恐怖劇場アンバランス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
恐怖劇場アンバランス
ジャンル ホラー
ミステリー
サスペンス
放送時間 月曜日23:15 - 翌00:10(55分)
放送期間 1973年1月8日 - 4月2日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 円谷プロダクション
フジテレビ
監督 鈴木清順
藤田敏八
長谷部安春
山際永三
神代辰巳
森川時久
黒木和雄
満田かずほ
鈴木英夫
井田深
原作 円地文子
西村京太郎
松本清張
山田風太郎
仁木悦子
樹下太郎
脚本 田中陽造
小山内美江子
若槻文三
市川森一
山崎忠昭
滝沢真里
満田かずほ
山浦弘靖
上原正三
プロデューサー 熊谷健
新藤善之
出演者 青島幸男
ナレーター 村越伊知郎(予告編)
音声 モノラル放送
オープニング 作曲:冨田勲「メインタイトル(M-2)」
エンディング 作曲:冨田勲「エンドタイトル(M-5)」

特記事項:
制作は1969年7月 - 1970年3月
テンプレートを表示

恐怖劇場アンバランス』(きょうふげきじょうアンバランス)は、フジテレビ系列1973年1月8日から4月2日まで毎週月曜日23:15 - 翌00:10(JST)に放送された日本のテレビドラマ円谷プロダクション制作。全13話。

なお、タイトルの「劇」の字はロゴ上では略字[注 1]になっているが、それ以外では正式な字が使用されるのが通例となっている。この略字はコンピュータ上で表示できないため、本項も通例に沿って表記するものとする。

概要[編集]

円谷プロが『怪奇大作戦』に続いて製作した、本格オムニバスホラーの大人向け1時間ドラマである。『ウルトラQ』の企画時のタイトルだった「アンバランス」を冠しており、円谷プロにとって原点回帰の意味も込められていた。『怪奇大作戦』では科学技術の内包する暗黒とそれを利用する犯罪者の恐怖が描かれたが、本作では日常や常識のバランスが崩れた不可解で理不尽な恐怖が題材とされた。制作初期はオリジナル脚本によるオカルト路線だったが、後半は原作付きのサスペンス路線にシフトしていき、結果的に幅広い意味での恐怖が描かれることになった。

円谷プロとしては珍しく日活の監督陣を多く起用している点、作り手として名高い面々(大和屋竺蜷川幸雄唐十郎野坂昭如)が俳優として出演している(しかも野坂以外は主役かタイトルロール)点などが特徴である。現在から見れば豪華な演出陣であるが、このうち当時から有名監督だったのは『若者たち』の森川時久ぐらいである。鈴木清順藤田敏八神代辰巳黒木和雄が、キネマ旬報ベストテンに続々と作品を入賞させて批評家筋でも巨匠扱いされるのは後の話であり、長谷部安春鈴木英夫のマニア人気もまだ上昇途上だった。特に鈴木と神代は日活から干されて映画撮影が出来ず、テレビドラマを撮っていた時期の参加であった[1]。参加した監督や脚本家の多くはプロデューサーの熊谷健新藤善之らの行きつけであった新宿ゴールデン街のバーの常連客であった[2]

各回は独立した内容であるが、共用セットとしてマンションの一室が組まれ、作品毎に装飾を変えて使用された[3]。第6話では、第4話に登場した劇団からしだねのポスターが貼られている[4]

ゴールデンタイムでの放送を想定して1969年7月から制作を開始し、翌年3月までに制作は終了していた[5]。しかし、過激な恐怖描写[注 2]のために「スポンサーが付きにくい」などの理由でお蔵入りになってしまう[注 3]。フジテレビの五社英雄は、『アンバランス』と『ジキルとハイド』『無宿侍』の三本を五社英雄アワーとして3クールで売り込もうとしていたが、いずれもお蔵入りになっている[7][注 4]

