キスだけじゃイヤッ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キスだけじゃイヤッ!
ジャンル 恋愛バラエティ番組
出演者 島田紳助
熊谷真実
ナレーター 南かおり
製作
プロデューサー 梅田尚哉CP
制作 読売テレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
Kissだけじゃイヤッ!
放送期間 1997年10月2日 - 2002年9月23日
放送時間 木曜日 23:45 - 翌0:15
→木曜日 23:37 - 翌0:12
→木曜日 23:55 - 翌0:25
放送枠 ZZZ
放送分 30分→35分→30分
木曜深夜時代
放送期間 2002年10月3日 - 2004年3月25日
放送時間 木曜日 22:54 - 23:24
放送枠 プラチナイト
放送分 30分
月曜ゴールデン時代
放送期間 2004年4月12日 - 2006年3月27日
放送時間 月曜日 21:00 - 21:54
放送分 54分
テンプレートを表示

キスだけじゃイヤッ!』は、1997年10月2日から2006年3月27日まで、日本テレビ系列局で放送された読売テレビ制作の恋愛バラエティ番組である。通称『キスイヤ』。

概要[編集]

毎回、番組に2組ないしは3組のカップルが出場し、司会者の島田紳助を始めとする番組出演者たちが彼らの恋愛の悩みや不満を解決していくという内容で放送されていた。スタジオ内での収録パートでは番組出演者たちが出場カップルとトークを展開するその模様が放送され、その後に楽屋に戻ったカップルがそこで会話を交わすその模様を収めたVTRが放送されるというのが通常の流れだった。その他、過去に出場したカップルのその後の行方や結末を追跡したVTRが放送されることもあった。出場カップルの氏名は、プライバシー保護の観点から仮名としていた。

放送開始当初は出場したカップルのバカップルぶりをクローズアップした内容で放送されることが多く、その当時は明るいお笑い番組のような雰囲気があった(ABC朝日放送の紳助の大先輩・桂三枝(現:桂文枝)が司会を担当する「新婚さんいらっしゃい!」のような、なごやかな雰囲気)。また、番組のオープニングでは司会者2人がその回に登場するカップルについてトークをするコーナーも実施されていた。しかしその後、次第に番組は浮気不倫、家族間の不仲、実は彼氏がバイもしくはゲイ・実は彼女がバイもしくはレズビアンだったことを隠しながら付き合っていたといったドロドロとした展開に焦点を当てることが多くなっていった。出場したカップルは番組の収録後にその溝がさらに深まっていったり、どちらかが別れを告げて破局していくなど非常に後味の悪い結末になることが殆どだった。後年においては敢えて番組宣伝でそのような場面を流すなど、よりその傾向が強まっていった。

番組の収録は読売テレビ大阪本社併設のスタジオ内で行われていたが、これは当時ゴールデンプライムタイムに放送される番組としては唯一のものだった。また、日本テレビ系列に属する全国の放送局では出場カップルを選出するオーディションが開かれていた。出場カップルには海外旅行などの豪華特典が進呈されていたが、その内容は番組中に彼らが獲得した支持率の数値によって変わるというものだった。支持率の数値は上は100%まで、下は0%から存在。『ZZZ』枠内で放送されていた時代にはスタジオ内に『欽ちゃんの仮装大賞』(日本テレビ制作)で使われているような得点パネルが置かれ、支持率70%以上を取れば海外旅行が、90%以上を取れば世界一周旅行が贈られた。2組出場するカップルのうち両者ともに旅行権が与えられた回もあれば、2組ともに旅行権獲得に失敗した回もあった。

2000年12月25日2001年12月17日2003年1月3日・同年12月22日には、各局で番組2時間スペシャルが放送された。

出演者[編集]

司会[編集]

ナレーター[編集]

ゴールデンタイム放送時のゲスト出演者[編集]

視聴者からの批判[編集]

この番組は若者を中心に人気を獲得していた一方で、中高年層を中心とする層ではその内容に不快感を抱く者が多く、そのような層からは低俗番組であるとして批判されていた。日本PTA全国協議会が子供がいる家庭の保護者に対し行っているアンケートにおいて、同番組が「子供に見せたくない番組」部門で2005年に第6位に、2006年には第2位にランクインしていたことからも窺える[1]。番組がこのような層からよく批判されていたその背景には、番組内で浮気や不倫をテーマの1つに取り扱っていたことが大きいとされる。そのため、番組を提供していた一部の企業は社名を提供クレジットに表示させていなかった。

