ウルトラゾーン (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ウルトラシリーズ > ウルトラゾーン (テレビ番組)
ウルトラゾーン
ジャンル バラエティ番組
放送時間 毎週日曜日23:00 - 23:30(※)(30分)
放送期間 2011年10月16日 - 2012年3月25日(※)(23回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ神奈川(tvk、幹事局)
千葉テレビ放送(チバテレ)
テレビ埼玉(テレ玉)
サンテレビジョン(サンテレビ)
名古屋テレビ放送(メ〜テレ)
演出 住田崇
プロデューサー 福原直樹(tvk)
河口芳佳(tvk)
梶野元延(チバテレ)
遠藤圭介(テレ玉)
那須恵太朗(サンテレビ)
片桐千秋(メ〜テレ)
出演者 主要登場人物放送内容及び出演者を参照
音声 ステレオ放送
エンディング 「ウルトラQメインテーマ」
(再録音版)
外部リンク 公式サイト

特記事項:
放送時間・期間は幹事局であるtvkでのもの。
テーマ曲は第5話まではオープニングに使用。
テンプレートを表示

ウルトラゾーン』は、円谷プロダクションおよびテレビ神奈川(tvk)を幹事局とする5つの放送局の共同制作によるウルトラシリーズバラエティ番組である。テレビ神奈川では2011年10月16日から2012年3月25日まで放送されていた。

概要[編集]

テレビ神奈川(tvk、幹事局)、千葉テレビ放送(チバテレ)、テレビ埼玉(テレ玉)、サンテレビジョン(サンテレビ)、名古屋テレビ放送(メ〜テレ)の5局による共同制作番組である[1]。この5局は、当番組の前に2011年5月から同年9月まで放送されていた『イッテ恋48』の共同制作局でもあり、メ〜テレ以外の4局(tvk・チバテレ・テレ玉・サンテレビ)は『イッテ恋48』を放送していた枠で引き続き放送した[注 1]。当番組終了後も、この5局の共同制作で、2015年に『びったれ!!!』が制作されている。

番組は「もしもこんな所に怪獣が現れたら…」をテーマに、パラレルな世界である「ウルトラゾーン」を舞台に展開される。

「大人向けのウルトラ」をコンセプトに、ウルトラシリーズに登場した怪獣にのみスポットを当て、コントパート(「怪獣マッサージ」など)、ウルトラQの新作を目指して製作された本格特撮ドラマパート(「THE LOVE」など)、新造形のウルトラQ怪獣によるコメディ(「ウルトラゾーンチャンネル」)など大きく3つのコーナーからなる[2]。プロデューサーの大月俊倫は本作品のコンセプトについて『ウルトラQ』や『ウルトラマン』放送当時の日曜の夜のお茶の間のテレビ番組[注 2]の再現[3]やウルトラ怪獣版『ゲバゲバ90分[2]と述べている。

コントパートや短編コーナーの製作スタッフは、tvk・チバテレ・テレ玉・サンテレビ4局共同制作番組で、2010年4月から2011年9月・および当番組終了後の2012年3月から9月まで放送していた『戦国鍋TV 〜なんとなく歴史が学べる映像〜』のスタッフが手掛けており[2]、コントパートの出演俳優も同番組の常連俳優(山崎樹範石井智也津田寛治など)が引き続き出演している。

一方、特撮ドラマや「ウルトラゾーンチャンネル」に関しては円谷プロ関係のスタッフや、他社の特撮作品を手掛けてきたスタッフが結集しており、『MM9』、『長髪大怪獣ゲハラ』の監督である田口清隆や『電人ザボーガー』の監督の井口昇などが参加[4]。また、かつてのウルトラシリーズ出演俳優(古谷敏星光子宍戸開関智一など)や仮面ライダーシリーズ出演俳優(須賀貴匡北条隆博など)といった特撮ヒーロー作品出演者も多く出演している。

主要登場人物[編集]