結局、放送されたのは制作開始から3年以上経過した1973年で、しかも当初の予定とは異なり深夜枠での放送となった。放送にあたっては制作順に囚われず、監督や原作の知名度を基準に放送順を決めたという。それと同時に、青島幸男による解説が新たに撮り起こされ、各話の冒頭と最後に挿入された[8][9]。そのため青島の名がエンドクレジットに無い。

第1話「木乃伊の恋」は劇場公開もされている[10]

企画の経緯[編集]

戦え! マイティジャック』と『怪奇大作戦』が終了するためこれらに続く企画として、円谷英二が入院し金城哲夫上原正三が退社するという苦境の中、満田かずほ熊谷健田口成光が中心となって立ち上げられた[11]。企画は元フジテレビ社員の円谷皐も同行してフジテレビに持ち込まれたが、『マイティジャック』の失敗もあり約束を取り付けるのもままならなかったという[11]

最初に企画された時のタイトルは『ホラーX』。放送枠は30分、「メフィスト」と呼ばれる案内人(イメージキャストとして天本英世が挙げられている)が「ホラー坊や」と呼ばれるしゃべる人形(視聴者を代表する立場)に怖い話を聞かせるという形で物語が展開される、子供向けを強く意識したものだった。

次の企画タイトルは『恐怖劇場アンバランス・ゾーン』。スナック「アンバランス」の常連たちが怖い話を語ったり怪事件に巻き込まれたりするという、数人のレギュラーを想定したものだった[12]

これらの企画を経て完成作品に至る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

解説映像スタッフ[編集]

各話リスト[編集]

話数 制作
No.
放送日 サブタイトル 原作 脚本 監督
第1話 10 1月08日 木乃伊(みいら)の恋 円地文子『二世の縁 拾遺』 田中陽造 鈴木清順
第2話 7 1月15日 死を予告する女 小山内美江子 藤田敏八
第3話 9 1月22日 殺しのゲーム 西村京太郎『殺しのゲーム』 若槻文三 長谷部安春
第4話 6 1月29日 仮面の墓場 市川森一 山際永三
第5話 5 2月05日 死骸(しかばね)を呼ぶ女 山崎忠昭 神代辰巳
第6話 11 2月12日 地方紙を買う女 松本清張『地方紙を買う女』 小山内美江子 森川時久
満田かずほ
(監督補)
第7話 12 2月19日 夜が明けたら 山田風太郎「黒幕」
(連作集『夜よりほかに聴くものもなし』第六話)
滝沢真里 黒木和雄
第8話 8 2月26日 猫は知っていた 仁木悦子『猫は知っていた』 満田かずほ
第9話 3 3月05日 死体置場(モルグ)の殺人者 山浦弘靖 長谷部安春
第10話 13 3月12日 サラリーマンの勲章 樹下太郎『消失計画』 上原正三 満田かずほ
第11話 2 3月19日 吸血鬼の絶叫 若槻文三 鈴木英夫
第12話 1 3月26日 墓場から呪いの手 満田かずほ
最終話 4 4月02日 蜘蛛の女 滝沢真里 井田深

未映像化作品[編集]

