若槻文三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

若槻 文三(わかつき ぶんぞう、1930年10月3日[1] - 1993年[2])は、日本の脚本家。本名は金本明[1]大阪府生まれ[1][3]関西学院大学出身[1]

経歴[編集]

1966年、ドラマ『月曜日の男』でプロデューサー、脚本、監督を務めていた飯島敏宏の誘いで『ウルトラマン』の脚本を執筆[3]。これをきっかけに円谷プロ作品の常連ライターとして活躍。同社の作品については、TVシリーズ18番組、単発TV映画3作、劇場映画2作(再編集物を除く)という、群を抜いて最多参加の脚本家となっている。関西ローカルで放送された『部長刑事』では最も長期にわたって脚本を手がけた一人である。

主な参加作品[編集]

テレビドラマ[編集]

特撮・アニメ[編集]

未映像化作品[編集]

  • 大激流(ウルトラセブン)
  • 死を配達する男X(怪奇大作戦)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 『ファンタスティック コレクションNo.29 ウルトラセブン SFヒーローのすばらしき世界』(朝日ソノラマ・1983年) p.49
  2. ^ 宇宙船』Vol.65(朝日ソノラマ・1993年夏季号) p.64
  3. ^ a b テレビマガジン特別編集『ウルトラマン大全集』(講談社・1987年) p.246
  4. ^ 「Column 円谷映像の作品群」『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、203頁。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  5. ^ 制作自体は1969 - 1970年。
  6. ^ 日本未公開作品。
  7. ^ 日本での初公開は1979年。