FNS26時間テレビ (2010年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
FNSの日 > FNS26時間テレビ (2010年)
FNSの日26時間テレビ2010
超笑顔パレード

爆笑!お台場合宿!!
Fuji TV headquarters and Aqua City Odaiba - 2006-05-03-2009-25-01.jpg
番組生放送が行われた
フジテレビ本社「FCGビル
(写真は外観)
ジャンル 長時間特別番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 19:00 - 日曜日 20:54(25時間54/1554分)
放送期間 2010年7月24日 - 7月25日(1回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
フジネットワーク27社
製作総指揮 豊田皓港浩一
日枝久(制作代表)
演出 奥村達哉、渡辺琢
神原孝(総合演出)
プロデューサー 神原孝(総合P)
出演者 総合司会
島田紳助
進行
中村仁美
インフォメーションコーナー担当
加藤綾子松村未央
出演者の項目を参照
音声 ステレオ放送
字幕 サザエさん』放送時のみ実施
データ放送 番組連動データ放送
オープニング nil「hate beat!」
エンディング ヘキサゴンオールスターズ僕らには翼がある〜大空へ〜
外部リンク 公式サイト

特記事項:
番組名の由来及びベース番組は『クイズ!ヘキサゴンII』。
テンプレートを表示

FNSの日26時間テレビ2010 超笑顔パレード 絆 爆笑!お台場合宿!!』(FNSのひ 26じかんテレビ2010 ちょうえがおパレード きずな ばくしょう!おだいばがっしゅく!!)は、フジテレビ系列2010年7月24日 19:00 - 7月25日 20:54(JST)に生放送された通算24回目の『FNS26時間テレビ』。ハイビジョン制作

概要[編集]

今回のテーマは前回の「笑顔と感動」に新たに「」が追加された「絆〜超!笑顔と感動〜」。前回と同様に『クイズ!ヘキサゴンII』をベース・メインとし、2年連続で総合司会は島田紳助、進行役は中村仁美、出題役は牧原俊幸がそれぞれ務めた。日曜日21時台に当時紳助司会の日本テレビ系列行列のできる法律相談所』が放送されていたため、今回も20時台で終了し、26時間となった。

2011年7月24日地上アナログ放送が終了することに伴い、2010年7月5日からNHK日本民間放送連盟の方針で地上デジタル放送への完全移行を前提に、アナログ放送の全番組が画角16:9のレターボックス放送に移行したため、本番組もアナログ放送ではレターボックスで放送された(24日12時にアナログ放送が完全停波した石川県珠洲市エリアではデジタル放送のみ)。

またテレビ宮崎は報道ネットワーク協定の関係上、深夜分はNNN、昼はANN配給の全国ニュースを放送しており、その時間帯は基本的にネットを中断してクロスネット相手の系列各局のニュースを優先していた(年度・時間帯によってはFNNのニュースと重複放送する場合があった)が、この年NNNの深夜ニュースがスポーツニュースと一体化されたため放送されず、ANNお昼のニュースが放送された11:50-12:00のみの中断だけでほぼ全編同時ネットとなった。

出演者[編集]

総合司会

進行

出題

インフォメーションアナウンサー

ナレーション

ヘキサゴンファミリー


フジテレビアナウンサー[編集]

新人アナウンサー

ゲスト[編集]

主な放送企画・コーナー[編集]

メイン企画[編集]

