大阪の女 (島谷ひとみの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
大阪の女
島谷ひとみシングル
初出アルバム『15th Anniversary SUPER BEST』
B面 風の街
リリース
規格 8センチCDコンパクトカセット
録音 1999年
ジャンル 演歌
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 島田紳助高原兄
プロデュース 島田紳助
チャート最高順位
  • 週間45位(オリコン
  • 週間1位(オリコン・演歌チャート)
  • 登場回数13回(オリコン)
島谷ひとみ シングル 年表
大阪の女
1999年
解放区
2000年

Blue-Eye-Land名義
涙くんさよなら
(2000年)
テンプレートを表示

大阪の女」(おおさかのおんな)は、島谷ひとみ1999年7月28日avex traxより発売したデビューシングル

概要[編集]

紳助の人間マンダラ』(関西テレビ)の企画で島田紳助がプロデュースし、紳助が詞を、高原兄(元アラジン)が曲を提供した演歌である。

元々は、当時とんねるずの番組スタッフで結成された「野猿」がヒットしたこともあり、紳助の友人たちで作ったコーラスユニット「廣部吉行と六甲アイランズ」に提供した楽曲だった。同ユニットのメンバーには紳助のバイクチームのライダー・千石清一をはじめ、日本旅行支店長、南海部品課長、中古車販売会社社長などがいた。番組では1000枚売れなかったら即刻解散、ということでCDを発売したが、瞬時に完売したため、500枚を増刷した。それもハイペースで売れていったため、200枚を売った時点で販売を止め、残った300枚を1000枚の残りという事にし「700枚しか売れなかったので解散」と理由づけた。

島谷のシングルは、オリコンの演歌チャートで初登場1位となった。デビュー曲での同チャート初登場1位は、1986年城之内早苗あじさい橋」、1998年中澤裕子(中澤ゆうこ名義)「カラスの女房」に続いて3作目となるが、前の二人はアイドルとしての前歴があり、純粋な新人は島谷が初めてである。シングルの発売当時、『水曜どうでしょう』(HTB)のエンディングにて、不特定の(多くの曲の中の)1曲として流された事があった。

デビュー曲として島谷の原点となる曲であり、それゆえ島谷はよく大阪出身と間違えられたという[1]。長らくアルバム未収録で、シングルも廃盤になり入手困難となっていたが、2013年にリリースされた島谷のベストアルバム『15th Anniversary SUPER BEST』の初回生産限定盤に初収録された。また長らく島谷のライブで歌われることも無かったが、2013年に厳島神社で開かれたスペシャルライブで初めて演じられ、島谷は「この曲が似合う年頃になったんだなと思うと感慨深いです」と笑った[2][3]

収録曲[編集]

  1. 大阪の女
    作詞:島田紳助 / 作曲:高原兄 / 編曲:宮崎慎二
  2. 風の街
    作詞・作曲:南郷孝 / 編曲:宮崎慎二
  3. 大阪の女(オリジナルカラオケ)
  4. 風の街(オリジナルカラオケ)

脚注[編集]

  1. ^ SPECIAL”. HITOMI SHIMATANI OFFICIAL WEBSITE. avex network. 2014年5月10日閲覧。
  2. ^ 島谷ひとみ 厳島神社ライブ!14年ぶり演歌のデビュー曲歌う”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2013年7月8日). 2014年6月15日閲覧。
  3. ^ 島谷ひとみ、7/7世界遺産厳島神社で涙の地元凱旋ライブ”. Musicman-NET. F.B.Communications (2013年7月8日). 2014年6月15日閲覧。