複数の作品に登場した人物を主に記述。

タカダ・リホ隊員 - 高田里穂
「怪獣特捜隊」の唯一の登場人物。メニューが「THE LOVE」のみだった第6回のほか、番組後期でもコントコーナーなしの回が増えたせいか、出演しない回も多々発生した。
怪獣特捜隊日本支部の隊員。普段はスマートフォンをいじったり、特捜隊のコンピュータを使ってブログをアップしたりしながら、乙女チックな独り言を言って暇そうにしている。そうした中で都内に怪獣が現れるとアナウンスをするが、内勤のため特に出動などはしない。
バトルシミュレーションでの別名はりぃ。身長165cm、体重43kg。
宇佐美信 - 高橋一生
「ホシの招待状」に登場。「スフラン島の秘蜜」「悪魔が降りた日」にも名前のみ登場。
宇佐美探偵事務所の私立探偵。
「ホシの招待状」では、ダダによる失踪事件の犯人を見事に解き明かす。
小早川真弓 - 波多野美希
「ホシの招待状」「スフラン島の秘蜜」「東京ジュラ紀」「悪魔が降りた日」に登場。
宇佐美探偵事務所の探偵助手。年齢は20歳。よく宇佐美や松原に名前を「小林」と間違えられる。
「ホシの招待状」では、ダダによって人間標本にされてしまう。
「スフラン島の秘蜜」では、撮影クルーに参加し怪事件に巻き込まれたところをピグモンに助けられる。
「東京ジュラ紀」では、集められた名探偵4人のうちの一人として参加したが、ほかの探偵からは「小早川なんて探偵は聞いたことがない」とダメ出しを受ける。
「悪魔が降りた日」では、入院中の宇佐美の見舞いに行く途中、ベムラーと遭遇する。
松原俊太郎 - 木村圭作
「ホシの招待状」「スフラン島の秘蜜」「東京ジュラ紀」「悪魔が降りた日」に登場。
刑事(警部)。
「ホシの招待状」では、宇佐美に失踪事件の捜査を依頼する。
「悪魔が降りた日」では、入院中の宇佐美の見舞いに行く途中、ベムラーと遭遇する。
「東京ジュラ紀」では、怪盗赤色が松原に変装して登場し、謎のオーパーツの封印を解いてしまった。
高木透 - イマニシケンタ
刑事(警部補)。
「ホシの招待状」「スフラン島の秘蜜」「いつも隣にホーがいる」「悪魔が降りた日」に登場。
「スフラン島の秘蜜」では、スフラン島に探検に行き、対怪獣地雷を踏み身動きがとれなくなっていたところをピグモンに助けられる。また、小早川に告白したが、断られてしまう。
「悪魔が降りた日」では、入院中の宇佐美の見舞いに行く途中、ベムラーと遭遇する。
防衛軍
怪獣特捜隊と共に怪獣迎撃にあたる軍事組織。
「最後の攻撃命令」と「東京ジュラ紀」に登場し、うち「最後の攻撃命令」では主役を務めている。また、他の話でも名称のみが登場している。
装備として「最後の攻撃命令」では73式小型トラック10式戦車90式戦車などの実在兵器の他、巨大M60先端がドリルになった新型ミサイルなどの架空兵器が登場。また「スフラン島の秘蜜」には、かつて防衛軍が敷設した対怪獣用超高性能地雷(半径10mを粉砕可能)が登場している。

放送内容及び出演者[編集]

怪獣特捜隊[編集]

地球上に現れるあらゆる怪獣に対して、人類が考えうる最善の方法で対策する組織。日本支部は「怪[注 3]」の字がある山の麓にある。怪獣が暴れる特撮パートが挿入され下記のコントコーナーに繋がる。タカダ隊員の他には監理課のオモトという隊員が声のみ登場している他、紺色の制服の一般隊員も登場している。また、「東京ジュラ紀」に登場した白石深月も怪獣特捜隊隊員であった。
怪獣特捜隊以外にも、防衛軍が怪獣迎撃を行う事もある。
  • タカダ・リホ隊員 - 高田里穂

装備[編集]

腕時計型の通信機(仮称)
腕時計の文字盤にあたる部分を開き、通信を行う。また、通常のトランシーバーも使用されている。
通常光線銃
青い稲妻状の光線を放つ光線銃。形状は第1期第2期ウルトラシリーズの防衛チームの銃に類似している。それほど強力な装備ではなく、威力はベムラーを牽制できる程度。タカダ隊員や白石深月が使用した。
高性能時限手榴弾
時限式手榴弾。形状は通常のパイナップル型手榴弾と同様で、青く塗装されている。こちらも怪獣を倒すほどの威力は無い。
89式5.56mm小銃
一般隊員が装備する自動小銃。防衛軍兵士も装備している。
恐竜戦車
元はキル星人が使役していた怪獣。#23のアイキャッチに、怪獣特捜隊のマーキングが施された乗用車程度の大きさのものが登場している。

バトルシミュレーション[編集]

怪獣が現れない日[注 4]に日本支部内の地下道場で行う、タカダ隊員が素手によるタイマンバトルを想定したトレーニング。
  • 第14話 - エレキング(「エア怪獣シリーズ でっかいエレキング」使用)
  • 第20話 - ゴモラ(「エア怪獣シリーズ でっかいゴモラ」使用)

コントコーナー[編集]

怪獣転校生[編集]

「有名中学に毎年合格者を出す、親の平均所得もそこそこ高めの私立小学校」に怪獣が転校してくる。
クラス名は、教師を演じている俳優によって変わる

怪しいものじゃないです[編集]

「都心から電車で30分、閑静な住宅地に建つ瀟洒なマンション」の一室の扉の前に訪問業者(怪獣)が現れる。鬱陶しがる住人を尻目に怪獣は何かとつけて勧誘してくる。

怪獣マッサージ[編集]

「結構強めに揉んでくれると評判の、溜池山王のマッサージ店」に怪獣が客として現れる。
店名は「○○マッサージ」であり、○○には整体師を演じている俳優の苗字が入る。どの店も溜池山王にあること自体は同じであり、最初に溜池交差点のカットから話は始まる。
  • 第1話 - グドン(声 - 河野洋一郎)、「石井マッサージ」整体師 - 石井智也
  • 第2話 - ザラブ星人(声 - バカリズム)、「石井マッサージ」整体師 - 石井智也
  • 第3話 - キングゲスラ(声 - 熊本浩武)、「津田マッサージ」整体師 - 津田寛治
  • 第5話 - ガンQ(声 - 山本匠馬)、「山崎マッサージ」 整体師 - 山崎樹範
  • 第16話 - デスレム(声 - 河野洋一郎)、「角田マッサージ」整体師 - 角田晃広(東京03)

ヘアサロン・マグマ&ババルウ[編集]

