあ、何ということをぬかしてけつかるんでございますか?」
  • 「アホちぃゃ~う?」
  • 恋人を呼ぶとき「○○ちゅワーン(○○チャン)」と納豆の糸のように粘っこく甘い口調で呼ぶ。
  • 自己紹介する時:
(末成)「元ミス・ユニバースの由美でございます」
(共演者)「ああ、元ユニットバス」
(末成)「クエッ、いえいえ、元ミス(強調)ユニバース」
(共演者)「ああ、失敗のミス。/顔がミス?」
(末成)「クエッ、いえいえ、美を競うコンテストです」
(共演者)「え…病気を競う?」
(末成)「クエッ、クエッ、クエッ、あ、ご一緒に(客席に呼びかける)」
(末成)「クエッ(共演者と観客も)、いえいえ美しさを競うコンテストです」
(共演者)「あ~あ~、そっちのほうですか」(鬱らしさを競うコンテストという下りもある)
(末成)「いえいえ、もう若いころですけどねぇ」このあと、下の笑いネタが続く。
  • 「フッフッフッフッハッヒッフッヘッホッ」(どこからか湧き上がるような笑い声)
  • 退場時ガニマタでを突き出して退場し、この後に退場する人もこれを真似する。
  • 歌舞伎のノリを披露する。
  • 悪役として登場し、改心する場面で「ハラワタが煮えくり返りました」と爆弾発言をし周囲から「『心に染み渡った』の間違いじゃないですか?」とツッコまれ「そうそう、それが言いたかったんです」と誤魔化す。
  • 上記のギャグをいくつか連続でやった時には「仰山コケてアホチーノ」と言うこともある。

毒舌[編集]

あまりにストレート。中堅俳優に対して使う。

  • (中條に対して)「それ以上抜け毛増えたらそんな頭出来へんようなるで」
  • (島木のパチパチパンチに対して)「年々迫力なくなっていくがな、引っこんどき」「『パチパチ』やなくて『ペチペチ』いうとるやないの!」

出演[編集]

テレビ[編集]

Vシネマ[編集]

ラジオ[編集]

  • 末成由美のオコタコRadio(YES-fm

Music Video[編集]

  • NMB48「君と出会って僕は変わった」(AKB48 34thシングル TypeN収録曲)

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]