ネット局・放送時間[編集]

1997年10月2日、日本テレビ系列全国ネットの深夜番組放送枠『ZZZ』木曜の内包番組として放送開始。この当時の放送時間は、『ZZZ』枠自体が直前枠の番組『NNNきょうの出来事』の放送状況に左右されていたため、必ずしも一定していなかった。

2002年10月3日から2004年4月1日までは、『夜は別バラ22:54』木曜の内包番組として放送されていたが、この時間帯はプライムタイムと深夜帯の中間に位置していた(第2期)。

2004年4月12日から2006年3月27日までは、月曜22時台の連続ドラマ枠から移動し、ゴールデンタイムに当たる月曜21時台に放送された(第3期)。ゴールデン進出時に、それまでこの番組をネットし続けてきたトリプルネット局のテレビ宮崎が編成上の都合から打ち切られた。これによって山梨放送福井放送四国放送高知放送の4局でも、前身の22時台の連続ドラマ枠まで長らく同時ネットしていなかった読売テレビ制作月曜夜の1時間のレギュラー番組をようやく同時ネットするようになった[2]

日本テレビ系列局が存在しない沖縄県では、TBS系列に属する琉球放送にて遅れネットで放送されていた。

系列は放送終了時のもの。特に記述がない場合は第1期 - 第3期をネットした局。

『キスだけじゃイヤッ!』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 備考
近畿広域圏 読売テレビ(ytv) 日本テレビ系列 制作局
関東広域圏 日本テレビ(NTV)
北海道 札幌テレビ(STV)
青森県 青森放送(RAB)
岩手県 テレビ岩手(TVI)
宮城県 ミヤギテレビ(MMT)
秋田県 秋田放送(ABS)
山形県 山形放送(YBC)
福島県 福島中央テレビ(FCT)
山梨県 山梨放送(YBS)
新潟県 テレビ新潟(TeNY)
長野県 テレビ信州(TSB)
静岡県 静岡第一テレビ(SDT)
富山県 北日本放送(KNB)
石川県 テレビ金沢(KTK)
福井県 福井放送(FBC) 日本テレビ系列/テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ(CTV) 日本テレビ系列
鳥取県
島根県
日本海テレビ(NKT)
広島県 広島テレビ(HTV)
山口県 山口放送(KRY)
徳島県 四国放送(KRY)
香川県
岡山県
西日本放送(RNC)
愛媛県 南海放送(RNB)
高知県 高知放送(RKC)
福岡県 福岡放送(FBS)
長崎県 長崎国際テレビ(NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ(KKT)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列/フジテレビ系列
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) 日本テレビ系列/フジテレビ系列/テレビ朝日系列 第2期まで。
鹿児島県 鹿児島読売テレビ(KYT) 日本テレビ系列

スタッフ[編集]

  • 構成 - 詩村博史 / 儀賀保秀、八木晴彦、村井聡之
  • 技術 - 北條吉彦
  • SW (スイッチャー) - 森下直樹
  • カメラマン - 藤井義行
  • 音声 - 小野木晋、滝澤亮
  • 照明 - 廣江貞雄
  • VTR編集 - 明石健二、中澤丈
  • MA - 中澤哲矢
  • 音効 - 船富潤司
  • 美術 - 尾前江美
  • 美術進行 - 上田宗広
  • タイトルロゴ - HANCO
  • CG - セバスチャン
  • TK(タイムキーパー) - 前田典子
  • デスク - 村本雅世
  • リサーチ - タイムテーブル、ニューズクリエイト、スコープ
  • AD (アシスタントディレクター) - 抜居剛、西村洋祐、永濵嘉浩、三宅佑治、中井英雄、桐本将光、他
  • AP (アシスタントプロデューサー) - 栄江真紀子 / 磯塚晋治(吉本興業)
  • AP・取材ディレクター - 瀬野尾光則
  • 取材ディレクター - 高柳康、窪田真也
  • ディレクター - 藤田愛子、西川義嗣、中嶋信之
  • プロデューサー - 原川大(吉本興業)
  • 演出・プロデューサー - 山口剛正
  • チーフプロデューサー - 梅田尚哉
  • 技術協力 - 映像企画、大阪共立、ハートス、マウスサウンドエフェクト
  • 美術協力 - つむら工芸、高津商会、東京衣裳
  • スタッフ協力 - すきな、映像企画、放送事業社
  • 制作協力 - 吉本興業

