澤田駿吾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
澤田 駿吾
出生名 澤田駿五
生誕 (1930-02-10) 1930年2月10日
出身地 日本の旗 日本 愛媛県
死没 (2006-08-28) 2006年8月28日(76歳没)
担当楽器 ギター

澤田 駿吾(さわだ・しゅんご、本名:澤田駿五、1930年2月10日 - 2006年8月28日)は、日本ジャズミュージシャンギタリスト

人物[編集]

1930年2月10日愛媛県西宇和郡八幡浜町出身。少年時代に『姉妹と水兵』(1943年アメリカ映画)を見て、劇中のギター演奏に魅せられたのがギターを始めるきっかけになったと言う。

第二次世界大戦後に東京へ出て、本格的にジャズギターを始めると共に、米軍キャンプを回るようになる[1]

1954年神奈川県横浜市伊勢佐木町にあったクラブ:モカンボで行われた『モカンボ・セッション』では、ハナ肇植木等守安祥太郎らと共に参加している[1]

1957年チコ・ハミルトン楽団のギタリストだったデンプシー・ライトに弟子入りし、本格的なジャズギターテクニックの伝授を受けた。

また、作曲家としても活動し、東京放送(現在のTBSテレビ)系列のテレビドラマ月曜日の男』の劇伴音楽と主題歌の作曲を手掛けるなど数多くの作品も残した。

ジャズギタリストとしては自らバンドを率いたり、前田憲男など音楽仲間のバンドに参加するなど、幅広い活動を展開した。一方では1975年に『ルーツ音楽院』というジャズマン養成の音楽学校を開校し、初代校長として後進の指導に当たった。

2006年8月28日肝細胞癌の為に逝去[2]。76歳没。

作品[編集]

作曲[編集]

アルバム[編集]

参考資料[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 座談会・ジャズの街横浜 『有鄰』No.443号 有隣堂書店 平成16年10月10日
  2. ^ ジャズギタリスト沢田駿吾氏死去 夕刊フジ 2006年8月30日閲覧

外部リンク[編集]