月曜日の男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
月曜日の男
ジャンル テレビドラマ
脚本 山田正弘
宮川一郎
藤川桂介
ほか
演出 飯島敏宏
今野勉
出演者 待田京介
ほか
オープニング 水原弘「月曜日の男」
製作
プロデューサー 飯島敏宏
制作 松竹テレビ室
TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
1961年9月まで
放送期間 1961年7月17日 - 1961年9月25日
放送時間 月曜 21:15 - 21:45
各話の長さ 30分
1961年10月以降
放送期間 1961年10月2日 - 1964年7月27日
放送時間 月曜 21:30 - 22:00
各話の長さ 30分

月曜日の男』(げつようびのおとこ)は、1961年7月17日から1964年7月27日までTBS系列局で放送されていたテレビドラマである。松竹テレビ室とTBSの共同製作。ロート製薬の一社提供。全159話。

概要[編集]

推理作家の持統院丈太郎、通称:JJが活躍するアクションドラマである。精悍なマスクのキザなJJは黒い帽子を阿弥陀に被り、口もとを少し歪めたニヒルな微笑みを浮かべてMGTDオープンに乗り、難事件を解決していく。主題歌は水原弘が歌っていた。

朝日放送製作の前番組『ダイラケ二等兵』からスポンサーを引き継いだことにより、本番組はTBS製作番組では初のロート製薬提供番組となった。

最高視聴率は、1963年8月12日放送分の40.9%[1]ビデオリサーチ調べ)。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時。「キー局番組編成変遷ひょ〜」で判明。

  • 月曜 21:15 - 21:45 (1961年7月17日 - 1961年9月25日)
  • 月曜 21:30 - 22:00 (1961年10月2日 - 1964年7月27日)

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放送局[編集]

脚注[編集]

  1. ^ あの時の視聴率/50年の歩み/代表者メッセージ”. jump50-おかげさまで50年- Video Research. ビデオリサーチ. 2017年10月10日閲覧。
  2. ^ 窪田篤人、千束北夫の名は『TBS50年史』を参照。なお、千束北夫は飯島のペンネーム。千束北男となるのは『ウルトラマン』以降。
  3. ^ 今野勉著『テレビの青春』より。本作は今野勉のデビュー作である。
  4. ^ 『バルタンの星のもとに』より。

外部リンク[編集]

TBS系列 月曜21:15枠
【本番組までロート製薬一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
ダイラケ二等兵
(1961年3月 - 1961年7月10日)
※21:15 - 21:45
月曜日の男
(1961年7月17日 - 1961年9月25日)
咲子さんちょっと
(1961年10月2日 - 1963年12月30日)
※21:00 - 21:30
TBS系列 月曜21:30枠
【ロート製薬一社提供枠】
ダイラケ二等兵
(1961年3月 - 1961年7月10日)
※21:15 - 21:45
月曜日の男
(1961年7月17日 - 1964年7月27日)
おれの番だ!
(1964年8月3日 - 1967年6月26日)
※21:30 - 22:00
TBS系列 月曜21:45枠
【本番組からロート製薬一社提供枠】
TBSニュース
※21:45 - 21:55
スポーツニュース
※21:55 - 22:00
月曜日の男
(1961年10月2日 - 1964年7月27日)
おれの番だ!
(1964年8月3日 - 1967年6月26日)
※21:30 - 22:00