堀敏彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ほり としひこ
堀 敏彦
プロフィール
愛称 堀さん、堀ちゃん
出身地 日本の旗 日本 新潟県長岡市
生年月日 (1962-04-24) 1962年4月24日(55歳)
最終学歴 高千穂商科大学
勤務局 テレビ新潟放送網
部署 アナウンス部 部長
職歴 大学在学中よりタレント活動(浅井企画所属)
活動期間 1998年 - (テレビ新潟アナウンサーとして)
ジャンル 情報番組など
公式サイト テレビ新潟
出演番組・活動
現在 夕方ワイド新潟一番
欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞』 など
過去 一覧を参照

堀 敏彦(ほり としひこ、1962年4月24日 - )は、TeNYテレビ新潟アナウンサー。元タレント新潟県長岡市出身。

略歴[編集]

タレント活動[編集]

長岡市立東中学校新潟県立長岡商業高等学校を経て、高千穂商科大学(現・高千穂大学)進学のため上京。在学中から浅井企画に所属してタレント活動を行っており、日本テレビズームイン!!朝!』、『ザ・トップテン』などのリポーターとして活躍していた。また、郷里のテレビ新潟では土曜の生番組『てんこもりテレビ』『情報山脈テレビDON!』でMCを務めていた。食品会社のCMに出演していたこともある。

顔が水島裕に似ていた為、水島と勘違いされる事もしばしばあり、ズームイン朝の中継先で地元の子供達に「あっ!ゆう兄ちゃんだ!」と間違えられ騒がれる事も多かった(水島は当時NHK教育テレビの子供番組『ともだちいっぱい』に出演しており、子供達からの人気・知名度は高かった)。彼に似ている事をよくネタにしていた所、当の水島が浅井企画に移籍してきた。

タレントからアナウンサーに転身[編集]

その後タレント業を離れて地元・新潟にUターンし1998年にテレビ新潟の中途採用試験に合格して入社し、アナウンサー職に。

現在は『夕方ワイド新潟一番』のメインキャスターを務めている。この他、1日の基点時に放送されるジャンクション映像(15秒版)のナレーションも担当(深夜放送中止時等に使用される75秒版は小幡章元アナ(現・編成局・メディア開発部長)が担当 2006年9月30日まで)。

新潟県中越地震など、県内で大きなニュースが発生した際にはNNN取材団として中継リポーターを務めることもある。

現在[編集]

アナウンサーとしてだけでなく、タレント時代からナレーター業も継続している。『欽ちゃんの仮装大賞』のナレーションは、テレビ新潟が日本テレビ系列であることから、入社後も引き続き起用されており、また新潟地区予選の担当スタッフも務めている。また、浅井企画時代の先輩にあたる関根勤率いる「カンコンキンシアター」の座付きナレーターを、1989年の旗揚げから担当し続けている。余談だが、コサキンのラジオ番組では「ニセ水島裕」「秘密主義はやめろ」と揶揄された事もある(この他草野仁を「堀くん」と揶揄した事もある)。2006年7月1日公開のディズニー/ピクサー映画『カーズ』の吹替え版で、飛行船の声「こりゃあ凄いねぇ!ヒュー!!」の一言を担当している。2006年9月30日に他局である新潟テレビ21の『陽気なトランポリン』にゲストとして登場。

また2009年7月2日放送の『おもいッきりDON!』の「フーテンのたっち 天カメはつらいよ」の中継コーナー(中継先は信濃川のやすらぎ提緑地)に後輩の栗林紗美アナの付添人として出演。堀がタレント時代に出演していた『ズームイン!!朝!』の映像が流れ、当時日本テレビアナウンサーで初代司会者を務めた徳光和夫や『ザ・トップテン』で共演していた榊原郁恵と久々の再会を果たした[1]

出演番組[編集]

アナウンサーになってからの出演番組[編集]

タレント時代のレギュラー出演番組[編集]

日本テレビ
TBS
テレビ朝日
テレビ東京
文化放送
ラジオ日本
テレビ新潟
CM

脚注[編集]

  1. ^ TeNYテレビ新潟「アナウンスルーム」堀 敏彦 近況報告 2009年7月3日 【おもッきりDON!…】

関連項目[編集]

外部リンク[編集]