大木圭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大木 圭(おおき けい、1932年 - )は、ジュニア小説作家。

慶應義塾大学文学部卒。1966年、集英社の『小説ジュニア』創刊以来、数々のジュニア・ユーモア小説を執筆する。『どっちがどっち』はNHK少年ドラマシリーズの原作となった。1982年以降、新刊書は出ておらず、消息不明。

著書[編集]

  • 『どっちがどっち』秋元文庫 1966
  • 『なまいきざかり』学習研究社(レモン・ブックス) 1967
  • 『熱き心に涙あり』秋元文庫 1967
  • 『おてんば専科』集英社(コバルト・メイツ) 1969
  • 『おてんば一年生』秋元文庫 1974
  • 『ただいま反抗期』秋元文庫 1975
  • 『だめな女の子』秋元文庫 1975
  • 『きかんぼ天使』集英社文庫コバルトシリーズ 1977
  • 『アイ・アム・女の子』秋元文庫 1978
  • 『そよ風を両手に』集英社文庫コバルトシリーズ 1978
  • 『あなたにそっくり』集英社文庫コバルトシリーズ 1978
  • 『肩をならべて』集英社文庫コバルトシリーズ 1979
  • 『もう一人のあなた』集英社文庫コバルトシリーズ 1979
  • 『続どっちがどっち』秋元ジュニア文庫 1982
  • 『ずっこけ青春フンセン記』集英社文庫コバルトシリーズ 1982

脚注[編集]