第3、4話放送。「読者モデルもたくさん通う、中目黒目黒川沿いから一本入ったところにある美容室」のカリスマ美容師として働くマグマ星人ババルウ星人
マグマ星人が先輩美容師、ババルウ星人が後輩美容師で仲はあまり良くない。
  • マグマ星人 - 山崎樹範
  • ババルウ星人(声) - 津田寛治
  • 女性客 - 西崎あや(第3話)、徳田公華(第4話)

不良怪獣ゼットン[編集]

第4、5、7、8、11、12話放送。「実は子供嫌いと噂のおばあちゃんが1人でやっている、夕方5時を過ぎると不良達のたまり場になる駄菓子屋」の前で不良とたむろするゼットン。駄菓子屋は「宇宙区星雲七丁目8番地」にある。
ゼットンは地球防衛高校(チボ高)では無名の学生で、所謂パシリの扱いである。逆に赤王高校に通う「赤王四天王」と呼ばれる不良たちからは「ウルトラマンを唯一倒した怪獣」として恐れられ、レッドキング以外の赤王高校の不良は立ち向かったとしてもゼットンには到底敵わない。しかし、こうしたゼットンの武勇伝を知るものは、仲間であるはずのチボ高の不良をはじめ[注 5]、この街ではあまりいないらしい。ゼットンは顔面の蛍光部分が光る程度で、言葉は一切喋らない。
第12話でゼットンとレッドキングがタイマン勝負し、ゼットンがこれに勝利。これまで強さに気づいていなかったタケシ・ケン・ブーチン・ナオキがゼットンの強さを知ったところで完結した。
21話のアイキャッチにもこのコーナーの個体と思われるゼットンとレッドキングが登場している[1]
チボ高生徒
赤王高校生徒

怪獣職務質問[編集]

「去年の夏に変質者が出て、それ以来警察の巡回が強化された新興住宅地」の夜道で、怪獣が警官に職務質問される話。場所は「不良怪獣ゼットン」と同じ「宇宙区星雲七丁目8番地」。自動販売機の前で話は展開される。職質後、第13話のみ連行された。
第23話のメトロン星人は、ウルトラゾーンが閉じる数日前に現れた怪獣である。

特撮ドラマ[編集]

30分完結のドラマパート。全8回。「THE LOVE」以外は前後編で放送された。

全話の監督を田口清隆が務め、毎回ミニチュア特撮のシーンを入れることを方針としている[5][4]。制作費は節約され「最後の攻撃命令」での火薬につぎ込まれている[5]。特撮は予算が少ないことを逆手に取り、田口が学生時代に自主映画で用いていた手法を多用している[5]

円谷プロダクション社長の大岡新一は「THE LOVE」を気に入り、以降のウルトラシリーズでも田口を監督に抜擢するようになった[6]

THE LOVE[編集]

第6話で放送。この回は他のコントや短編コーナーは放送されなかった。詳細は別項も参照。
脚本 - 松野拓行 / 監督 - 田口清隆

ホシの招待状[編集]

第8話で前編、第9話で後編を放送。詳細は別項も参照。
脚本 - 宮崎龍太 / 監督 - 田口清隆

スフラン島の秘蜜[編集]

第10話で前編、第11話で後編を放送。ホシの招待状の続編。監督の田口によると怪獣同士の対決の裏テーマはゴジラ映画の『三大怪獣 地球最大の決戦[7]
監督・脚本 - 田口清隆

いつも隣にホーがいる[編集]

第12話で前編、第13話で後編を放送。詳細は別項も参照。
脚本 - 中沢健 / 監督 - 田口清隆

東京ジュラ紀[編集]

第14話で前編、第15話で後編を放送。
脚本 - 中沢健 / 監督 - 田口清隆
  • テレスドン
  • アロン(名前、鳴き声のみ)
  • エレキング(第15話)
  • 白石深月 - 原知佐子
  • 小早川真弓 - 波多野美希
  • 松原俊太郎 - 木村圭作(第15話)
  • 暴君探偵・浦賀ケン / ガッツ星人(声) - 松田優
  • 女子高生探偵・仲谷マユ / ピット星人(声) - 中原知南
  • 歩く百科事典探偵・西園寺ユウヤ / 地底人 - 和田成正
  • 怪盗赤色 - ?

メフィラスの食卓[編集]

第17話で前編、第18話で後編を放送。詳細は別項も参照。
脚本 - 松野拓行 / 監督 - 田口清隆

最後の攻撃命令[編集]

第19話で前編、第20話で後編を放送。詳細は別項も参照。
脚本・監督 - 田口清隆

悪魔が降りた日[編集]

第21話で前編、第22話で後編を放送。詳細は別項を参照。
脚本 - 田口清隆、中沢健 / 監督 - 田口清隆
  • ベムラー
  • タカダ・リホ隊員 - 高田里穂
  • 小早川真弓 - 波多野美希
  • 高木透 - イマニシケンタ
  • 松原俊太郎 - 木村圭作

ウルトラゾーンチャンネル[編集]

『ウルトラQ』に登場する怪獣(ケムール人ラゴンM1号)が登場する、新造型のスーツによる約5分の短編コメディドラマ。このコーナー中のみ板尾創路がナレーターをつとめる。初回となる第7話と第24話の「70年代ドラマが好き!」では「これからの5分、あなたの目はあなたの体を離れ、この不思議な時間の中に入って行くのです。」と、「ウルトラQ」での石坂浩二風のナレーションで始まっていた[注 7]。またこのコーナーのみ右下の番組ロゴウォーターマークがコーナー名となる。第6話では予告が放送。

