村田唯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
むらた ゆい
村田 唯
本名 村田 唯
生年月日 (1988-07-12) 1988年7月12日(30歳)
出生地 日本の旗 北海道岩内郡
身長 164 cm
血液型 O型
職業 女優歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台
活動期間 2004年 -
公式サイト 村田唯オフィシャルサイト
主な作品
映画
ロボゲイシャ
電人ザボーガー
月光ノ仮面
青いソラ白い雲
舞台
昆虫美学
仮想家族
Gangster Report
テレビ
ウルトラゾーン
リッチマン、プアウーマン
NONFIX "フィルムがなくなる!デジタルが変える映画のミライ!"』
みんな!エスパーだよ!

村田 唯(むらた ゆい、1988年7月12日 - )は、日本女優。本名同じ。

北海道岩内郡出身。2011年フロム・ファーストプロダクション所属を経て 2014年フリーランスで活動。身長は164cm。

来歴[編集]

人物・エピソード[編集]

  • 趣味、特技はバレーボール・作詞・歌うこと・ダンス。
  • 好きな色は水色。
  • ものごころついた頃から、人前で芝居や歌うことを好み、将来は女優になると宣言していた。
  • 中学生の頃は仲間とバレーボールで全国三位になるという目標を成し遂げた。今でも、まれに監督に「村田」と叫ばれる夢をみるという。
  • 高校生からは芸能活動に専念し、放課後片道3時間かけて札幌のアクターズスクールに通った。後、卒業の際に、上京前のイベントとして自分一人による企画演出でソロライブを行った。
  • 大学生では、同期の仲間達と自主制作映画に没頭し、他にダンスイベント・ソロライブを積極的に行った。
  • ロボゲイシャ」にて、役付きで初めて映画に参加した際、関係試写会のクレジットを見たときに改めて映画の素晴らしさと面白さを感じ、魅了されたという。
  • 2010年より、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭に毎年参加している。
  • 物語を考えるのが好きであり、フルーツミックスのLiveでは、朗読劇のシナリオを自ら書いた。
  • 好きなアーティストは、宇多田ヒカル東京事変
  • 興味のあるアーティストは、ジャニス・ジョップリン
  • 舞台『昆虫美学』で共演した「塚田まい子」は、彼女のことを「ほわわ〜んとした雰囲気を持つ癒し系の反面実はしっかり者。お姉さん的な一面もあるかと思えば、どこかちょっと変わっている。」とブログ(つかまいうぇい2012-01-28)で表している。
  • 2013年、自身初の監督・脚本・主演を務め、学生時代の仲間と自主映画を制作した。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビ[編集]

  • ウルトラゾーン(2011年10月 - 2012年3月、テレビ神奈川)
    • 第7話「ケムール人登場!」(2011年11月) - OL 役
    • 第7話「ラゴン登場!」(2011年11月) - エミ 役
    • 第7話「さすらいのM1号」(2011年11月) - OL 役
    • 第14話「ラゴン、ダンパに行く」(2012年1月) - エミ 役
    • 第16話「新・さすらいのM1号」(2012年2月) - OL 役
    • 第18話「ラゴン一家」(2012年2月) - お客 役
    • 第19話「ラゴンのお弁当」(2012年2月) - 磯貝由実 役
    • 第19話「さすらいのM1号 情熱編」(2012年2月) - お客 役
    • 第21話「さすらいのM1号 完結編」(2012年3月) - お客 役
  • アンナの美viスタ(2012年6月、TOKYO MX)
  • NONFIX "フィルムがなくなる!デジタルが変える映画のミライ!"(2012年7月、フジテレビ)

舞台[編集]

  • 2006年6月、舞台:「アイタイ」演出:高橋隆太(札幌BLOCH)
  • 2009年9月、舞台「グッバイ・チャーリー」、ユーイ役 演出:樫田正剛(東京芸術劇場)
  • 2010年7月、舞台:マルホラ第4回公演「タッカーアンドピクニック」作・演出 矢沢幸治(下北駅前劇場)
  • 2012年2月、舞台:角角ストロガのフ第七回公演「昆虫美学」、金井まどか役 作・演出 角田ルミ (王子小劇場)
  • 2012年4月、舞台:劇団なんでやねん 第三回公演「エレ エレ エレクション!!」(新宿・シアターブラッツ)
  • 2012年11月、舞台:角角ストロガのフ第八回公演「仮想家族」、柳田良子役 作・演出 角田ルミ(中野 ザ・ポケット)
  • 2013年5月、舞台:劇団なんでやねん第四回公演「ちゃんちゃんちゃんこ鍋」、女将役 作・演出 川尻恵太(相鉄本多劇場)
  • 2013年12月、舞台:劇団スクランブルマグカルフライデー公演「Carry Over」、富船燈香役 作・演出 坪井俊樹(桜木町青少年センター)
  • 2014年3月、舞台:劇団スクランブル第15回公演「Gangster Report」、越田ニコ役 作・演出 坪井俊樹(「劇」小劇場)

その他[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b アイドル、ダンス。(村田唯オフィシャルブログ 2012-06-04 01:23:08)
  2. ^ 渋谷コレクション。(村田唯オフィシャルブログ 2007-4-29 0:43:11)
  3. ^ ミスロボゲイシャ。
  4. ^ a b “人間のゆがんだ愛と欲望描く「密かな吐息」公開、女優・村田唯が初メガホン”. 映画ナタリー. (2016年10月21日). http://natalie.mu/eiga/news/206398 2016年10月24日閲覧。 

外部リンク[編集]