野望の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野望の国』(やぼうのくに)は、1989年10月28日から1990年2月24日まで日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ。正式なタイトルは『青春大河ドラマ 野望の国』。

3部構成であり、「野望の国 嵐の章」「花燃える日日 -野望の国・第二部-」「花燃える日日 青春航路 炎の章」に分かれていた。

概要[編集]

幕末からの激動の若者群像を描く青春大河ドラマ。幕末の人物舟作とその子供巴と巴の息子卓也の生き様を描いた。全3部で、第一部「嵐の章」と第三部「炎の章」は近藤真彦が主人公、第二部「花の章」は沢口靖子がヒロインとして放送された。

当初は全20回の予定であったが、全15回へ縮小して放送された。

ドラマと同時進行で『オール讀物』にて市川森一による小説も連載されていたが、これも途中(ドラマ版では第5話あたりに相当する箇所)で打ち切りとなっている。

この枠でドラマが放送されたのは、1972年4月から同年9月まで放送の『黒帯風雲録 柔』以来、17年ぶりのことであった。また、打ち切り後にドラマは放送されていない。

当枠の存在した1989年10月から1990年2月までの5か月間は、土9枠(土曜ドラマ)と2本立てでドラマが放送されていた。

タイトルと放送期間[編集]

キャスト[編集]

野望の国 嵐の章[編集]

花燃える日日 -野望の国・第二部-[編集]

花燃える日日 青春航路 炎の章[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

野望の国 嵐の章[編集]

  1. 上海から長崎へ
  2. 長崎から横浜へ
  3. 恋舟
  4. 桂小五郎?
  5. 密航
  6. ロンググッドバイ
  7. 菊花の炎
  8. 新しい時代
  9. 愛と死と

花燃える日日 -野望の国・第二部-[編集]

  1. マドンナ戦士
  2. 毒殺
  3. 女帝誕生
  4. 火の鳥飛ぶ
  5. 日本の母

花燃える日日 青春航路 炎の章[編集]

  1. 前編
  2. 後編
日本テレビ 土曜20時枠
前番組 番組名 次番組
土曜スーパースペシャル
(第1期)
(19:00 - 20:54)
青春大河ドラマ 野望の国
土曜スーパースペシャル
(第2期)
(19:00 - 20:54)