ケムール人編[編集]

第7話「ケムール人登場!」、第9話「高校生・ケムール」、第11話「ケムール人、走る」、第13話「ケムール、ファッションモデルになる」[注 8]、第18話「公園清掃員の挑戦!」、第20話「明日は、あっちだ!」、第20話「続 ケムール人走る」、第21話「続々 ケムール人走る」、第23話「さよならケムール人」

監督・脚本 - 井口昇(第7、9、13話)、西村喜廣(第11、20-21、23話)、辻本貴則(第18、20話)
  • ケムール人
  • M1号(第13、20話)
  • 強盗 - 岸建太朗(第7話)
  • OL - 村田唯(第7話)
  • ミユキ - 中村有沙(第9話)
  • 高校生男子 - 三宅克幸、牧野生新、牧野聖也(第9話)
  • 女の子 - 藤井杏奈(第11、20 - 21、23話)
  • 通りすがりの人 - 石川ゆうや(第11話)
  • カップル・彼 - 山中アラタ(第11話)
  • カップル・彼女 - 加藤桃子(第11話)
  • そば屋 - デモ田中(第11話)
  • サラリーマン - 柳東士(第11話)
  • ビール飲んでるお姉さん - 望月ミキ(第11話)
  • カメラマン - 亜紗美(第13話)
  • 清掃員・虎太郎 - 虎牙光揮(第18話)
  • ショウ - 虎牙光揮(第20話)
  • おっちゃん - デモ田中(第20話)
  • 地球救い隊 / ケムール人 - 島津健太郎、山中アラタ、屋敷弘子、仁村俊祐(第20-21、23話)
  • 謎の男 / ケムール人 - 関智一(第21、23話)

ラゴン編[編集]

第7話「ラゴン登場!」、第8話「ラゴンのハッピーパーテイ」[注 9]、第12話「ラゴンの恩返し」[注 10]、第14話「ラゴン、ダンパに行く」、第18話「ラゴン一家」、第19話「ラゴンのお弁当」

監督・脚本 - 井口昇(第7、8、12、14話)
監督 - 井口昇(第18、19話)
脚本 - 井口昇、福田裕彦(第18、19話)
  • ラゴン(雌)
  • ラゴン(雄)(第18、19話)
  • ラゴン(子)(第18、19話)
  • タカシ - 須賀貴匡(第7、8、14話)
  • エミ - 村田唯(第7、14話)
  • ケイ - 亜紗美(第7、14話)
  • 男部員 - デモ田中、石川ゆうや(第7、14話)
  • ミカ - 松本若菜(第8、14話)
  • 昭夫 - 古谷敏(第12話)
  • 良子 - 星光子(第12話)
  • 博史 - 木戸邑弥(第12話)
  • ナギサ - 中村有沙(第14話)
  • 女の子 - 森桃子、望月ミキ(第14話)
  • アイスキャンディ売り - 岸建太朗(第18話)
  • ケイコ - 亜紗美(第18話)
  • サラリーマン - デモ田中(第18話)
  • お客 - 村田唯、加藤礼次朗、春園幸宏、小柴亮太、柿沢直美、柿沢奏吾、福田裕彦、菅原弘美(第18話)
  • 磯貝由実 - 村田唯(第19話)
  • 磯貝大輔 - 小柴亮太(第19話)
  • 宍戸 - デモ田中(第19話)

M1号編[編集]

第7話「さすらいのM1号」、第10話「続・さすらいのM1号」、第16話「新・さすらいのM1号」、第17話「帰ってきたさすらいのM1号」、第19話「さすらいのM1号 情熱編」、第21話「さすらいのM1号 完結編」

監督・脚本 - 継田淳
  • M1号
  • ケムール人(第10話)
  • ラゴン(子)(第19、21話)
  • ラゴン(雌)(第21話)
  • 元締め・徳マサ - 仁科貴(第7、10、16、17、19、21話)
  • OL - 村田唯(第7、16話)
  • ボス - 龍坐(第17、19、21話)
  • 三吉 - ワニ完才(第17、19、21話)
  • 隈太郎 - 室田晃(第19話)
  • 客 - 加藤桃子、鹿角剛司、春園幸宏、谷口正浩、松林定志、野村まみ子、佐藤智子、加藤礼次朗、加藤博子(第10話)
  • お客 - 春園幸弘、森りさ、松林定志、野村まみ子(第17話)
  • お客 - 石川ゆうや、村田唯、春園幸弘、森りさ、松林定志(第19話)
  • お客 - 石川ゆうや、村田唯、福田裕彦、春園幸弘、森りさ、松林定志、野村まみ子(第21話)

共演編[編集]

第15話「お笑いに参加」、第16話「ウルトラゾーンファイト」(サブタイトル「ウルトラゾーン 世紀の対戦!」)、第17話「M1号はつらいよ」、第22話「名探偵M1号・前編」、第22話「70年代ドラマが好き!」、第23話「名探偵M1号・後編」

