BEST & COVERS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
BEST & COVERS
島谷ひとみベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
チャート最高順位
島谷ひとみ 年表
Flare
2008年
BEST & COVERS
2009年
男歌II〜20世紀ノスタルジア〜
2010年
テンプレートを表示

BEST & COVERS』(ベスト・アンド・カバーズ)は、島谷ひとみの2作目のベストアルバム。2009年7月29日発売。avex traxよりリリース。

解説[編集]

  • ベストアルバムとしては、前作の『Delicious!〜The Best of Hitomi Shimatani〜』以来5年ぶり・2作目。島谷ひとみデビュー10周年を記念し、オリジナルベストとカバーベストが合体した“ハイブリッド・ベストアルバム”としてリリースされた。
  • 「2CD」と「2CD+DVD」の2形態での発売。
  • CD1枚目は“オリジナルベスト”として、14枚目のシングル「Viola」から29枚目のシングル「SMILES」までの全シングルの中から16曲を収録(ダブルおよびトリプルAサイドシングルからは各1曲が採録されており、「Z!Z!Z! -Zip!Zap!Zipangu!-」「祈り」「Camellia -カメリア-」「恋水 -tears of love-」「愛の詩」「WAKE YOU UP」「Marvelous」は非収録となっている)。
  • CD2枚目は“カバーベスト”として、既発カバー曲から選ばれた8曲に加え、新録カバー曲「白い蝶のサンバ」「長い間」を収録。
  • DVDは“ベストクリップ”として、CD1枚目全曲のミュージッククリップに加え、新録「長い間」のミュージッククリップを収録[1]

収録曲[編集]

Disc 1(ORIGINAL BEST [CD])[編集]

  1. Viola
  2. Jewel of Kiss
    • 作詞:BOUNCEBACK / 作曲:吉山隆之 / 編曲:田辺恵二
  3. ANGELUS -アンジェラス-
  4. Garnet Moon
    • 作詞:六ツ見純代 / 作曲:迫茂樹 / 編曲:前嶋康明
  5. 〜Mermaid〜
  6. Falco -ファルコ-
    • 作詞:BOUNCEBACK / 作曲:渡辺和紀 / 編曲:前嶋康明
  7. 真昼の月
    • 作詞:shungo. / 作曲:AKIKO NODA / 編曲:中野雄太
  8. 春待人
    • 作詞・作曲:BOUNCEBACK / 編曲:中村康就
  9. Destiny-太陽の花-
  10. PASIO〜パッシオ
  11. Dragonfly
  12. Neva Eva
    • 作詞:松本理恵 / 作曲・編曲:迫茂樹 / ブラスアレンジ:茶谷将彦
  13. 深紅
    • 作詞:長瀬弘樹 / 作曲:柳沢英樹 / 編曲:中野雄太
  14. 泣きたいなら
  15. 雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を
  16. SMILES
    • 作詞:森月キャス / 作曲・編曲:大西克巳

Disc 2(COVER BEST [CD])[編集]

  1. 亜麻色の髪の乙女
  2. パピヨン 〜papillon〜
  3. 白い蝶のサンバ
  4. 花鳥諷詠 -Song for Everybody-
    • 作詞・作曲:Hicks Anthony John, Holden Mark, Ingram James Roy / 日本語詞:阿閉真琴 / 編曲:宗像仁志
  5. 元気を出して
  6. 初恋
  7. 魅せられて
  8. 世界中の誰よりきっと
  9. あなたといた時
    • 作詞・作曲:Jamie Houston / 日本語詞:Chikae Takahashi / 編曲:Kenji Suzuki
  10. 長い間
    • 作詞・作曲:玉城千春/ 編曲:中野雄太

Disc 3(BEST CLIP [DVD])[編集]

  1. Viola
  2. Jewel of Kiss
  3. ANGELUS -アンジェラス-
  4. Garnet Moon
  5. 〜Mermaid〜
  6. Falco -ファルコ-
  7. 真昼の月
  8. 春待人
  9. Destiny -太陽の花-
  10. PASIO〜パッシオ
  11. Dragonfly
  12. Neva Eva
  13. 深紅
  14. 泣きたいなら
  15. 雨の日には 雨の中を 風の日には 風の中を
  16. SMILES
  17. 長い間

注釈[編集]

  1. ^ ちなみに「長い間」のミュージッククリップにおいては、島谷本人は数秒間だけカメオ出演扱いで登場している。