小林美樹 (アナウンサー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こばやし みき
小林 美樹
プロフィール
本名 (出生名)小林美喜子
出身地 日本の旗 日本 山形県新庄市
生年月日 (1958-03-25) 1958年3月25日(59歳)
最終学歴 明治大学卒業
所属事務所 オフィス・トゥー・ワン
職歴 テレビ新潟放送網アナウンサー、NHK経済番組キャスター
活動期間 1981年 -
ジャンル 経済情報
配偶者 非公表(NHK職員である)
家族 2児
出演番組・活動
過去 ズームイン!!朝!」、「NHK経済マガジン」など
その他 テレビ新潟時代、「ズームイン!!朝!」の初代新潟リポーターを担当していた。

小林 美樹(こばやし みき、1958年3月25日 - )は、山形県出身の歌手フリーアナウンサー

来歴・人物[編集]

  • 1973年 - 9月2日放送の『スター誕生!』で合格、12月30日放送の第9回決戦大会でも合格する。芸映と契約し、芸能界入り。
  • 1974年7月 - アイドル歌手として、NAVレコードから「人魚の夏」でデビュー。
  • 1976年ころ - ヒット曲に恵まれずに引退、受験勉強に取り組む。明治大学に進学。
  • 1981年 - 大学卒業後、テレビ新潟(TNN、現略称TeNY)の開局時にアナウンサーとして正式入社。同局アナウンサー時代には、オープニング・エンディングのナレーションを担当したり、日本テレビ(NTV)ズームイン!!朝!」の初代新潟リポーターを担当する。
  • 1984年 - 3月、テレビ新潟を退社、フリーになって東京へ。以後「ズームイン!!朝!」のNTVの関東地区のリポーターを時々担当していた。
  • 1988年 - NHKの経済番組のキャスターのオーディションで合格し、同年4月に「NHK経済マガジン」のアシスタントとしてNHKにデビューする。その後、NHK職員と結婚した。[1]

歌手活動[編集]

シングル[編集]

  1. 人魚の夏 A面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一) (1974年7月25日)
    太陽と恋と夢 B面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一)
  2. 悲しい妖精 A面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一) (1974年10月)
    思春期の感情 B面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一)
  3. 乙女の館 A面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一) (1975年3月)
    一輪ざし B面 (作詞阿久悠、作曲都倉俊一)
  4. 太陽の誘惑 A面 (作詞なかにし礼、作曲中島安敏) (1975年7月)
    恋にサヨナラ B面 (作詞櫛田露孤、作曲中山大三郎

以上、全4枚8曲。

アナウンサー活動[編集]

テレビ新潟時代[編集]

フリーになってから[編集]

など

NHK経済番組キャスター時代[編集]

以下は、番組のビデオが全てNHKアーカイブスに所蔵されている。

参考書籍[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 1994年3月放送のNTV「木曜スペシャル」のスター誕生番組終了10周年記念同窓会という番組に登場した際に、小林自身が「NHK職員と結婚した」ことを言っていた。(ちなみに、この時の番組の司会は、「ズームイン!!朝!」の時に知り合った徳光和夫だった。)
  2. ^ テレビ新潟開局、サービス放送開始前の1981年2月27日、同番組に於いて、試験電波発射前の弥彦山送信所から同番組の新潟県からの初の生中継を行った時から活動していた。ちなみにこの生中継は、テレビ新潟初の本格的な放送業務となった。