監督・脚本 - 西村喜廣(第15、16話)、井口昇(第17話)、辻本貴則(第22話・70年代ドラマが好き!)
監督 - 井口昇(第22-23話・名探偵M1号)
脚本 - 継田淳(第22-23話・名探偵M1号)
  • M1号
  • ケムール人
  • ラゴン(雌)
  • ラゴン(雄)(第17、22-23話)
  • ラゴン(子)(第17話)
  • お笑いトリオ・フラミンゴ - フラミンゴ(第15話)
  • 解説(声) - 山田二郎左衛門[注 11](第16話)
  • 部下 - 島津健太郎松林慎司(第17話)
  • 若手刑事 - 杉山正弘(第22-23話)
  • 老刑事 - ジジ・ぶぅ(第22-23話)
  • 死体(いそだ ごへい) - 鈴村正樹(第22-23話)
  • 下男 - 村上浩章(第23話)
  • 住人 - 亜紗美、岸建太朗、デモ田中、松林慎司、長野克弘(第22話)

短編コーナー[編集]

怪獣漫才[編集]

ソフビ人形や怪獣消しゴムを使った人形劇で、2体の怪獣が漫才を行う。画面左側には漫才コンビ名が書かれためくりがある。声は全て熊本浩武が担当。
第5話、第9話は、当時モノクロ映像だった『ウルトラQ』の怪獣による漫談だったこともあり、それにあわせるかのように、怪獣消しゴムを使いモノクロ映像で放送した。第23話もセミ人間が『ウルトラQ』、ミイラ人間が『ウルトラマン』(当時カラー映像)の登場怪獣であったが、こちらも怪獣消しゴムを使いモノクロ映像で放送した。

怪獣English[編集]

怪獣を例えに使った英語講座。『セサミストリート』風に描かれた怪獣が登場するオープニングで始まる。その後、英語の教科書風に例文が英語で読まれたあと日本語訳が読まれる(ここでの怪獣は写真のみ)。英語ナレーション・日本語訳共に遠野まりこが担当。

怪獣ことわざ[編集]

イラストで怪獣にちなんだことわざを紹介。いろはかるた風になっている。

OLのウワサ話[編集]

OLがカフェで上司(怪獣)の噂話をする。最後に、上司の見た目・容姿などからあだ名をつける。
  • OL - 夕乃、松尾美梨亜、大久保真生
  • 第2話 - バードン課長(課長のあだ名『赤いプレスリー』)
  • 第3話 - ミクラス課長(課長のあだ名『怒ってたらどうする?』)
  • 第4話 - ルナチクス課長(課長のあだ名『リアル鼻ピアス』)
  • 第5話 - ガッツ星人課長(課長のあだ名『マッチョおじいさんおばさん』)

アイキャッチ[編集]

各コーナー間やCM前後に挿入される1枚絵のアイキャッチで、怪獣がごく普通に日常や人間社会に存在する風景が懐かしの画風でコミカルに描かれている。
アイキャッチ集がDVD第4巻・後述する書籍2冊に収録されているほか、アイキャッチの画像がtvk・テレ玉・サンテレビ・メ〜テレの携帯サイトで配信されている(チバテレの携帯サイトには未対応[注 14])。
本編だけでなく、このアイキャッチに対するファンも多く、2012年7月19日 - 8月31日の期間には書泉全店でアイキャッチイラスト展が開催されている[8]
  • 第1話 - ババルウ星人、ケムール人、ノーバ、マグマ星人 、ゼットン
  • 第2話 - ペスター、恐竜戦車、ザムシャー、ヒッポリト星人、バド星人、イカルス星人
  • 第3話 - ガンQ、シーボーズ、メトロン星人、グドン&アストロモンス、マグマ星人、クレージーゴン、ゴモラ
  • 第4話 - メフィラス星人、ジャミラ、キングジョー、ガッツ星人、ダダ、エースキラー、ベムスター、ババルウ星人
  • 第5話 - エンペラ星人、ゴルザゼットン星人&ゼットン、ジェロニモン、ラゴン、テンペラー星人、ミクラス、ダダ
  • 第6話 - ゴドラ星人
  • 第7話 - ポール星人 、サドラ
  • 第8話 - レッドキング、ジラース、ダダ、ウインダム
  • 第9話 - エレキング、ツインテール、ザラブ星人、キングジョーブラック、ピグモン、ガルベロス&M1号&バードンヤプール人
  • 第10話 - ブラックキング&ナックル星人、ギャンゴ、キリエロイド、アギラ、ギエロン星獣、ブルトン、ナメゴン
  • 第11話 - アントラー&サタンビートル、パンドン、ピッコロ、ナツノメリュウ&ジャンボキング、ベリュドラ
  • 第12話 - ウー、バリケーン、ナース&ワイルド星人、アイアンロックス、ゴメス&リトラ
  • 第13話 - ジュダ&グランドキングテレスドンコダイゴン、キングゲスラ、ベムラー
  • 第14話 - バット星人、ガヴァドンA、フック星人、ガボラ、クール星人&チブル星人&ビラ星人、ペギラ、ギガキマイラ
  • 第15話 - ピット星人、テペト、ルナチクス、グビラ、ボーグ星人
  • 第16話 - ホー、バルキー星人&サメクジラ、セブンガー、ヤメタランス
  • 第17話 - キングゴルドラス&キングシルバゴン、ガロン&リットル、ラゴン
  • 第18話 - ガンダー&ポール星人、ペガッサ星人、タッコング
  • 第19話 - ケロニア、リドリアス、ユートム、スカイドン
  • 第20話 - ウインダム&カナン星人、シーボーズ&デスレム、バキシム
  • 第21話 - ガブラ、レッドキング&ゼットン、シルバーブルーメ
  • 第22話 - パンドラ&チンペ、ギガス&ドラコ、タイラント
  • 第23話 - タカダ・リホ隊員&ピグモン、タカダ・リホ隊員&マグマ星人&ババルウ星人&カネゴン&ダダ、ダークザギ&タカダ・リホ隊員&ゼットン&ゼットン二代目、タカダ・リホ隊員&バルタン星人、タカダ・リホ隊員&恐竜戦車&ガラモン

