旺季志ずか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

旺季 志ずか(おうき しずか)は日本脚本家小説家徳島県阿南市出身。血液型B型である。

略歴、人物[編集]

立教大学卒業後、女優を志すも挫折。シナリオ作家協会主催のシナリオ講座を受講し、講師であった松本功に師事し脚本家に転身。

日本放送作家協会主催、NHK後援、創作テレビドラマ脚本懸賞に「妖精の詩が聞こえる」で佳作入賞。

高層ビルガラス清掃から銀座ホステスまで50種類の職業を経験し、ド貧乏、シングルマザー、イジメ不登校、共依存、恋愛依存、熟年結婚、ステップファミリーなど、あらゆるテーマを実体験からつづれるのが強み。

業や運命に翻弄される逆境の中から強く歩み出す人間を、残酷でありながらあたたかな目線で描く旺季ワールドは業界内でもファンが多い。

テレビドラマ「カラマーゾフの兄弟」「女帝」「ストロベリーナイト」「正義の味方」「特命係長 只野仁」「トイレの神様」「佐賀のがばいばぁちゃん」はいずれもヒット。

2015年初上梓した小説『臆病な僕でも勇者になれた七つの教え』は、エンタメ自己啓発という新しいジャンルを切り開いたと評判になり、発売5日で5万部を突破。

心理学や自己啓発を学び、多数のカウンセリングやセラピーの資格を持つ。その知恵を物語に織り込んだエンタメ自己啓発というジャンルを確立した。

「シナリオづくりから学ぶ主役になって人生を遊びにする法」「自分の才能(ソウルビジネス)を見つける法」「パートナーを魅力的な恋人にかえるメイクラブ」など多岐にわたったテーマで講演活動を行っている。

「絶望の中に希望を描く」をモットーに、ポジティブでたくましい感性で人生を捉え、悩める社会人の為に、アメブロ公式ブロガーとして「ドス恋人生の極め方~人生はワクワクジグソーパズル!」を発信している。

2013年より、徳島県あなんふるさと大使。

代表作[編集]

単発ドラマ[編集]

連続ドラマ[編集]

映画[編集]

  • 「借王」「借王2」(和泉聖治・香月秀之監督 1997年)
  • 「こころざし〜舎密を愛した男」(2010年)
  • 「エンドレスアフェア〜終わりなき情事」(2014年)

舞台[編集]

  • 「ビューティ演劇〜14番目の月」(2013年 シブゲキ)

著作[編集]

  • 「世にも奇妙な物語」〜悲鳴〜、〜赤〜 (2002年、2003年 角川文庫)
  • 「特命係長 只野仁 リターンズ+スペシャル」(2009年 グリーンアロー出版社)
  • 「臆病な僕でも勇者になれた七つの教え」 (2015年 サンマーク出版)

講演[編集]

  • 「好きを生きる」(2012年4月ねっと99夢フォーラム)
  • 「人生はドラマ以上にドラマ!」(2013年6月志縁塾)
  • 「脚本家・旺季志ずかが語る恋愛観、結婚観」(2013年11月徳島若者育成セミナー)
  • 「人生はドラマ以上にドラマ!第二弾〜恋愛、結婚について」(2013年12月志縁塾)
  • 「自分史を物語にするシナリオ講座〜5回シリーズ」(2014年2月〜3月志縁塾)
  • 「旺季志ずか・松澤壱子のエレガント講座〜幸せのピースを探して(2014年5月リーガロイヤルホテル)
  • 「シナリオづくりから学ぶ人生を遊びにする法」(2015年1月 徳島県阿南市生涯学習講演)

ほかに、中学校・高等学校などで講演多数。

セミナー[編集]

  • 「自分史を物語にするシナリオ講座」(2014年1月〜3月志縁塾)
  • 「出版戦略セミナー いま売れる小説とビジネスライトノベルの可能性」(2016年2月 エリエス)

外部リンク[編集]