阿井渉介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
阿井 渉介
あい しょうすけ
誕生 阿井文瓶
(1941-12-02) 1941年12月2日(75歳)
中華民国の旗 中華民国 北京市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 1973年 -
ジャンル 推理小説海洋冒険小説
代表作 魂丸
主な受賞歴 第35回小説現代新人賞
デビュー作 第八東龍丸
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

阿井 渉介(あい しょうすけ、1941年12月2日 - )は、日本の小説家。本名、阿井文瓶(あい ぶんぺい)[1]

人物・来歴[編集]

1941年中国北京市に生まれる。1943年静岡県藤枝市に、1953年に焼津市に移り住む。早稲田大学文学部卒業後、広告代理店、家具商を経て、1972年、大学時代に親しくなっていた脚本家の石堂淑朗に師事した[2]。石堂の勧めで『ウルトラマンA』のフォース助監督を務める傍ら、脚本家としての基礎を学ぶ[3]1973年、本名の阿井文瓶名義で『ウルトラマンタロウ』第26話の脚本を執筆しデビュー。以後『ウルトラマンレオ』のほか、『七人の刑事』『特捜最前線』『風が燃えた』など一般ドラマの脚本を執筆。

1980年、阿井渉太郎名義の『第八東龍丸』で第35回小説現代新人賞を受賞、以後小説家生活に入る。

講談社「小説現代」等に短編中間小説を発表する傍ら、長編推理小説を手がける。

ほかに、海洋冒険小説も発表。

主な作品に『視聴率の身代金』『列車消失』『逆鱗の島に還れ』『荒南風』『魂丸』『大断層の東』『大江戸ひっくり返史』など多数。『荒南風』は推理作家協会賞候補作。

『うなぎ丸の航海』は世界初のうなぎ産卵場発見を目指す東京大学調査船『白鳳丸』への同乗航海記。

『捏像 はいてなかった赤い靴 定説はこうして作られた』は、童謡「赤い靴」の少女にはモデルがあったとされる従来の通説が、テレビ番組の捏造による、全く根拠のない虚説であることを検証、告発したノンフィクション。

『大江戸ひっくり返史』は日本史裏読みの歴史エッセイ。

2010年に阿井文瓶名義で発表された『伏龍 海底の少年特攻兵』は、太平洋戦争末期に海軍によって計画され、極秘裏に訓練されていたアクアラングによる海底特攻作戦が描かれている。

主な脚本作品[編集]

著書[編集]

  • 『視聴率の身代金』講談社ノベルス 1983
  • 卑弥呼殺人事件』講談社ノベルス 1983 のち徳間文庫  
  • 『追跡 黒き叛流の果てに』トクマ・ノベルズ 1985
  • 『能登・泣き砂の殺意』講談社ノベルス 1985
  • 『京都原宿ハウスマヌカン殺人事件』講談社ノベルス 1987
  • 『逆鱗の島へ還れ』徳間書店 1987
  • 『北列車連殺行』講談社ノベルス 1988 のち文庫 
  • 『火の湖列車連殺行』講談社ノベルス 1989 「湖列車連殺行」文庫 
  • 『雪列車連殺行』講談社ノベルス 1989 のち文庫  
  • 『列車消失』講談社ノベルス 1990 のち文庫 
  • 『終列車連殺行』講談社ノベルス 1990 のち文庫
  • 大久保長安の黄金」殺人行 トクマ・ノベルズ 1991
  • 『赤い列車の悲劇 駅消失。列車迷走!』講談社ノベルス 1991 のち文庫
  • 『Y列車の悲劇 乗客消失!』講談社ノベルス 1991 のち文庫 
  • 『銀河列車の悲しみ』講談社ノベルス 1992 のち文庫 
  • 『虹列車の悲劇』講談社ノベルス 1992 のち文庫 
  • 『黒い列車の悲劇』講談社ノベルス 1993 のち文庫 
  • 『生首岬の殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994 のち文庫 
  • 『まだらの蛇の殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994 のち文庫 
  • 『蒼ざめた馬の殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994
  • 『風神雷神の殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994 のち文庫 
  • 『雪花嫁の殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994 のち文庫 
  • 『ドッペルゲンガーの殺人 警視庁捜査一課事件簿』講談社ノベルス 1994
  • 『汝が崇めたるを焼け 男になるための第一章!』講談社ノベルス 1995
  • 『荒南風』講談社 1997 のち文庫 
  • 『夜明けまぢかに殺されて』トクマ・ノベルズ 1998
  • 『大断層の東』実業之日本社 2000
  • 『魂丸 海図なき逃亡』徳間書店 2000 のち文庫 
  • 『ときめきのとき殺されて』実業之日本社 2003 (Joy novels)
  • 『大江戸ひっくり返史 露八史観』河出書房新社 2007
  • 『うなぎ丸の航海』講談社文庫 2007
  • 『捏像はいてなかった赤い靴 定説はこうして作られた』徳間書店 2007
  • 『伏龍 海底の少年特攻兵』(阿井文瓶名義)河出書房新社 2010

出演[編集]

出典[編集]

  1. ^ 『君はウルトラマン80を愛しているか』(辰巳出版・2006年) p.236
  2. ^ 『別冊てれびくん (9) ウルトラマン80』(小学館・1980年) p.68
  3. ^ 『心にウルトラマンレオ』(辰巳出版・2001年) p.222