その他の出演者[編集]

スーツアクター
  • 横尾和則(第1-2、14-15話)
  • 福島弘之(第2-5、10-13、17-18話)
  • 矢﨑大貴(第3、5、12-13話)
  • 新井宏幸(第4-5、7-8、10-12、16、21-22話)
  • 岩田栄慶(第6話)
  • 外島孝一(第6、17-18話)
  • 龍坐(第7、9、11、13、15-18、20-23話)
  • 仁村俊祐(第7-8、12、14-15、17-19、21-23話)
  • 山中アラタ(第7、10、13、15-17、19-23話)
  • 力丸佳大(第8-9、13-15、23話)
  • 梶川賢司(第8-9話)
  • 丸田聡美(第10-11話)
  • 桑原義樹(第10-11、23話)
  • 永田朋裕(第10-11話)
  • 寺井大介(第11-12、14-15、19-20話)
  • 安達仁美[注 15](第14-15話)
  • 湯原愛子(第15話)
  • 佐藤恵利香(第17-19、21話)
  • 渡部裕希(第17-19、22-23話)
  • 櫻井暦(第23話)
ナレーター

各話リスト[編集]

放映日は幹事局のtvkでの放映日を記載(制作局のうち、テレ玉は2日遅れ、サンテレビは6日遅れ、チバテレは1週遅れ、メ〜テレは3か月遅れ)。

回数 放映日
(tvk)
怪獣特捜隊 ドラマコーナー ミニコーナー ウルトラゾーンチャンネル
第1回 2011年
10月16日
怪獣転校生
怪しいものじゃないです
怪獣マッサージ
--- 怪獣漫才
怪獣English
怪獣ことわざ
---
第2回 10月23日 OLのウワサ話
怪獣English
怪獣漫才
怪獣ことわざ
第3回 10月30日 ヘアサロン・マグマ&ババルウ
怪獣マッサージ
第4回 11月6日 ヘアサロン・マグマ&ババルウ
不良怪獣ゼットン
怪しいものじゃないです
第5回 11月13日 怪獣マッサージ
不良怪獣ゼットン
怪しいものじゃないです
第6回 11月20日 --- THE LOVE --- (予告編)
第7回 11月27日 不良怪獣ゼットン --- 怪獣English ケムール人登場!
ラゴン登場!
さすらいのM1号
第8回 12月4日 ホシの招待状 前編 --- ラゴンのハッピーバースデイ
第9回 12月11日 --- ホシの招待状 後編 怪獣漫才
怪獣ことわざ
怪獣English
高校生・ケムール
第10回 12月18日 怪獣職務質問 スフラン島の秘蜜 前編 怪獣ことわざ
怪獣English
続・さすらいのM1号
第11回 12月25日 不良怪獣ゼットン スフラン島の秘蜜 後編 怪獣漫才 ケムール人、走る
第12回 2012年
1月8日
いつも隣にホーがいる 前編 --- ラゴンの恩返し
第13回 1月15日 怪獣職務質問 いつも隣にホーがいる 後編 怪獣ことわざ ケムール、ファッションモデルになる
第14回 1月22日 バトルシミュレーション 東京ジュラ紀 前編 怪獣漫才
怪獣English
ラゴン、ダンパに行く
第15回 1月29日 怪獣職務質問 東京ジュラ紀 後編 怪獣ことわざ お笑いに参加
第16回 2月5日 怪獣マッサージ --- 新・さすらいのM1号
ウルトラゾーンファイト
第17回 2月12日 --- メフィラスの食卓 前編 --- M1号はつらいよ
帰ってきたさすらいのM1号
第18回 2月19日 メフィラスの食卓 後編 公園清掃員の挑戦!
ラゴン一家
第19回 2月26日 最後の攻撃命令 前編 怪獣English
怪獣ことわざ
ラゴンのお弁当
さすらいのM1号 情熱編
第20回 3月4日 バトルシミュレーション 最後の攻撃命令 後編 --- 明日は、あっちだ!
続 ケムール人走る
第21回 3月11日 悪魔が降りた日 前編 怪獣漫才 続々 ケムール人走る
さすらいのM1号 完結編
第22回 3月18日 悪魔が降りた日 後編 怪獣English 名探偵M1号・前編
70年代ドラマが好き!
第23回 3月25日 怪獣職務質問 --- 怪獣漫才 名探偵M1号・後編
さよならケムール人

スタッフ[編集]

