高橋知伽江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

高橋 知伽江(たかはし ちかえ、1956年 - )は、日本劇作家翻訳家[1]新潟県新潟市出身[1]

東京外国語大学ロシア語学科卒業[1]劇団四季[2]新神戸オリエンタル劇場を経て、1997年よりフリーランスで演劇台本の執筆、翻訳、訳詞などを手がけている[1]

2011年、ノエル・カワードによる戯曲『秘密はうたう A Song at Twilight』『出番を待ちながら』の翻訳により第4回小田島雄志・翻訳戯曲賞を受賞[1]。2013年4月~2017年3月、水戸芸術館演劇部門芸術監督。

2016年第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞(劇団四季『アラジン』の訳詞)

2003年夏以前に上演されたものは、本名(高橋 由美子)で発表されている[3][4][5]

主な脚本[編集]

  • オリジナルミュージカル『チンチン電車と女学生』(平成22年度大阪文化祭賞奨励賞受賞)
  • 音楽朗読劇『モリー先生との火曜日』(光枝明彦吉原光夫土居裕子
  • アトリエ・ダンカン製作オリジナルミュージカル『ヒロイン』『NEWヒロイン』(榊原郁恵石野真子松本伊代早見優、他)
  • 兵庫県立芸術文化センター製作『神戸 はばたきの坂』(剣幸、土居裕子、他)
  • わらび座・坊っちゃん劇場製作オリジナルミュージカル『鶴姫伝説』『誓いのコイン』
  • 水戸芸術館制作・音楽劇『夜のピクニック』(2016年)
  • NO4制作オリジナルミュージカル『手紙』(東野圭吾原作)(2016年、2017年)
  • 梅田芸術劇場制作オリジナルミュージカル『Romale ~ロマを生き抜いた女 カルメン~』(2018年、花總まり松下優也
  • CATプロデュース制作オリジナルミュージカル『DAY ZERO』(同名のアメリカ映画に基づく)
  • ホリプロ制作オリジナルミュージカル『生きる』(黒澤明監督の同名映画に基づく)
  • 劇団四季ミュージカル『バケモノの子』(2022年)(脚本・歌詞)
  • オリジナルミュージカル『COLOR』(2022年)(脚本・歌詞)[6]

舞台以外[編集]

主な翻訳[編集]

  • 劇団四季ミュージカル『李香蘭』(「松花江上」訳詞、高橋由美子名義)
  • 劇団四季ミュージカル『クレイジー・フォー・ユー』(翻訳、和田誠と共同訳詞)
  • 博品館・ピュアマリー公演ミュージカル『ステッピングアウト』(前田美波里主演)
  • CX主催ミュージカル『NEVER GONNA DANCE』(坂本昌行主演)
  • CX主催ミュージカル『モダン・ミリー』(紫吹淳主演)
  • CAT製作『セレブの資格』(若尾文子主演、ノエル・カワード作)[3]
  • ミュージカル『ビューティフル・ゲーム』(訳詞)
  • 劇団四季ミュージカル『アラジン』(訳詞)(第23回読売演劇大賞優秀スタッフ賞受賞)
  • 劇団四季ミュージカル『ノートルダムの鐘』(翻訳、訳詞)
  • 劇団青年座『砂漠のクリスマス OTHER DESERT CITIES』
  • 梅田芸術劇場製作ミュージカル『パジャマゲーム』(北翔海莉主演)
  • 東宝・ホリプロ制作『リトル・ナイト・ミュージック』(大竹しのぶ風間杜夫
  • 劇団四季ミュージカル『アナと雪の女王』(翻訳、訳詞)
  • ホリプロ制作ミュージカル「アリージャンス〜忠誠〜」(翻訳、訳詞)
  • 劇団四季ミュージカル『美女と野獣』(訳詞(「チェンジ・イン・ミー」))

脚注[編集]

[脚注の使い方]