サーターアンダギー 全国縦断弾丸イベント
サーターアンダギーの3人によるテーマソング『僕らには翼がある〜大空へ〜』の全国縦断弾丸コンサート。行程は東京・お台場→沖縄→福岡→大阪→東京のルート。山里亮太南海キャンディーズ)が「カシアス山里」名義で全国弾丸イベントに同行した。
FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010
前年に続いて行われる三輪車レース。FNS各局の代表チームとヘキサゴンチームの28チームが出走。実況は三宅アナ・須藤、サポーター兼解説は品川。FNS各局代表チームは前日にFNSの各局のスタッフ全員に対し行われたペーパーテストでおバカな回答をしたメンバー3人+代表女子アナ&監督で構成。一部選手のおバカな回答は番組で披露される。今年度は全28チームが完走し、ヘキサゴンチームが優勝した。未完走のチームは罰としてテストが公開される予定だったが、最下位の関西テレビが公式HPでテストを披露する事になった。
ヘキサゴンチームは監督にクリス、走者に南、小島、田中、RYOEIの4人。立候補者が南1人のみであったため、残り3人のドライバーは後日島田の独断で選ばれた。小島以外は初出場。RYOEIは「スタジオにいても役に立たない」、田中は「スタジオに居ても視聴率が取れない」という理由で選出。クリスは南のリクエストにより監督に選出。
ヘキサゴンファミリー 24時間駅伝〜絆〜
お台場をスタート・ゴール地点とし、箱根駅伝に準じる211kmのコースをヘキサゴンファミリーから選抜されたメンバーがたすきを繋ぐ。番組内で発表された走者は次の通り。
  1. つるの剛士(キャプテン): お台場⇒蒲田・22 km
  2. 小島よしお : 蒲田⇒戸塚・25 km
  3. 波田陽区 : 戸塚⇒平塚・26 km/最長区間
  4. 崎本大海 : 平塚⇒小田原・21 km
  5. 庄司智春 : 小田原⇒箱根・11.5 km/山登り区間
  6. 矢口真里 : 箱根⇒小田原・11.5 km/山下り区間
  7. 里田まい : 小田原⇒大磯・16 km/女性最長区間
  8. 藤本敏史 : 大磯⇒逗子・17 km
  9. misono(熱中症によりリタイアした為に走ったのは最初の200mのみ、波田がピンチランナーとして走った)
  10. 上地雄輔 : 戸塚⇒蒲田・24 km
  11. 山田親太朗 : 蒲田⇒お台場・23 km
実況は中村、監督・解説は千葉。たすきリレーの模様は番組内で随時中継され、ゴールした走者には関係者からの手紙が朗読された(リタイアしたmisonoはなし)。また、各コーナーでは駅伝ランナーの伴走が罰ゲームとして設定され、くりぃむしちゅー有田哲平が上地の伴走として区間の途中まで参加した。
2010年10月6日には24時間駅伝の模様と三輪車レースの模様がDVDとして発売された。『FNSの日』の映像が商品化されるのは、これが初めての事例となる。

土曜日[編集]

  • オープニング
    紳助のコメント後にタネも仕掛けもない箱から続々とメンバー[1] が登場しマジック(イリュージョン)を披露、全員揃ったところでタイトルコール。番組内容や目玉企画の紹介を行った。
    サーターアンダギー全国ツアーの東京中継。
  • 駅伝スタート
    午後7時30分に第1区のつるのがスタートした。
  • 三輪車レース 前夜祭
    ヘキサゴンチームを含む28チームの予選順位の発表。
  • クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル
    前年同様早押しクイズの正解者から、やること決めルーレットによって出場番組を決めた。途中からネプチューンが乱入、堀内の発言によりネプリーグでヘキサゴンチームが勝てば名倉が駅伝を伴走することに。
  • ネプリーグVSヘキサゴン
    出演:ネプチューンレッド吉田 (TIM)、ビビる大木
    ネプチューンチームが勝ち、名倉は駅伝伴走を免除となった
    この間に駅伝が第1区のつるのから第2区の小島への襷渡しが行われた。

日曜日[編集]

グランドフィナーレ[編集]

  • 三輪車レース ゴール・表彰式
    全28チームが完走した。
    • 1位 ヘキサゴンチーム(南明奈、RYOEI、小島よしお、アンガールズ・田中卓志、クリス松村(監督))380周
  • グランドフィナーレ
    駅伝アンカーの山田が放送時間内に三輪車耐久レース会場に到着。最後に出演者全員でテーマソングを大合唱しエンディングとなった。
    親太朗の応援でZARDの『負けないで』を流した(日本テレビ系列『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』内「チャリティーマラソン」のパロディ)が、歌いだし直後にCMを入れてすぐに合唱を打ち切り、その後、アラジン陽は、また昇る』をアラジンのメインボーカルにて全出演者で大合唱した。
    テーマソング大合唱終了後、紳助は「このメンバーで『26時間テレビ』をやることはもう2度とないでしょう」と述べた。なお、翌2011年の『FNSの日』では紳助の発言通り『ヘキサゴンII』はベース番組からは外れることとなったが、コーナーとしては参加した。
    番組終了直後に放送されたスポットニュース『FNNレインボー発・あすの天気』(一部の地域を除く)のオープニングでは、グランドフィナーレを終えた後も野外ステージに残る出演者たちの様子がお天気カメラによって映し出された。