  • 制作 - tvk、チバテレ、テレ玉、サンテレビ、メ〜テレ
  • 製作著作 - 円谷プロダクション
  • 製作 - 大岡新一
  • 監修 - 渋谷浩康
  • 企画、全体構成 - 酒井健作
  • キャラクターサポート - 岡野弘之
  • キャラクターメンテナンス - 山部拓也
  • ロゴデザイン、プロップデザイン、コーナーイラスト - ニイルセン
  • 音楽 - 宮内國郎
  • 音楽制作 - 福田裕彦
  • 音響効果 - スワラプロダクション
  • MA - 東京サウンドプロダクション
  • 宣伝 - 種子島幸(tvk)、早川均、矢田晶子
  • スチール - 岡本英理
  • web - 細見葉介・知覧晴彦(tvk)
  • 制作プロデューサー - 池田慎一、座間隆司
  • プロデューサー - 福原直樹・河口芳佳(tvk)、梶野元延(チバテレ)、遠藤圭介(テレ玉)、那須恵太朗(サンテレビ)、片桐千秋(メ〜テレ)
  • 総合演出 - 住田崇
  • 協力 - 講談社バンダイ
メインパート(コントコーナー、短編コーナー)
ショートムービー(ウルトラゾーンチャンネル)
オリジナルドラマ(「THE LOVE」などの特撮ドラマ)
  • 全体特殊技術、オリジナルドラマ監督 - 田口清隆
  • オリジナルドラマ製作協力 - 東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
  • 美術協力 - テレビ朝日クリエイト高津装飾美術
  • ポスプロ - アクティブ・シネ・クラブ
  • オリジナルドラマ担当プロデューサー - 松野拓行
  • 制作応援 - 今西健太

タイトルバック[編集]

番組全体のタイトルバックは、第5話まではオープニングに使用。最初のコントパートのラストカットからテーマ曲が始まり、そのままタイトル映像に移行する。第6話は本編が特撮ドラマとアイキャッチのみだったため未使用。第7話以降はエンディングに使用されている。

この他、各コーナーごとにオープニングが存在する。特撮ドラマは本編の一部がタイトルバックを兼ねているため、毎回映像が異なる。

エンディング曲[編集]

エンディング曲「ウルトラマンメビウス
作詞 - 松井五郎 / 作曲 - 鈴木キサブロー / ボーカルディレクション - 奥村愛子 / 歌 - 高田里穂
第23話のみ使用。高田里穂によるア・カペラで、最後の「ウルトラマンメビウス」の部分はハミングで歌った。
エンドロールではメトロン星人、エレキング、ダダ、ゼットン、レッドキング、ババルウ星人、マグマ星人、ザラブ星人が登場。

放送局[編集]

放送地域 放送局 系列 放送時間 放送期間 備考
神奈川県 テレビ神奈川
(tvk)
独立局 日曜 23時00分 - 23時30分 2011年10月16日 - 2012年3月25日 (幹事局)
千葉県 千葉テレビ放送
(CTC/チバテレ)
日曜 22時30分 - 23時00分 2011年10月23日 - 2012年4月1日 共同制作局


埼玉県 テレビ埼玉
(TVS/テレ玉)
火曜 24時30分 - 25時00分 2011年10月18日 - 2012年3月27日
兵庫県 サンテレビジョン
(SUN-TV/サンテレビ)
土曜 24時30分 - 25時00分 2011年10月22日 - 2012年3月31日
中京広域圏 名古屋テレビ放送
(NBN/メ〜テレ)
テレビ朝日系列 木曜 25時25分 - 25時55分 2012年1月5日 - 6月7日
広島県 広島ホームテレビ
(HOME)
テレビ朝日系列 水曜 25時51分 - 26時21分 2012年1月11日 - 6月20日
栃木県 とちぎテレビ
(GYT/とちテレ)
独立局 火曜 22時00分 - 22時30分 2011年10月18日 - 2012年4月3日
群馬県 群馬テレビ
(GTV/群テレ)
日曜 21時30分 - 22時00分 2011年10月23日 - 2012年4月1日
北海道 札幌テレビ放送
(STV)
日本テレビ系列 水曜 26時08分 - 26時38分 2011年10月19日 - 2012年3月28日
山形県 山形放送
(YBC)
木曜 25時13分 - 25時43分 2011年10月20日 - 2012年4月12日
福島県 福島中央テレビ
(FCT)
火曜 25時34分 - 26時04分 2011年11月1日 - 2012年4月10日
青森県 青森テレビ
(ATV)
TBS系列 月曜 25時00分 - 25時30分 2011年10月31日 - 2012年4月9日
福岡県 TVQ九州放送
(TVQ)
テレビ東京系列 火曜 25時53分 - 26時23分 2011年10月18日 - 2012年4月3日
岩手県 岩手めんこいテレビ
(mit)
フジテレビ系列 土曜 25時05分 - 25時35分 2012年4月7日 - 9月15日
宮城県 仙台放送
(OX)
月曜 26時10分 - 26時40分 2012年4月23日 - 10月22日
熊本県 熊本朝日放送
(KAB)
テレビ朝日系列 土曜 26時20分 - 26時50分 2012年10月6日 - 2013年3月23日
石川県 北陸朝日放送
(HAB)
テレビ朝日系列 火曜 26時05分 - 26時35分 2014年1月14日 - 2014年6月17日

関連商品[編集]

DVD・Blu-ray[編集]

  • 発売元 - キングレコード
巻数 収録話 品番 発売日 初回生産特典
第1巻 第1-5回 BD - KIXA-55
DVD - KIBF-1006
2012年2月22日 タカダ隊員サイン入りブロマイド
第2巻 第6・8-11回[注 16] BD - KIXA-56
DVD - KIBF-1007
2012年3月28日 サウンドトラックCD
第3巻 第7・12-15回[注 16] BD - KIXA-57
DVD - KIBF-1008
2012年4月25日 全巻収納ボックス
第4巻 第17-20回[注 17] BD - KIXA-58
DVD - KIBF-1009
2012年5月23日 別冊本「アイキャッチ&カルタ集」
第5巻 第16・21-23回[注 17] BD - KIXA-59
DVD - KIBF-1010
2012年6月27日 別冊本「ウルトラゾーン怪獣図鑑」
4、5巻には特典映像(メイキング)が収録されているが、ディスク容量の関係でBlu-rayの方が収録時間が長い。

