底ぬけ脱線ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
底ぬけ脱線ゲーム
Korakuen Hall 2007.jpg
『底ぬけ脱線ゲーム』と『新・底ぬけ脱線ゲーム』の収録が主に行われていた後楽園ホール
ジャンル バラエティ番組ゲーム番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 下記参照
底ぬけ脱線ゲーム
放送時間 日曜 12:15 - 12:45(30分)
水曜 19:30 - 20:00(30分)
木曜 19:30 - 20:00(30分)
放送期間 1963年6月2日 - 1973年1月25日
出演者 金原二郎
新・底ぬけ脱線ゲーム
放送時間 水曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1974年10月2日 - 1977年9月28日
出演者 徳光和夫
底ぬけ脱線ゲームスペシャル
放送時間 火曜 19:00 - 20:54(114分)
放送期間 1983年10月4日(1回)
出演者 土居まさる
和田アキ子
電脳底ぬけ脱線ゲーム
放送時間 金曜 1:10 - 1:40(30分)
放送期間 1993年4月9日 - 1993年6月25日(12回)
出演者 京本政樹
細川ふみえ
テンプレートを表示

底ぬけ脱線ゲーム』(そこぬけだっせんゲーム)は、日本テレビ系列局で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組ゲーム番組)である。ロート製薬の一社提供。製作局の日本テレビでは1963年6月2日から1973年1月25日まで放送。

概要[編集]

毎回著名なタレントや俳優が「底ぬけチーム」「脱線チーム」の2組に分かれ、身体を張って様々なゲームで対戦していた番組。司会を務めていたのは日本テレビアナウンサーの金原二郎で、金原は毎回番組の冒頭で「週に一度の脱線タイム、さぁ底ぬけにお楽しみいただきましょう。ロート製薬提供、底ぬけ脱線ゲーム!」とアナウンスした。また、金原は元来自動車の警報装置であった「パフパフ」を小道具にしていた。

それぞれのゲームには、当時の流行語ヒット曲の題名・歌詞をもじったユニークな名前が付けられていた(「背部の女」「強尻(ゴーケツ)」など[1]。中間のゲームでは、ロート製薬の製品(「パンシロンG」、「Vロート」)のパッケージを小道具にしていた。それが終了した後、金原がロート製薬のインフォマーシャルを「パンシロンG」その他の看板が掲げられたスタジオで行っていた[1]

勝利チームには特に賞品は出なかったが、敗退したチームは「お約束の罰ゲーム」をやらなければならなかった。番組はそのゲームをやってオチを付けながらエンディングに入っていた。なお、番組は毎回罰ゲームを行うべく、最終的に同点になった時には観客の一部を利用しての「同点決勝」を行っていた(例:指定された年齢の人を呼ぶなど)[1]

番組は「がまん特集」「プール大会」「運動会特集」などの企画回を行うこともあった。1970年8月27日放送の「夏休みチビッコ大会」では、原則として芸能人が出演者だった中、一般の子供たちが彼らに混ざって出演した。さらにこの回には、『おはよう!こどもショー』の当時のレギュラーである楠トシエ石川進、ロバくんが出演した(この回のゲームは、山の頂上にいる相手の応援団長を引きずり下ろす 《 父山(とうさん)電車 》、子供たちの入った天井が昇降する箱において、より天井を低くしたチームが勝つ 『夏休みの縮台(しゅくだい)』[2]。視聴者から「忘年会でもやれるゲームを教えてほしい」との声もあったため、毎年末には「家庭ゲーム特集」を行い、視聴者への参考とした。

1971年6月3日には「8周年記念特集」を放送。この回の出演者はファイティング原田藤村俊二倍賞美津子ほかで、ゲームは「八」の字を書いた紙が出るまで風船を割り続ける「八紙無ン特集」(8周年特集)や、空だと思うバケツ(他には水がある)を指定し、相手はそのバケツを指定者目掛けて中身をぶちまける「水中ばれー」(水中バレエ)などだった[3]。この回は、TBSの『テレビ探偵団』のような懐かしのテレビ番組を振り返る番組でよく放送されていた。

収録は基本的に後楽園ホールで行われていたが、企画回では地方の公会堂やプールなどでの収録になることもあった。「巨人軍大会」の時には後楽園球場で行い、点数表示は当時のスコアボードで行った。リハーサルは綿密であったが、出演者には代役が立てられ、本人はその様子を見学させられた。だがそれはゲームの半分までの話で、本当のゲームは本番中に金原から発表された。

