鈴木俊継

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

鈴木 俊継(すずき としつぐ[1]1934年1月8日[2] - 没年不明)は、日本テレビ演出家。演出家となる前は鈴木 孝次(すずき こうじ)の名で俳優として活動していた[3][4]。妻は円谷プロダクションのスタッフだった宍倉徳子[5]関東学院大学中退[2]

来歴[編集]

1952年に東京映画製作の映画『春の囁き』で俳優としてデビュー[4]。その後、東宝に移籍するが役に恵まれず、映画監督の岩城英二の誘いによりテレビドラマの助監督に転身した[4]

TBSのテレビドラマ『いまに見ておれ』(1964年)で共に助監督を勤めていた満田かずほの誘いにより円谷プロダクション作品に参加[6][4]。『ウルトラQ』『ウルトラマン』での助監督を経て、『ウルトラマン』第32話「果てしなき逆襲」で監督としてデビューした[7]。続く『ウルトラセブン』では円谷英二の推薦により満田と共に製作の中心的存在となった[6]。以後も特撮テレビドラマを中心に活動し、コマーシャルや企業パンフレットの製作なども行っていたとされる[4]

恐竜探険隊ボーンフリー』(1976年)以後の映像関係での活動は確認されていない[4]。既に故人とされるが、晩年は映画関係者とは疎遠になっていたため死去の時期や経緯は不明である[4]

人物・作風[編集]

  • 温厚な人物であったとされ、俳優の山村哲夫がスタッフと対立して辞めようとした際も直接電話をかけて説得にあたったという[4]
  • 監督としては堅実な作風で[3]、脚本に対して口を挟むようなこともなかったとされる[8]
  • しかし『ウルトラセブン』第26話「超兵器R1号」では、ラストシーンをカットしろというプロデューサーに対して激しく抗議する一面もあったという[4]

監督作品[編集]

出演作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 資料室 東宝WEB SITE”. 2014年2月4日閲覧。
  2. ^ a b DVD『シルバー仮面フォトニクル2』 2015年12月18日発売 発売元-デジタルウルトラプロジェクト DUPJ-137 pp.84-85 「コダイグループ資料冊子」
  3. ^ a b 怪奇大全 2001, p. 72.
  4. ^ a b c d e f g h i 「友井健人「鈴木俊継監督 その知られざる実像」」『ウルトラセブン研究読本』 洋泉社2012年11月29日、138 - 139頁。ISBN 978-4-8003-0027-0
  5. ^ 「Pickup Interview 宍倉徳子」『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年、141頁。ISBN 978-4-8003-0209-0
  6. ^ a b 「STAFF INTERVIEW 満田かずほ」『ウルトラセブンイズム』 辰巳出版〈タツミムック〉、2002年11月15日、61 - 62頁。ISBN 4-88641-779-5
  7. ^ 「エピソードガイド第32話」『ウルトラマン研究読本』 洋泉社2013年12月2日、188 - 189頁。ISBN 978-4-8003-0262-5
  8. ^ 怪奇大全 2001, p. 125.

参考文献[編集]