書籍[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ メ〜テレも放送時間帯は『イッテ恋48』を放送していた時間帯と同じであるが、2011年10月-12月に『もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!』の放送を挟んで、他の4局からは3ヶ月遅れのスタートとなった。
  2. ^ てなもんや三度笠』(TBS、18時)、『シャボン玉ホリデー』(日本テレビ、18時30分)、『ウルトラQ』『ウルトラマン』(TBS、19時)、『オバケのQ太郎』(TBS、19時30分)、『泣いてたまるか』(TBS、20時)
  3. ^ 時々、字の部分が燃えたり、山が噴火する。『宇宙船 YEAR BOOK 2013』では、怪獣出現時の警報と解説している[2]
  4. ^ 通常は「今日もまた、地球上のどこかで、怪獣が現れたようだ」とナレーションされてコントコーナーにつながるが、このケースでは「しかし今日は、怪獣は現れないようだ」とナレーションされる。
  5. ^ カオリだけは、第8話でゼットンが倒したところを目撃しているので知っている。また、ゼットンが赤王高校の不良を倒すときには、タケシ・ケン・ブーチン・ナオキは駄菓子屋に入っている等、その場にいないため気づけない。
  6. ^ 本編では洋子の出身地について言及はなかったが、Blu-ray・DVD第5巻映像特典「ドラマ班 田口組メイキング後編」ではテロップで洋子 / ペダン星人と表記されている。
  7. ^ 番組自体のオープニングでも、開始当初は「これからの30分、あなたの目はあなたの体を離れ、もしもこんな所に怪獣が現れたらというパラレルな世界、ウルトラゾーンへと入っていくのです。」とナレーションしていた。
  8. ^ エンディングテロップでは「ケムール、ファッションモデルになるの巻」
  9. ^ エンディングテロップでは「ラゴンのハッピーバースデーの巻」
  10. ^ エンディングテロップでは「ラゴンの恩返しの巻」
  11. ^ 『ウルトラゾーン オフィシャル完全ガイド』によると、「山田二郎左衛門」とは円谷プロダクション取締役の大月俊倫であると説明されている[3]
  12. ^ 画面表示はこの回に限り英語で「Gan Q」と表記。
  13. ^ 最後に「See you next week」と締めていたが、第23話には「怪獣English」がないのでこれが最後であった。
  14. ^ チバテレの携帯サイトは画像や着うたの配信を行っていない。
  15. ^ 第15話「怪獣ジュラ紀」のエンディングクレジットでは「足達仁美」と誤記。
  16. ^ a b ドラマパート「スフラン島の秘蜜」前編・後編(10回・11回)の収録巻数が分かれてしまうのを避けるために第7回は第3巻に収録される。
  17. ^ a b ドラマパート「最後の攻撃命令」前編・後編(19回・20回)の収録巻数が分かれてしまうのを避けるために第16回は第5巻に収録される。

出典[編集]

  1. ^ “大人向けのウルトラ!「ウルトラゾーン」” (PDFファイル) (プレスリリース), テレビ神奈川, (2011年9月29日), http://www.tvk-yokohama.com/company/release/110929_3.pdf 2011年10月2日閲覧。 
  2. ^ a b c d 宇宙船YB 2013, p. 30
  3. ^ a b 完全ガイド 2012, p. 8, 「INTERVIEW Part.1 プロデューサー 大月俊倫」
  4. ^ a b 宇宙船YB 2013, p. 31
  5. ^ a b c 完全ガイド 2012, p. 132, 「INTERVIEW Part.4 映画監督・特撮監督 田口清隆」
  6. ^ 「INTERVIEW メイン監督 田口清隆」、『HYPER HOBBY PRESENTS キャラクターランド』vol.2、徳間書店、2015年8月1日、 pp.80-81、 ISBN 978-4-19-730135-5
  7. ^ 宇宙船2012年1月号[要ページ番号]
  8. ^ ニイルセンが描く「ウルトラゾーン」壮観のイラスト展”. お笑いナタリー. 2012年8月4日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

tvk 日曜日23:00-23:30枠(2011年10月 - 2012年3月)
前番組 番組名 次番組
ウルトラゾーン
音楽缶(4週分穴埋め)

AKB0048
チバテレ 日曜日22:30-23:00枠(2011年10月 - 2012年9月)
イッテ恋48

ハピモSP Info cute(1週分穴埋め)
ウルトラゾーン
(本放送→再放送)
牧野裕のEnjoy Golf
(土曜21:30から移動)
テレ玉 火曜日24:30-25:00枠(2011年10月 - 2012年3月)
イッテ恋48
ウルトラゾーン
carXs
サンテレビ 土曜日24:30-25:00枠(2011年10月 - 2012年3月)
イッテ恋48
ウルトラゾーン
メ〜テレ 木曜日25:25-25:55枠(2012年1月 - 2012年6月)
イッテ恋48

もっと熱いぞ!猫ヶ谷!!
(2011年10月-12月)
ウルトラゾーン
タモリ倶楽部
(土曜24:30から移動)