ウルトラマン 怪獣帝国の逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ウルトラマン 怪獣帝国の逆襲
ジャンル 横スクロールアクション
対応機種 ディスクシステム
発売元 バンダイ
シリーズ ウルトラシリーズ
人数 1人
メディア ディスクカード両面
発売日 日本 198701291987年1月29日
その他 型式:BAN-ULM
テンプレートを表示

ウルトラマン 怪獣帝国の逆襲』(ウルトラマン かいじゅうていこくのぎゃくしゅう)は、1987年1月29日バンダイから発売された、ファミリーコンピュータ ディスクシステム(A・B両面)用のアクションゲームである。

概要[編集]

このゲームは、特撮テレビ番組『ウルトラマン』(1966年 - 1967年)を題材にした初めてのファミコンゲームである。ファミコンでの続編には、シミュレーションゲームとして製作された『ウルトラマン2 出撃科特隊』(1987年)、デフォルメされたキャラクターによるRPGとして製作された『ウルトラマン倶楽部』(1988年)シリーズがある。

ゲーム内容[編集]

システム[編集]

プレイヤーはハヤタ隊員となり、光線銃で敵を倒しながら横スクロールのフィールドを進んでいく。道中でエネルギー球を集めて画面上のメーターを満タンにすると、ウルトラマンに変身することが可能。エネルギー球は、敵を倒すと落としていったり、画面外から飛んできたり、特定の場所を撃つと出てくるなど、面によって出現方法が異なる。

ウルトラマンは原作と同じく3分間だけ活動でき、ボスの怪獣にチョップやキックで攻撃することが可能。また、残り時間が1分を切ると、スペシウム光線と八つ裂き光輪をそれぞれ1回ずつ使用できる。ステージのボス怪獣を倒すと、ステージクリアとなる。

その他[編集]

全ステージをクリアして2周目に入ると、キャラクターがモロボシ・ダンとウルトラセブンに変わる。プレイヤーの能力は1周目と同じだが、敵キャラクター(中怪獣)の防御力が上がっている。

本作は他のディスクシステム用作品と同じく、「ディスクカードのパッケージ販売」と「ディスクライターによるディスクカードの書き換えサービス」の2種類の方法で販売されていたが、書き換えサービス版は一部の音楽がパッケージ販売版と異なる。具体的には、パッケージ販売版で原作と同じ曲が使われているシーンの音楽が、オリジナル曲に差し替えられている。

設定[編集]

ステージ構成[編集]

ステージ1「東京郊外」
ステージ2「東京都心」
ステージ3「太平洋諸島」
ステージ4「洞窟」
ステージ5「火山地帯」
ステージ6「砂漠の都」

登場キャラクター[編集]

科学特捜隊[編集]

ハヤタ
特殊潜航艇S-16
ジェットビートル
ウルトラマン

敵キャラクター[編集]

ガボラ
テレスドン
ゴモラ
ペスター
レッドキング
ジェロニモン
シーボーズ
ザンボラー
ゼットン

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミリーコンピュータMagazine14.27/25点[1]

ゲーム誌『ファミリーコンピュータMagazine』の読者投票による「ゲーム通信簿」での評価は以下の通りとなっており、14.27点(満25点)となっている[1]

項目 キャラクタ 音楽 操作性 熱中度 お買得度 オリジナリティ 総合
得点 3.25 2.74 2.67 2.74 - 2.87 14.27

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「5月24日号特別付録 ファミコンディスクカード ゲームボーイ スーパーファミコン オールカタログ」『ファミリーコンピュータMagazine』第7巻第10号、徳間書店、1991年5月24日、 26頁。

外部リンク[編集]