嗚呼!バラ色の珍生!!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
嗚呼!バラ色の珍生!!
ジャンル ヒューマンバラエティ番組
演出 雨宮秀彦(総合演出)
出演者 島田紳助
徳光和夫
篠原涼子
大河内奈々子
新山千春
森富美(日本テレビアナウンサー)
ほか
ナレーター 難波圭一
広中雅志
江森浩子
伊倉一恵
製作
プロデューサー (CP)渡辺弘
桜田和之
制作 日本テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1994年10月27日 - 2001年3月15日
(1995年4月20日 - 5月11日はオウム真理教事件関連番組のため休止)
放送時間 木曜 19:00 - 19:54 → 木曜 19:00 - 19:58
放送分 54分 → 58分
テンプレートを表示

嗚呼!バラ色の珍生!!』(ああ バラいろのちんせい)は、日本テレビ1994年10月27日から2001年3月15日にかけて、約6年半(7年間)の間放送していた島田紳助司会のヒューマンバラエティ番組。略称は「バラ珍」。放送日時は毎週木曜 19:00 - 19:54 (JST) 、1999年4月以降は19:58まで放送。

概要[編集]

1987年まで同局で放送されていた『それは秘密です!!』の親族との再会のコーナーを形を変えて復活させ、『目撃!ドキュン』『完全特捜宣言!あなたに逢いたい!』(共にテレビ朝日系)と同様、1990年代の人探しバラエティ・公開捜査の元祖とも呼べる番組。毎回、生き別れになった肉親や家族、大事な人を捜してほしいと視聴者が番組に依頼し、半年単位でスタッフが探し、見つかった際には感動のご対面が行われるという、前述の番組群とほぼ同じ流れで進行していた。

放送当初の半年間は、それ以降とは番組の内容が全く異なり、出演した素人の不幸話VTRに対し、徳光和夫らパネラー陣が(後にフジテレビ系で放送された『トリビアの泉』の「へぇボタン」と同じ要領で)席のボタン(得点を加算するプラスボタンと減算するマイナスボタンの2種類)を押して評価するというものであった。ボタンを押した回数の合計で最終的な評価が決まり、賞金(番組内では「お小遣い」と呼ばれていた)を貰えた。パネラーの中でも特にトミーズ雅は話の内容よりも出演素人への興味で他のパネラーよりも多くの回数ボタンを押しており、紳助がその都度減算していた。

オウム真理教事件が起きたため、1995年4月20日から同年5月11日までオウム真理教事件関連番組(『NNNニュースプラス1』の拡大版)が編成され、当番組は一時休止する。

そして5月18日のプロ野球中継を挟み、5月25日から番組内容を一新。前半は主に苦手だったことを克服するなどのチャレンジャーを追うドキュメンタリーコーナーを放送、後半は生き別れの家族などを捜索する(後半のコーナーのように、テレビを通じて捜査協力を呼びかける、いわゆる「公開捜査」のスタイルは、テレビ朝日系『奇跡の扉 TVのチカラ』などでも使用されている)コーナー、および同局系『それは秘密です!!』『ルックルックこんにちは』「小金治の涙のご対面」コーナーを引き継ぐ形で涙のご対面のコーナーとなった。

この涙のご対面が好評で、次第に人気番組に駆け上がり、2時間スペシャルでは番組丸ごとをご対面に使ったり、レギュラー放送でも2組のご対面を行ったこともある(通常は1組)。また、この形式のヒューマンバラエティーが当時人気を博していたため、この時期は他局でもそれぞれ違う曜日に19時台にこのタイプの番組を放送していた。涙のご対面は過去183組が果たしている。番組は最高視聴率25.0%(関東地区)という人気番組に成長した。

依頼人が捜索依頼している人物が見つかったときに、司会の紳助が「我々スタッフが一生懸命、一生懸命捜しました。○○さん見つかりましたよ」などと依頼人に語りかけるシーンが番組のハイライトである。紳助はもちろん、レギュラーパネリストの徳光はじめ出演者全員の大号泣シーンが随所で映し出されていた。中でも徳光の泣きっぷりがまさに小金治を彷彿させるものであった。ものまねタレントコージー冨田が紳助ものまねのレパートリーとして使用している。