元々この番組は、日本テレビ開局翌日の1953年8月29日から1959年4月25日まで放送されていた『ほろにがショー 何でもやりまショー』(第1回のみ『ほろにがショー』)を発展させる形でスタートしたものだった。1963年5月28日付の読売新聞夕刊のラジオ・テレビ欄上部には、「『何でもやりましょう』(何でもやりまショー)がリバイバルする」と記されていた。また、同年10月9日付の読売新聞には、パンシロンの広告(胃腸と肝臓にパンシロン)も兼ねた番組広告が掲載された。キャッチフレーズは「こんな番組 見たことない…」だった。

放送時間[編集]

いずれも日本標準時

  • 日曜 12:15 - 12:45 (1963年6月2日 - 1963年9月)
  • 水曜 19:30 - 20:00 (1963年10月3日 - 1969年12月)
  • 木曜 19:30 - 20:00 (1970年1月8日 - 1973年1月25日)

リメイク版[編集]

新・底ぬけ脱線ゲーム[編集]

番組は一度終了した後、『新・底ぬけ脱線ゲーム』と題して復活。1974年10月2日から1977年9月28日まで、毎週水曜 19:00 - 19:30 に放送。

収録は引き続き後楽園ホールなどで行われていた。オリジナルとの相違点は、勝利チームには番組スポンサー(味覚糖ほか複数社)から「勝利者賞」が与えられていた点である。司会は金原の後輩である徳光和夫(当時日本テレビアナウンサー)が務めた。

底ぬけ脱線ゲームスペシャル[編集]

1983年10月4日(火曜) 19:00 - 20:54 に放送された単発特別番組。正式名称は『大爆笑!120分デスマッチ!!底ぬけ脱線ゲームスペシャル』。

タイトルに「底ぬけ脱線ゲーム」を冠しているが、内容は体育館での収録(具体的な場所までは不明)、選手宣誓あり、審査員付きとスポーツバラエティ番組色が強められていた。司会は土居まさる和田アキ子が、審査員はジャイアント馬場ビートたけしが務めた。

電脳底ぬけ脱線ゲーム[編集]

上記スペシャルの放送から9年半後に、番組は『電脳底ぬけ脱線ゲーム』と題しての二度目の復活を果たした。1993年4月9日(8日深夜)から同年6月25日(24日深夜)まで、毎週金曜 1:10 - 1:40 (木曜 25:10 - 25:40)にセガ・エンタープライゼス(現・セガゲームス)の一社提供で放送されていた。

司会は京本政樹細川ふみえが務めたが、シリーズで唯一のスタジオ収録番組で、かつ非公開形式だった。また、それまでと違って関東ローカルでの放送であり、なおかつ2か月半で打ち切られた。番組終了の告知は最終回当日まで行われず、当該回のエンディングで突然「今回で放送を終了します」と書かれたテロップが出て終了した。

主な出演者[編集]

底ぬけ脱線ゲーム[編集]

新・底ぬけ脱線ゲーム[編集]

底ぬけ脱線ゲームスペシャル[編集]

電脳底ぬけ脱線ゲーム[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 『テレビ50年 in TVガイド』『テレビ60年 in TVガイド』(東京ニュース通信社)それぞれの1963年のページより。
  2. ^ 1970年8月27日付の読売新聞など各新聞縮刷版のテレビ欄より。
  3. ^ 1971年6月3日付の読売新聞など各新聞縮刷版のテレビ欄より。
日本テレビ系列 日曜12:15枠
(本番組までロート製薬一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
白面剣士 牛若天狗
(1963年2月17日 - 1963年5月26日)
底ぬけ脱線ゲーム
(1963年6月2日 - 1963年9月)
三波春夫の三五郎街道
(1963年10月6日 - 1963年12月29日)
日本テレビ系列 水曜19:30枠
(ロート製薬一社提供枠)
てんで素敵なショー
(1963年7月14日 - 1963年9月26日)
底ぬけ脱線ゲーム
(1963年10月 - 1969年12月)
マキちゃん日記
(1970年1月7日 - 1970年4月1日)
日本テレビ系列 木曜19:30枠
(本番組からロート製薬一社提供枠)
多数決クイズ テレカルチョ25
(1969年11月6日 - 1970年1月1日)
底ぬけ脱線ゲーム
(1970年1月 - 1973年1月25日)
ほんものは誰だ?!
(1973年2月1日 - 1973年9月)
日本テレビ系列 水曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
スターむりむりショー
(1974年4月3日 - 1974年9月25日)
新・底ぬけ脱線ゲーム
(1974年10月2日 - 1977年9月28日)
ハテナ?ドンぴしゃ!
(1977年10月5日 - 1978年9月27日)
日本テレビ 金曜1:10枠
セガ・エンタープライゼス一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
2×3が六輔
(1992年10月 - 1993年3月)
【土曜1:10枠へ移動】
電脳底ぬけ脱線ゲーム
(1993年4月8日 - 1993年6月24日)
M2
【土曜2:45枠から移動】