視聴率[編集]

ビデオリサーチ調べ・関東地区・世帯

番組全体の平均視聴率は関東地区で12.6%、関西地区で17.2%だった。時間別最高視聴率は26日 18:30 - 20:54の17.3%だった。瞬間最高視聴率は23.7%だった。

コーナー別視聴率(下記参照・関東地区)

視聴率 集計時間 コーナー名
11.5% 24日 19:00 - 21:30 グランドオープニング〜クイズ!ヘキサゴンIIスペシャル
15.4% 24日 21:30 - 24:00 ネプリーグVSヘキサゴン
10.7% 25日 0:00 - 2:30 さんま・中居の今夜も眠れない
06.5% 25日 2:30 - 5:00 めちゃイケVSヘキサゴン 深夜のシンクロナイズドテイスティングスペシャル
06.4% 25日 5:00 - 5:20 めちゃイケVSヘキサゴン 深夜のシンクロナイズドテイスティングスペシャル
05.7% 25日 5:20 - 5:50 2010年F1第11戦・ドイツGP予選
09.6% 25日 5:50 - 9:00 サーターアンダギー 全国縦断弾丸イベント〜FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010〜24時間駅伝中継
15.7% 26日 9:00 - 12:00 ペケ×ポンVSヘキサゴン〜笑っていいとも!VSヘキサゴン 笑っていいとも!増刊号
12.9% 26日 12:00 - 16:00 三輪車・駅伝・サーターアンダギー中継〜VS嵐VSヘキサゴン〜競馬中継〜番組対抗ヘキサゴン
16.1% 26日 16:00 - 18:30 番組対抗ヘキサゴン〜FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010
17.3% 26日 18:30 - 20:54 サザエさん〜グランドフィナーレ

主題歌[編集]

関連番組[編集]

  • 事前番組
    • 爆笑リハーサル!! FNSの日26時間テレビ2010前夜祭!!(2010年7月23日 21:00 - 22:52 『金曜プレステージ』枠)
    26時間テレビ非ネットのテレビ大分は別番組。同時間帯に『金曜ロードショー』を放送するテレビ宮崎は遅れ放送。
    • FNS26時間テレビ本番直前! 緊急生放送ってことは実質29時間だよねSP(2010年7月24日 16:00 - 17:30 『土曜ワイド』枠)
    テレビ大分を除くFNS27局同時ネット。
  • 事後番組
    • クイズ!ヘキサゴンII「密着!26時間テレビ感動の舞台裏」(2010年7月28日 19:00 - 19:57)
    • VS嵐(2010年7月29日 19:00 - 19:57)

スタッフ[編集]

DVD[編集]

  • 『FNS26時間テレビ2010「24時間211Km駅伝〜絆〜」』(ポニーキャニオン、2010年10月6日発売)
    • 番組内で放送された企画「ヘキサゴンファミリー 24時間駅伝〜絆〜」を放送されなかった舞台裏を追加してDVD化された。また、特典映像には、「FNS27局対抗! 三輪車12時間耐久レース O-1グランプリ2010」の模様を優勝したヘキサゴンチームを中心として収録されている。ナレーションはメインの駅伝を中村仁美、特典映像の三輪車大会を牧原俊幸が担当しており三輪車では実況を担当した三宅正治と須藤悟の声も入っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ クリスとサーターアンダギーは除く。
  2. ^ 前回はファミリーとして出演していた。
  3. ^ 翌年はファミリーとしてヘキサゴンスペシャルに出演。
フジテレビ系列 FNS27時間テレビ
前番組 番組名 次番組
FNSの日26時間テレビ2010
超笑顔パレード

爆笑!お台場合宿!!
(2010年)