もっとも、依頼人が高齢者で、「数十年前の恩人を捜してもらいたい」などといった古い依頼の場合、捜していた相手が既に亡くなっていたという例も何度かあった。そのような場合には、亡くなった本人の家族が代理としてスタジオに登場し、依頼人から感謝の言葉を受けていた。

また、ある男性から生き別れの母親を捜してもらいたいという依頼があり、母親は見つかったものの、対面の直前に依頼人が不慮の事故に遭ってしまい、病院で昏睡状態のまま再会するという悲劇もあった(その後、依頼人は意識を取り戻すことなく、母親に見守られながら息を引き取ったという)[要出典]

番組の中で生き別れの家族を捜したところ、捜す相手の家族側が、他局であるテレビ朝日の『目撃!ドキュン』でこちらを捜しており、放送前に両局で調整が行われるという珍事もあった[いつ?]

その他、ある女性から生き別れの姉を捜してもらいたいという依頼があった時、依頼人の希望通り姉は見つかったが、その姉から事情をくわしく聞いたところ、実は依頼人が物心つく前に生き別れとなった姉がもう1人いることが判明。番組のスタッフは依頼人に内緒でもう1人の姉も捜し出し、三十数年ぶりの三姉妹感動の再会を実現させた。スタッフの捜していた相手が新たな依頼人になったという、非常に珍しいパターンであった[いつ?]

1997年12月31日 18:30 - 21:00には、『嗚呼!バラ色の珍生!!今年最後の泣き納め!超強力!感動の生放送涙のご対面スペシャル』と題した特別番組が放送され、1997年放送当時に数か月に渡って捜索していた、ご対面は困難とされていた生き別れになった親子のご対面を、大晦日の生放送に実現させるなど、当時の日本テレビを代表する番組となっていた。1998年6月は1か月間放送がなかった。

後にAKB48のメンバーとなる大島優子が子役時代に再現VTRに出演したことがある(2010年5月22日放送『メレンゲの気持ち』より、本人談)。また、楽しんごも出演経験がある(2011年3月7日放送『人生が変わる1分間の深イイ話』より)。

涙のご対面の時に多くの回で久石譲の曲が使われており再開の瞬間にはBGMに「TwoofUs」が使用され、捜索者募集の時のBGMには「Highlander」が使用されていた。 また映画「ラスト・オブ・モヒカン」の曲も多くの回で使用されていた。

番組終了後[編集]

ご対面のコーナーは後に『別れてもチュキな人』でも行われた。

紳助が『松紳』(広島テレビ制作→日本テレビ制作)や『クイズ!紳助くん』(ABC)で本番組の裏側について語ったことがあり[いつ?]、総合すると捜し人の居場所や現況はほぼ判明できたという。その相手側が面会を拒否した際は放送で「見つかりませんでした」と結論付けることがあった。捜索スタッフは多く、宴会の席に百数十人集まったという。

2001年の大晦日には2時間枠で復活特番が放送されている。司会は通常放送末期同様、紳助と森富美アナが担当した。

TBS(一部系列局)は2006年10月 - 2009年3月まで木曜19時台に本番組のレギュラーパネラーでもあった徳光を司会に据え、本番組と同じく再会をテーマとしたバラエティ番組『徳光和夫の感動再会"逢いたい"』を放送した(源流となった特番『徳光&安住の感動再会"逢いたい!"スペシャル』を2000年頃から放送していた)。

また、日本テレビでは類似した番組は何度も特番等で放送されているが、特にその中でも特記すべき番組として約6年後の2007年5月24日には同じ紳助司会の『泣いた笑った! ご対面あの人に会いたい』が同じ木曜19時台で放送された。