関連書籍[編集]

  • Kissだけじゃイヤッ! あの名物カップル31組のその後(1999年8月発売、著者 - 読売テレビ、発行 - 光文社ISBN 978-4334972301

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 資料DATA | 社団法人日本PTA全国協議会 (PDF)
  2. ^ しかし、それとは逆に福井放送ではテレビ朝日系列とのクロスネット局でもあるため、本来ならば枠交換で後番組になったばかりの『スーパーテレビ情報最前線』が日曜16時台での遅れネットに降格し、最終的に5つの番組変遷を経て2008年春の改編までこの事態が続くことになった。

関連項目[編集]

  • アフリカのツメ - 番組が『夜は別バラ22:54』枠からゴールデンタイムへと進出した際に、『夜は別バラ22:54』後継枠の『夜は別バラ』にて放送された次番組。ただし、枠自体が同時期に深夜帯へと移動したため、放送時間は異なる。
日本テレビ系列 木曜23:37 - 23:45
前番組 番組名 次番組
スポーツMAX
※23:25 - 23:45
【8分短縮して継続】
キスだけじゃイヤッ!
【本番組のみZZZ木曜1部】
日本テレビ系列 木曜23:45 - 23:55
鉄腕!DASH!!
(1995.11.2 - 1997.9.25)
※23:25 - 23:55
【同番組まで日本テレビ制作】
キスだけじゃイヤッ!
(1997.10.2 - 2002.3)
【本番組のみZZZ枠木曜1部】
【本番組のみ読売テレビ制作】
NNNきょうの出来事
& SPORTS MAX
※22:54 - 23:55
日本テレビ系列 木曜23:55 - 翌0:12
TVじゃん!!
※23:55 - 翌1:15
キスだけじゃイヤッ!
(1997.10.2 - 2002.9)
【本番組のみZZZ枠木曜1部】
【本番組のみ読売テレビ制作】
NNNきょうの出来事
& SPORTS MAX
※23:24 - 翌0:20
【30分繰り下げ】
日本テレビ系列 金曜0:12 - 0:15(木曜深夜)
TVじゃん!!
※前日23:55 - 1:15
キスだけじゃイヤッ!
(1997.10.2 - 1998.9)
【本番組のみZZZ枠木曜1部】
【本番組のみ読売テレビ制作】
U・S改
※0:12 - 0:47
【3分繰り上げ・5分拡大】
BOON!
※0:12 - 0:45
キスだけじゃイヤッ!
(2002.4 - 9)
【本番組のみZZZ枠木曜1部】
【本番組のみ読売テレビ制作】
NNNきょうの出来事
& SPORTS MAX
※前日23:24 - 0:20
【30分繰り下げ・5分短縮】
日本テレビ系列 金曜0:15 - 0:25(木曜深夜)
BOON!
※0:12 - 0:45
キスだけじゃイヤッ!
(2002.4 - 9)
【本番組のみZZZ枠木曜1部】
【本番組のみ読売テレビ制作】
NNNきょうの出来事
& SPORTS MAX
※前日23:24 - 0:20
【30分繰り下げ・5分短縮】
MOBI
※0:20 - 0:50
日本テレビ系列 木曜22:54 - 23:24
NNNきょうの出来事
& SPORTS MAX
(2002.4.4 - 9)
※22:54 - 23:55
【30分繰り下げ・5分短縮して継続】
キスだけじゃイヤッ!
(2002.10.3 - 2004.3.25)
【本番組のみ夜は別バラ22:54枠】
【本番組のみ読売テレビ制作枠】
NNNきょうの出来事
(2004.4.1 - 2006.9.28)
※22:54 - 23:25
【30分繰り上げ・改題】
日本テレビ系列 月曜21:00 - 21:54
スーパーテレビ情報最前線
(1991.4.8 - 2004.3)
※月曜22時台へ移動
【ここまで日本テレビ制作】
キスだけじゃイヤッ!
(2004.4.12 - 2006.3.27)
【本番組より読売テレビ制作】
芸恋リアル
(2006.4.17 - 2007.7.23)