市川森一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いちかわ しんいち
市川 森一
生年月日 (1941-04-17) 1941年4月17日
没年月日 (2011-12-10) 2011年12月10日(満70歳没)
出生地 日本の旗日本長崎県
ジャンル 脚本家、劇作家、コメンテーター。
活動期間 1966年 - 2011年
主な作品

ウルトラセブン
傷だらけの天使
黄金の日日
淋しいのはお前だけじゃない
モモ子シリーズ
『風の盆から』


市川 森一(いちかわ しんいち、1941年(昭和16年)4月17日 - 2011年(平成23年)12月10日[1])は、日本の脚本家、劇作家、小説家、コメンテーター、学校法人鎮西学院理事・評議員、長崎歴史文化博物館名誉館長、日本放送作家協会理事長。長崎県諫早市出身。

来歴・人物[編集]

鎮西学院中学部、長崎県立諫早高等学校を経て日本大学藝術学部卒業。妻は『マキちゃん日記』で知り合った女優の柴田美保子[2]。妹は放送作家の市川愉味子(井上愉味子)[3][4]。父は旧海軍大村航空隊の教官。

1966年(昭和41年)に円谷プロダクション製作の子供向け特撮番組『快獣ブースカ』第4話「ブースカ月へ行く」で脚本家デビューする。その後しばらくの間は、子供番組を中心に執筆していた。当初メインライターを務めた『ウルトラマンA』を最後に大人番組に軸足を移して脚本活動を行った。

1979年(昭和54年)、舞台『黄金の日日』の戯曲により大谷竹次郎賞受賞。1981年(昭和56年)、『港町純情シネマ』などにより芸術選奨新人賞受賞。1983年(昭和58年)、『淋しいのはお前だけじゃない』により第1回向田邦子賞受賞。1989年(平成元年)、『異人たちとの夏』により日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞。同年、『明日 - 1945年8月8日・長崎』『もどり橋』『伝言』により芸術選奨文部大臣賞受賞。1999年(平成11年)、『幽婚』によりモンテカルロ・テレビ祭最優秀脚本賞受賞。2003年(平成15年)に紫綬褒章受章。

脚本家としての活動のみならず、ワイドショー番組にコメンテーターとして出演するなど幅広く活動している。なかでも長らく「日本アカデミー賞授賞式」のテレビ中継内では予想屋として出演。ことごとく外れる予想で知られた。

2003年(平成15年)からは、日本脚本アーカイブズの発足に尽力した。後に日本脚本アーカイブズ推進コンソーシアムとして実現した。

2011年(平成23年)には旭日小綬章を受章。その受章の際、内閣からの公式発表前にマスコミ各社が事前に行う記者取材が10月27日に予定されていたが、その日に急な発熱を起こして入院し、その際に受けた検査で肺がんが発見され、闘病生活に入っていたという[5]

2011年(平成23年)12月10日肺がんのため死去[1]。70歳没。戒名は祇承院弘庸森叡居士。キリスト教の洗礼を受けていたが、本人の生前の希望により一族の菩提寺に埋葬された[6]。死後に故郷・長崎への思いを込めた市川の遺稿が妻により発表された[5]

死後、福地茂雄を理事長として一般財団法人市川森一脚本賞財団が設立され、新進脚本家を対象とした「市川森一脚本賞」が2013年より選定されている[7]

エピソード[編集]