同様に、紳助司会時代の『行列のできる法律相談所』(2008年3月16日放送分)において、本村健太郎が初恋の女性と再会する際、紳助は本番組風のナレーションを行っていた。

その後の日本テレビの木曜19時台は低迷しており、2004年4月に開始した『天才!志村どうぶつ園』(2007年4月より土曜19時台に枠移動)で一時的に視聴率を持ち直したが、2009年4月に開始した『サプライズ』(同年10月から『SUPER SURPRISE』に改題)開始後は再び低迷。番組の入れ替えを繰り返している。

出演者[編集]

司会[編集]

歴代アシスタント[編集]

パネラー[編集]

  • 徳光和夫 - 2001年大晦日放送の復活特番にも出演。
  • 山口美江 - 番組初期に出演。
  • 高木美保 - 山口の芸能界引退に伴い、その入れ替わりとして1996年頃から出演。
  • 飯島愛 - 2001年大晦日放送の復活特番にも出演。
  • 風見しんご - 2001年大晦日放送の復活特番にも出演。
  • 山口もえ - 番組中期以降に出演。

賞品紹介[編集]

ナレーション[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:詩村博史沢口義明、田中直人、倉本美津留、渡辺哲夫、小野高義、竹尾明子、吉田豪池田一之遠藤彩見、中村恵子
  • TM:鈴木康介(1997年10月から)
  • 美術:鈴木喜勝、星野充紀
  • 音効:吉田比呂樹、村田好次
  • 編集:宮原明男
  • MA:川田浩史
  • 美術協力:日本テレビアート
  • 技術協力:コスモ・スペースヌーベルバーグ、フォーディメンションスタジオ、NTV映像センター
  • 協力:吉本興業、アガサス
  • リサーチプロデューサー:佐藤久美子
  • 取材:古杉美香、吉岡五月、田代まゆみ
  • 取材協力:RYリサーチ、GPAロサンゼルス
  • リサーチ:フリード、アガサス、W・M・C(ワールドメディアカンパニー)、TMC(東京メディアコネクション)、ユヌ・ファクトリー、リブレ他
  • デスク:桜井園子
  • アシスタントプロデューサー:田中悦子、小坂真由美
  • ディレクター:鴨井義明、島田顕、宮崎幸雄、真山梨枝
  • 演出:斎藤政憲、磯田修、小島俊一、三浦正樹、永原啓一、鈴木守、柳井誠也、磯田修
  • 総合演出:雨宮秀彦
  • プロデューサー:土屋泰則安岡喜郎→藤川和彦→磯野太/小山伸一(ZION)、和田隆(創輝)、松原寛(日企)、神尾育代(NCV)
  • チーフプロデューサー:渡辺弘桜田和之(初期はプロデューサー)
  • 制作協力:ザイオン創輝日企NCV
  • テーマ曲:レインボウズバラ・バラ

スポンサー[編集]

放送開始当初は異例のスポンサー無しで、一部のネット局では独自のスポンサーを付けるなどするローカルセールス枠だった。一部の遅れネット局は開始前と終了後にそれぞれタイトルと提供クレジットが独自に表示された。CMはなく、日本テレビの各番組の番組宣伝だった。1999年4月からは後半30分においてP&Gを始めとする複数社(P&Gは60秒、他の4社は30秒)提供によるネットワークセールス枠となり、2000年10月から最終回までは1社30秒ずつ6社による複数社提供となった(前番組の『列島くらべてグルメ!』では、後半30分に提供クレジットとスポンサーがあった)が、日本テレビ系列におけるゴールデンタイムのローカルセールス枠は『笑神様は突然に…』(2015年4月以降・1900枠)まで16年間待たなければいけなかった。

提供クレジットの出し方は前クレ部分は同局のナイター中継と同様に下面表示(コメント無し、2003年10月の『トナリの悩みの解決人』以後提供コメントあり)、後クレ部分は全面表示で提供コメントもある。この対応は、後の『モクスペ』まで受け継がれた。