朱色の子守唄
脚本 - 上原正三
犬神憑きと水俣病を題材にした作品[13]鈴木清順監督作品用に執筆されたが、鈴木は自分には合わないとして直接上原宅へ原稿を返却に訪れ、第1稿の段階で制作は断念された[13]。印刷台本は発見されておらず、作者の手書き原稿のみが現存する。2009年、上原正三シナリオ選集のDVD特典として収録された。
月下美人屋敷狂い
脚本 - 上原正三
人肉を肥料に育った月下美人の樹液で永遠の若さを保とうともくろむ、女の妄執を描く物語。このシナリオを元に真船禎監督と打ち合わせが行われ、「おそろしき手鞠唄」が執筆されるが、内容はまったくの別物である[13]。本作も印刷台本は発見されておらず、手書き原稿の青コピーのみが現存する。2009年、上原正三シナリオ選集に収録された。
おそろしき手鞠唄
脚本 - 上原正三
娘を殺された母親の復讐を描く。あまりにも陰惨な物語や「人肉を食う」という描写のため、撮影されなかった[13]。1985年、宇宙船文庫「24年目の復讐〜上原正三シナリオ傑作集」に収録された後、切通理作の著書『怪獣使いと少年』の中でその内容について断片的に触れられている。
幽霊船の女
脚本 - 千束北男
2007年、DVD第4巻の特典としてオーディオドラマ化された。脚本は新たに書き下ろされたものを使用している。1978年には本作を原案として、『日曜恐怖シリーズ』の一篇「怪しの海」として映像化された。監督は中川信夫
タイトル不明
脚本 - 山崎忠昭
ブードゥー教の呪いを題材とした作品。長谷部安春が監督予定であった[14]
タイトル不明
脚本 - 山崎忠昭
猿の脳みそを食べた美食家が、猿の霊に祟られる物語。大和屋竺が監督予定であった[14]

関連商品[編集]

  • CD
    いずれも本作のために作られた楽曲のうち、音源の現存が確認されているものを全曲収録している。
  • 映像ソフト
    • VHS - 傑作選全3巻。第1巻に第1話を、第2巻に第4話と第12話を、第3巻に第8話と第13話を収録。予告編と青島幸男の解説映像は未収録。
    • LD - 全13話を収録したBOX仕様。
    • DVD - デジタルウルトラシリーズ全6巻。各巻2話収録(最終巻のみ3話収録)。各巻に映像特典を収録したほか、第2巻を除く全巻の初回生産分に当時の資料の一部(企画書、一部エピソードの脚本)を縮刷して封入。
    • Blu-ray - 全13話を収録したBOX仕様。「恐怖劇場アンバランス Blu-ray BOX」、東映株式会社・東映ビデオ株式会社、2016年3月9日。

関連作品[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ が「虍」。元の「劇」から「豕(豕部)」を欠いた字。
  2. ^ 特に初期制作分はテレビ番組の枠を逸脱することが多く、制作No.3「死体置場の殺人者」は放送の際に、フジテレビからの要請で100カット以上も削除されたという。
  3. ^ 制作第1話「墓場から呪いの手」で一般対象の試写を行ったところ、アンケートでは怖すぎて観ないという回答が多数であった[6]
  4. ^ 「五社英雄アワー」の名はその後『雪之丞変化』と『新三匹の侍』で使用された。
  5. ^ 「飯沼」と誤記。
  6. ^ 初期制作分では「田勲」の表記も見られる。

出典[編集]

  1. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 79、83.
  2. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 58, 田口成光インタビュー.
  3. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 80、108.
  4. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 84.
  5. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、182頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  6. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 90、108.
  7. ^ 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 102 - 103, 山際永三インタビュー.
  8. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、103頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  9. ^ 大石真司、江口水基・島崎淳・間宮尚彦 『円谷プロ全怪獣図鑑』 小学館、2013年、65頁。ISBN 9784096820742
  10. ^ 宇宙船SPECIAL ’70年代特撮ヒーロー全集』 監修 金田益実、朝日ソノラマ1998年5月30日、122頁。ISBN 4-257-03533-1
  11. ^ a b 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 108 - 109.
  12. ^ 『円谷プロ特撮大鑑』 朝日ソノラマ1988年、226頁。ISBN 4257032529 
  13. ^ a b c d 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, pp. 71 - 74, 怪奇と恐怖のあいだに 資料・証言・上原正三.
  14. ^ a b 円谷プロ怪奇ドラマ大作戦 2013, p. 81.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 月曜日23:15 - 翌00:10
前番組 番組名 次番組
恐怖劇場アンバランス
(1973.1.8 - 1973.4.2)