  • キリスト教の信仰を持つに至ったのは、10歳で亡くした実母の入院先が長崎市内のカトリック系の病院だったことが契機である[8]
  • キリスト教の影響を多大に受けており、ウルトラシリーズの脚本では、新約聖書神話に由来する名前を持つ怪獣や設定を多用したことでも知られる(ペテロバラバゴルゴダの丘→ゴルゴダ星、アイスキュロスアイロス星人マナ→フルハシ・マナ、プロメテウスプロテ星人サロメサロメ星人など)。
  • 高校生の頃、山奥に隠れるようにしてタバコを吸っていたところ、火の不始末が原因で諫早の山をひとつ山火事にしている。当時は名乗り出ることができず原因不明で終わったが、コメンテーターとしてテレビ出演する頃になって時効を理由に自ら白状した[9]
  • 修行時代、はかま満緒主宰「はかまお笑い塾」では、萩本欽一車だん吉ポール牧ら多くの芸人脚本家としのぎを削りあった。後年、日本テレビの開局40周年スペシャルドラマ『ゴールデンボーイズ』で、若かりし頃の萩本(演者は小堺一機)のこれらのエピソードを描いている。
  • 『快獣ブースカ』第4話「ブースカ月へ行く」は円谷英二がかねてから「竹取物語」の映像化を懸案しているのを知った市川が、かぐや姫の物語をイメージソースに仕立てた作品である。
  • 1960-1970年代に『コメットさん』『恐怖劇場アンバランス』『帰ってきたウルトラマン』など多くの作品で組んだ山際永三監督を「僕が唯一人、ドラマの師匠と仰ぐ方」と語っている[10]
  • 子供番組で唯一メインライターに任命された『ウルトラマンA』を、1クール消化の時点で降板してしまうが、その理由として「男女の性を超越した神としてのウルトラマン像」、「観念的な悪意の具象化であるヤプール」、「徹底したSF路線の追及」といった、企画段階で市川が提示した要素が全て排除されてしまい、ウルトラシリーズに対する情熱を急速に失ってしまったが故に、と発言している。しかし、同作品の橋本洋二プロデューサーに「メインライターの責任として最終回も書け」と命じられ、番組終了間際に復帰。最終回のラストでエースが発した「最後の願い」は、市川的には方向性の合わない作品へと変貌したウルトラシリーズへの「捨て台詞」のつもりで書いたものだったという。しかし、後年になって周囲から「最後の願い」に纏わる感想を聞く機会が随分増えたと語っている[11]
  • シルバー仮面』第23話「東京を砂漠にしろ!!」に登場するフンドー星人は、あさま山荘事件の生中継を見て警察が使用した鉄球から着想を得た[12]
  • 子供向け番組から時代劇、青春ドラマなどジャンルを問わず様々な作品を執筆したが、自身が早くに母を亡くしていたことから、家族団欒を描くホームドラマは書けないとしていた[6]
  • 親戚たち』は、出身地である諫早市が舞台になっている。主役には当時時代劇俳優であった同郷の役所広司を抜擢、市川はこの後も役所を積極的に起用し、役所が俳優として有名になるきっかけを作っている。市川と役所は同郷というだけでなく、市川と役所の兄が同級生で、旧知の仲であった。[13]
  • 盟友・長坂秀佳が手掛けた1990年(平成2年)版『燃えよ剣』に、長坂の「悪戯心」で俳優としてキャスティングされるが、市川も自作『野望の国』に長坂が出演することを交換条件として提示[14]。結果、両者はお互いの作品で単なるカメオ出演に留まらぬ演技力を披露した。
  • 2011年(平成23年)に『蝶々さん〜最後の武士の娘〜』の試写会に出席した際、「この年になると、一作一作が遺作のつもりでやっている。作品によっては、これが遺作になるのはイヤだなと思ったりする。今日、この作品を拝見して、こういう作品が生涯の遺作になれば幸運だなと思ったりしました」と語ったが、結果的にこれが最後の脚本テレビドラマ作品となった[15]
  • 古事記』の舞台化をライフワークの一つと考えており、生前には実現しなかったが、没後に妻・美保子と妹・愉味子により『ドラマティック古事記』として上演された[2]

作品歴[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

舞台[編集]

  • 黄金の日日(1977年)[注釈 3]
  • 楽劇Anzuchi(1987年)
  • 水に溺れる魚の夢(1993年、東京ヴォードヴィルショー
  • 舞踊劇・唐人凧(1997年)
  • 屋島篝火歌舞伎・袈裟の良人(1998年)
  • ヴェリズモ・オペラをどうぞ!(1998年、シアターナインス)
  • リセット(1999年、青年座
  • 海のサーカス団(2003年、アルカス佐世保)
  • 乳房(2003年、青年座)[注釈 3]
  • 踏絵黙示録(2003年)
  • 銀河鉄道の夜(2004年、わらび座

