みつはしちかこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
みつはし ちかこ
本名 青木 千禾子[1]
生誕 (1941-01-30) 1941年1月30日(79歳)
茨城県石岡市
国籍 日本の旗 日本
職業 漫画家
活動期間 1962年 -
ジャンル 少女漫画、家庭漫画
代表作小さな恋のものがたり
ハーイあっこです
受賞 日本漫画家協会賞優秀賞(1977年
手塚治虫文化賞特別賞
日本漫画家協会賞文部科学大臣賞(2015年
テンプレートを表示

みつはし ちかこ女性1941年1月30日 - )は、日本漫画家。本名青木 千禾子[1]。代表作は『小さな恋のものがたり』『ハーイあっこです』など。

人物・経歴[編集]

茨城県石岡市生まれで、1歳の時から東京都中野区で育つ。1947年に中野区鷺宮小学校に入学、1953年に中野区立第八中学校に入学。 1956年に東京都立武蔵丘高等学校に入学、美術部に所属後、放送劇部では脚本を書き上げるなどの活動を行った。同部における活動は、後の『小さな恋のものがたり』の原点となる。1959年に同校卒業[2]後、皆川正インダストリアルデザイナーに1960年2月より入所[3]。その後1961年4月よりヨーコーアニメーションに転職。同社倒産後は、日本アニメーション映画社などに勤務。

1959年12月に「イエスのカリタス修道女会」の新聞に「めいこちゃん」を連載後の1962年、代表作となる『小さな恋のものがたり』を『美しい十代』(学研)に連載開始。この間、学研を始めとした幾つかの雑誌に漫画を掲載。最初の単行本は幻余次郎との共著である『マンガ虎の巻』となった。その後1967年11月に『小さな恋のものがたり』の単行本を発売、1970年以降は毎年5月に新刊を刊行し、44巻まで続くロングセラーとなる。1972年に日本テレビ系で実写ドラマ化(岡崎友紀主演)、1984年にはTBS系でアニメ化もされた他、1960年代後期から1970年代後期にかけて、幾つかの少女向け月刊雑誌に連載漫画や、エッセイを連載していた。

また、1980年から朝日新聞日曜版に連載された『ハーイあっこです』は『小さな恋のものがたり』と並ぶ代表作で、明るく朗らかな主婦とその家族の日常を描いた作品として、20年以上にわたる長期連載となり、1984年にフジテレビ系で実写ドラマ化(三田寛子主演)、1988年から1992年にかけてテレビ朝日系でアニメ化もされた。同時期である1982年からは、雑誌「Cobalt」にエッセイを掲載、1990年代まで連載が続いている。 その後、2000年より2008年の間にかけて、スーパーマーケット「サミット」に『アララさん』の連載。後に講談社より単行本化されている。

1977年、『小さな恋のものがたり』で日本漫画家協会賞優秀賞を受賞。2015年、手塚治虫文化賞特別賞、日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。

2013年の時点では町田市玉川学園に在住[4]。その縁で、2006年よりみつはしのイラストがラッピングされたコミュニティバス(玉ちゃんバス)が玉川学園地区内で運行されている。この他にも1998年には伊予銀行に描いたイラストの掲載、2008年には赤い羽根のボランティアコミック『アクションガイド』Vol.6に漫画を掲載が行われた。

作品リスト[編集]

漫画[編集]

  • 小さな恋のものがたり(1〜44集、学研/のち文庫化)
  • 無題(光文社の雑誌「マイホーム」にて1963年2月~3月に連載)[5]
  • リトル・タイラント(大和証券の冊子「ゴールド・プラン」にて1963年6月から同10月まで連載)
  • つめたいつめたい少女の日記(「美しい十代」にて1964年掲載)
  • アッコと先生(「美しい十代」にて1964年連載)
  • となりのケン(秋元書房)
    • となりのケン(1967年頃描き下ろし)[6]
    • クミコの青春ノート(ジュニア文芸にて1970~1971年連載)
  • YOUのコイビト(成瀬書房)
    • バラ色のめぐ(小説女学生コースにて1968年ごろ連載)
    • 一匹ブーチャン(中三時代にて1970~1971年連載)
    • いじわるスカンポ(ファニーにて1969年ごろ連載)
    • 2階のヨースケ(ジュニア文芸にて1971年連載)
    • 片恋エレジー(女学生の友増刊号にて1970年掲載)
    • YOUのコイビト(女学生の友にて1971~1972年連載)
  • 片思いから出発!!(秋元書房)
    • クミコの青春ノート
    • ただいま思春期 (小説女学生コースにて1969年ごろ連載)
    • 涙のブンタッタ(女学生の友にて1969~1970年連載)
  • 気になる小さな恋人クン(秋元書房)
    • 赤いマントの恋人クン
    • 結婚しちゃお…か(増刊微笑にて昭和47年11月20日号掲載)
    • となりのケン
  • わたしはみどり(秋元書房)[7]
    • ただいま思春期
    • 涙のブンタッタ
    • 赤いマントの恋人クン
    • 結婚しちゃお…か
    • みどりの世界
  • ケイコとマッチン(成瀬書房)[8]
  • 初恋のりりあん(講談社文庫[9]
  • ピンクのふうちゃん(成瀬書房)[10]
  • カッコイイコをネラッチャオ(小説ジュニアにて1966年9月号に掲載)
  • まっくろな涙(小説ジュニアにて1968年1月号に掲載)
  • 初恋のヒト(小説ジュニアにて1969年9月号に掲載)

