佐川和夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さがわ かずお
佐川 和夫
生年月日 (1939-10-29) 1939年10月29日(78歳)
国籍 日本の旗 日本
職業 特撮監督
ジャンル 特殊撮影
活動期間 1964年 -
主な作品
ウルトラシリーズマイティジャックミラーマン

佐川 和夫(さがわ かずお、1939年10月29日[1] - )は、日本特撮監督

略歴[編集]

日本大学藝術学部卒業。在学中に円谷プロダクションに出入りし、円谷英二に師事する[2]。卒業後東宝特殊技術課を経て、円谷プロダクションに入社[3]

ウルトラQ』で撮影助手として始動、『ウルトラマン』、『ウルトラセブン』でキャメラマンを務めた後、『マイティジャック』の第4話「祖国よ永遠なれ!!」で特技監督デビュー[4]。『帰ってきたウルトラマン』の第13話「津波怪獣の恐怖 東京大ピンチ!」で初めてウルトラシリーズの特撮監督を務めた

その後、様々な円谷作品に関わった後、1977年にフリー[3][5]

1979年の『バトルフィーバーJ』で東映特撮作品にも参加。1980年に特撮研究所に籍を置き[3]、以降は1996年の『超光戦士シャンゼリオン』までは特撮研究所が担当する作品が中心となった。

1982年にデン・フィルム・エフェクトに在籍、1985年に再びフリーとなった[3]

1993年の『電光超人グリッドマン』で円谷作品に復帰。その4年後の『ウルトラマンティガ』第47話「闇にさようなら」で『ウルトラマン80』第50話「あっ! キリンも象も氷になった!!」以来16年ぶりとなるウルトラシリーズの特技監督を務めた。その後『ウルトラマンダイナ』『ウルトラマンガイア』『ウルトラマンコスモス』の特撮監督を担当した。『ウルトラマンコスモス』の第65話「真の勇者」を最後に演出作品はなく、現在は時折、特撮関係のムックでインタビューに答えている様子も見られる。

光学撮影技師の中野稔[3]、監督の東條昭平[6]坂本太郎とは日芸で同期だった。また、香港のプロデューサーである蔡瀾とは日芸時代の友人であり、その縁で香港映画の特撮を手掛ける[3]

ウルトラシリーズの特撮演出本数109本(映画含めて)。

作風[編集]

ダイナミックなメカ描写を得意とし、「飛びの佐川」とも呼ばれた[2]。またカメラマンであった経験からカメラやフィルムに精通しており、『マイティジャック』でのハイスピードカメラによる撮影や『スターウルフ』でのネガフィルムの反転を応用した半ダブラシ合成などでそのノウハウが活かされている[7]。他の演出家なら妥協するような場合でも良しとせず突き詰める性格であるため[7]、テレビシリーズの初期数話でワンクール分の特撮費用を使いきってしまうことや[8]、テレビ局への納品がギリギリになることもあったという[9]

主な特技監督作品[編集]

テレビ[編集]

映画[編集]

撮影参加作品[編集]

監督作品[編集]

出演[編集]

  • ウルトラ情報局(『ウルトラマン』編、『ウルトラマンA』編)
  • DVD『マイティジャック』Vol.3(第7話「月を見るな!」音声特典オーディオコメンタリー)

脚注[編集]

  1. ^ 魂の骨格 第27回 特技監督 佐川和夫 魂ウェブ
  2. ^ a b 『怪奇大作戦大全』p251、荻野友大・白石雅彦・なかの★陽編、双葉社、2001年
  3. ^ a b c d e f 『日本映画人名事典 監督編』「佐川和夫」の項目、キネマ旬報社、1997年
  4. ^ a b (日本語) 電光超人グリッドマン VOL.7 (DVD). 円谷プロダクション、東映ビデオ.. (2013年4月21日). ASIN:B009SDVN2E、EAN:4988101168897  封入解説書 特撮監督 佐川和夫インタビューより。
  5. ^ 前述の『グリッドマン』のインタビューでは80年フリーとなっている[4]
  6. ^ 「pickup interview 東條昭平」『洋泉社MOOK 別冊映画秘宝 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦』 洋泉社、2013年、57頁。ISBN 978-4-8003-0174-1
  7. ^ a b SFドラマ大図鑑 2013, pp. 62 - 63, Staff Interview 佐川和夫.
  8. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 115, Pickup Interview 深沢清澄.
  9. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 147, Pickup Interview 宍倉徳子.
  10. ^ 『日常洋画劇場』p89 洋泉社刊

参考文献[編集]

関連項目[編集]