ラジオ[編集]

  • 阿含名作シリーズ(阿含宗) - 構成

著書[編集]

  • 淋しいのはお前だけじゃない(1982年、三草社→大和書房
  • 市川森一センチメンタルドラマ集(1983年、映人社)
  • 傷だらけの天使(1983年、大和書房)
  • 港町純情シネマ(1983年、大和書房)
  • 万葉の娘たち(1983年、大和書房)
  • ダウンタウン物語(1984年、筑摩書房
  • 黄色い涙(1984年、大和書房)
  • 太陽にほえろ!(1984年、大和書房)
  • 親戚たち(1985年、大和書房)
  • 市川森一メランコリックドラマ集(1986年、映人社)
  • 楽劇Anzuchi(1987年、白水社
  • 婚約(1987年、大和書房)
  • 紙ヒコーキが飛ばせない(1988年、実業之日本社
  • 故郷・明日・家路(1989年、日本テレビ放送網
  • 夢回路 魔法・怪獣・怪奇・ウルトラマン・青春・犯罪(1989年、柿の葉会)
  • 夢帰行(1991年、海越出版社)
  • 市川森一ノスタルジックドラマ集(1993年、映人社)
  • 私が愛したウルトラセブン(1993年、日本放送出版協会
  • 夢暦長崎奉行(1996〜1997年、光文社光文社文庫
  • 鏡は眠らない(1997年、シングルカット社)
  • ヴェリズモ・オペラをどうぞ!(1998年、シングルカット社)
  • 夢の標本(1998年、シングルカット社)
  • リセット(1999年、シングルカット社)
  • 傷だらけの天使(2003年、新風舎文庫
  • コムタチンコムタチン(2005年、新風舎)
  • 蝶々さん(2008年、講談社講談社文庫
  • 幻日(2011年、講談社)

その他[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

俳優活動[編集]

DVD[編集]

演じた俳優[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 自作テレビドラマの映画化。
  2. ^ 自作小説のテレビドラマ化。
  3. ^ a b 自作テレビドラマの舞台化。

出典[編集]

  1. ^ a b 市川森一さん 70歳=脚本家、「黄金の日日」など”. 毎日新聞 (2011年12月10日). 2011年12月10日閲覧。
  2. ^ a b シルバー仮面フォトニクル2 2015, p. 60, 「女優 柴田美保子」
  3. ^ シルバー仮面フォトニクル2 2015, pp. 59、60.
  4. ^ 「市川森一脚本賞」創設 大島里美さんが受賞”. 足立朝日 (2013年5月5日). 2016年8月21日閲覧。
  5. ^ a b 郷里・長崎への思いつづる 市川森一さん朝日新聞に寄稿 朝日新聞 2011年12月10日閲覧
  6. ^ a b シルバー仮面フォトニクル2 2015, p. 61, 「市川夫妻写真館」
  7. ^ 概要”. 市川森一脚本賞 (2012年12月). 2013年5月21日閲覧。
  8. ^ 切通理作『怪獣使いと少年』(1993年、宝島社)[要ページ番号]
  9. ^ 『いつみても波瀾万丈』(2002年(平成14年)7月21日放送)[出典無効]
  10. ^ 光の国から愛をこめて
  11. ^ テレビマガジン特別編集『新・ウルトラマン大全集』(1994年、講談社)[要ページ番号]
  12. ^ シルバー仮面フォトニクル2 2015, p. 58.
  13. ^ 役所広司沈痛…市川森一さんは「東京の兄代わりだった」”. スポーツニッポン (2011年12月10日). 2015年9月3日閲覧。
  14. ^ 長坂秀佳『長坂秀佳術』(2004年、辰巳出版)[要ページ番号]
  15. ^ 市川森一さん急死 NHK大河などの名脚本家”. デイリースポーツ (2011年12月11日). 2011年12月15日閲覧。
  16. ^ ハイビジョンドラマ 風の盆から - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス

参考文献[編集]

外部リンク[編集]