不幸の法則

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
不幸の法則
ジャンル バラエティ
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
出演者 長井秀和井上和香ほか
不幸の法則
放送時間 水曜日23:40~24:20(40分)
放送期間 2004年10月6日~2005年3月30日
プロデューサー 吉田真
不幸の法則 -赤い女 黒い女-
放送時間 火曜日23:40~24:20(40分)
放送期間 2005年4月5日~9月20日
プロデューサー 菅賢治
テンプレートを表示

不幸の法則ふこうのほうそく)は、日本テレビ系列で深夜に放送していたバラエティ番組

概要[編集]

開始当初は毎週水曜日23:40~0:20の放送で、2004年10月6日に放映開始。2005年4月5日から火曜日(時間帯は同じ)に移動になった。それに伴って番組名にサブタイトルが加わり「不幸の法則 -赤い女 黒い女-」とマイナーチェンジした。

水曜日時代は、女性視聴者からテーマに沿った「不幸の法則」の投稿ネタを募集し、その再現VTRを見ながらスタジオゲストの不幸なエピソードを紹介するトークバラエティ番組であった。

火曜日に移動してからは、あるシチュエーションで「赤い女」と「黒い女」がとるリアクションを紹介し、女性ゲストに自分ならどちらにするか選ばせるコーナー「グッチョイ バッチョイ(Good choice, Bad choice)」がメインになった。あらかじめ男の一般視聴者100名に「赤い女」「黒い女」どちらのリアクションが嫌か答えさせ、その回答に一致する頻度が最も高かったゲスト(ただしMCの独断も加味される)に「不幸な女」の称号が与えられる。

「不幸の選択」の結果の「100人中○人の人に嫌われる」の後に読まれる嫌いな理由を井上が読みあげることも多い。

出演者[編集]

MC[編集]

主なゲスト[編集]

VTR出演[編集]

渡部は女をうんちくで落とす男などを演じていた。
児嶋は紙オムツをはくなどの体当たり的な役に挑戦していた。
  • 佐藤友紀・・・水曜日時代のみ
  • 青木さやか・・・水曜日時代の第1回・第3回、「東京都・美幸さん」名義での投稿ネタVTRに出演。

ナレーター[編集]

スタッフ[編集]

番組本[編集]

「不幸の法則」(ISBN 4820399349) 2005年3月25日日本テレビ放送網株式会社発行

外部リンク[編集]