漫画関連本[編集]

  • 詩画集 チッチとサリー(立風書房)
  • チッチ愛の絵本(立風書房)
  • 詩画集 続チッチとサリー(立風書房)
  • 恋のおしゃべりノート(学研)
  • 豪華記念保存版 小さな恋のものがたり(立風書房)
  • チッチとサリー 四季(立風書房)
  • チッチ恋占い(立風書房)
  • 小さな恋のものがたり うちあけ話(立風書房)
  • チッチとつくるお菓子のおくりもの(立風書房)
  • 初恋の四季(学研)
  • チッチのひみつ(学研)
  • 片恋のときめき(学研)
  • チッチのひとりごと(学研)

詩集・画集[編集]

  • ある日のみみ(fair ladyにて1971年連載)
  • ちいさな妹の部屋(fair ladyにて1969年連載)
  • 詩画集 ポケットの星(立風書房)
  • 花ものがたり(立風書房)
  • 愛についてあなたと(立風書房)
  • 愛のスケッチブック(立風書房)
  • 小さなラブポエジー(成瀬書房)
  • 野の花のように(講談社
  • 詩画集 愛のひとりごと(秋元書房)
  • こんにちは!!愛(立風書房)
  • 花と少女(講談社)
  • ちいさな、ちいさな恋物語(大和書房
  • あした元気になあれ(中央法規)
  • あなたの名を呼ぶだけで(立風書房)
  • 涙のとなりに(立風書房)
  • ときめきに呼ばれて(三心堂出版社)
  • 恋の迷子になったら(JTBパブリッシング)
  • あなたにめぐりあえてほんとうによかった(相田みつをと共著、ダイヤモンド社
  • 野の花あかり 俳句ノートより(深夜叢書社)

エッセイ[編集]

  • あなたとミルクティーを(集英社文庫
  • じゃがいもの花が咲いたよ(立風書房)
  • ふうちゃん窓をあけて(三笠書房
  • 親道こみち自然道(海田書房/のち角川書店より文庫化)
  • ちかこの育児日記(立風書房)
  • えんぴつコロリン(小学館/のち角川書店より文庫化)
  • たんぽぽ日記(家の光協会/のち角川書店より文庫化)
  • ちかこのほっとタイム(いんなぁとりっぷ社)
  • 片恋がステキ!(立風書房)
  • そのうちいつかは自分流(PHP研究所)
  • ひとりぼっちの幸せ(イースト・プレス

イラスト[編集]

  • タイガース・ブック「小さなちいさなぼくたちのおはなし」[15]
  • 十代の悩みに答えて (著:山主敏子
  • どっちがどっち(著:大木圭
  • レモンエイジのふたり(著:藤本義一
  • ラジオの時間(とき)(著:こんのひとみ
  • マリコ シリーズ(著:高谷玲子
    • 静かに自習せよ
    • 涙で顔を洗おう
  • メリークリスマス シリーズ(著:ヒラリー・ナイト
    • クリスマスイブ物語
    • クリスマスのくつ下物語
    • クリスマスのかぞえ歌
    • クリスマスのABC
  • あなたにめぐりあえてほんとうによかった (絆シリーズ特別編) (著:相田みつを
  • かわいい夫(著:山崎ナオコーラ

イラスト・カット絵[編集]

  • J子の撮影所訪問(美しい十代1962年7月号)[16]
  • もっと大人の知識を プラス・アルファ(美しい十代1965年)[17]
  • マンガ・コント おしゃべり青春日記(高1コース1964年2月号から同3月まで連載)


脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 宇佐美貴子「沈丁の初心貫く匂ひかな みつはしちかこが初句集」朝日新聞2011年12月28日[1]
  2. ^ 日本一賞 | 東京都立武蔵丘高等学校
  3. ^ 「初恋のりりあん」に記載のプロフィール
  4. ^ 図書資料情報紹介サービス「まちだを知ろう!」町田市立図書館
  5. ^ 出光永、多田ヒロシとともに1ページに掲載
  6. ^ 初出は1967年の「ファニイ・シリーズ マンガ虎の巻」
  7. ^ 後期の版では「結婚しちゃお…か」が「初恋のりりあん」に差し替えられている
  8. ^ 連載元は「女学生の友」昭和48年3月号~昭和50年8月号
  9. ^ 連載元は週刊女性自身 昭和48年~昭和50年3月号
  10. ^ 連載元は「Jotomo」昭和51年4月号~昭和52年12月号
  11. ^ 連載元はまんがタイムファミリー Comic VAL
  12. ^ 連載元は女性自身増刊 Comic VAL
  13. ^ 連載元は毎日小学生新聞 平成4年4月~平成6年3月
  14. ^ 連載開始時には、ペンネーム夕空光で連載
  15. ^ 1968年発行。渡辺音楽出版
  16. ^ 無記名となっている
  17. ^ 無記名となっている

外部リンク[編集]