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 備考
関東広域圏 日本テレビ(NTV) 日本テレビ系列 制作局
北海道 札幌テレビ(STV) [1]
青森県 青森放送(RAB) [2]
岩手県 テレビ岩手(TVI) [3]
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS) [4]
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY) [5]
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT) [6]
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK) [7]
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[4]
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) [8]
鳥取県

島根県

日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV) [9]
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(JRT) [4]
香川県
岡山県
西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
[10]
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
[10]
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) フジテレビ系列 [10]

※1996年10月から2000年9月までは、スカイパーフェクTV!CS★日テレでも放送されていた。

脚注[編集]

  1. ^ 年に数回程度、当該時間帯で自社制作番組『どさんこゴールデン』を放送する為に本番組を別の時間帯に移動していた事がある。
  2. ^ ローカルセールス枠時代は、毎年8月に行われる青森ねぶた祭りの直前になると、それに関連する自社制作特別番組『本番まで待てない!青森ねぶた』を当該時間帯で放送していた。これによる振替放送は、行われた年と行われなかった年がある。
  3. ^ 番組開始から半年間は同時ネットで放送されていたが、その後当該時間帯で自社制作番組『TVステーション岩手』(後に『テレビ岩手スペシャル』に改題された。)を放送するようになった関係で、番組内容変更後は日曜正午→木曜夕方に遅れネットで放送された。その後1997年4月以降は同時ネットに復帰している(なお同年3月分までの遅れネット分は、同年5月半ばまで土曜正午に放送されていた。)。
  4. ^ a b c 番組開始から半年間は同時ネットだったが、1995年4月から(福井放送のみ1995年4月から半年間『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!』等を遅れネットで放送後、同年10月からの放送開始だった。)は当該時間帯でTBS系列の『日立 世界・ふしぎ発見!』(番組名に特定の企業名が入っているため、3局でもスポンサーを差し替えず時差スポンサードネットとした。)を放送するようになった。その後1999年4月からは同時ネットに復帰し、『世界・ふしぎ発見!』は土曜午後の時間帯へ移動された。
  5. ^ 1996年5月9日放送分は、自社制作番組『夕方ワイド新潟一番』の4時間スペシャルを当該時間帯で放送した関係で休止された。これ以外にも当該時間帯で自社制作特番を放送していた事があるが、いずれも振替放送は行われなかった。
  6. ^ 月に1回のペースで、『釣れて満腹駿河湾』などの自社制作番組を当該時間帯で放送していた時期がある。しかしそれに関して苦情が殺到した事から、自社制作番組を日曜午後の時間帯に移動させる形で本番組を正式に同時ネットするようになった。
  7. ^ 一度だけ、当該時間帯で自社制作の特番を放送した事がある。
  8. ^ 一時期、当該時間帯で『電脳☆GQバトラー!!』(日本テレビも深夜に遅れネットで放送していた事がある。)や『木曜決定版!』などの自社制作番組を放送していた関係で深夜の遅れネットで放送されていた時期がある。
  9. ^ 時折、当該時間帯で自社制作のドキュメンタリー番組やプロ野球中継を放送していた関係で、札幌テレビと同様に別の時間帯で放送された事がある。
  10. ^ a b c 番組開始から最終回まで遅れネットで放送された。

関連項目[編集]

紳助と日テレ関連[編集]

バラ珍オーディションから誕生したアーティスト[編集]

パロディ[編集]

  • とんねるずのみなさんのおかげでした(パロディとして放送された「嗚呼!ヘッポコ色の珍生!!」(略称『ポコ珍』。パロディだが実際にゲストが会って謝罪したい人に会わせるという趣旨で、会いたい人が見つからずに本家に捜索を依頼したこともあったという。)
  • めちゃ×2イケてるッ!(パロディとして放送された「嗚呼!めちゃめちゃな珍生!!」。ゲストが「逢いたくない人」に無理やり再会させる企画。紳助役を岡村隆史が演じ、ナレーターは上記の難波と江森が担当した)

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 木曜19時台
前番組 番組名 次番組
嗚呼!バラ色の珍生!!