あっぱれさんま大先生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あっぱれさんま大先生
ジャンル バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 三宅恵介
出演者 明石家さんま
ほか
音声 モノラル放送
オープニング 「あっぱれさんま大先生」
エンディング 「ボク知ってるョ」
記念樹
月曜時代(第1期)
放送時間 月曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1988年11月21日 - 1990年9月24日
プロデューサー 山縣慎司
日曜時代(第1期)
放送時間 日曜 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 1990年10月21日 - 1995年3月26日
プロデューサー 山縣慎司
木曜時代(第1期)
放送時間 木曜 19:00 - 19:30(30分)
放送期間 1995年4月27日 - 1996年3月21日
プロデューサー 山縣慎司
日曜時代(第2期)
放送時間 日曜 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 2000年4月2日 - 2003年10月19日
プロデューサー 加茂裕治
さんま大先生が行く!
放送時間 日曜 13:00 - 13:30(30分)
放送期間 2003年10月26日 - 2004年10月31日
プロデューサー 加茂裕治
テンプレートを表示

あっぱれさんま大先生』(あっぱれさんまだいせんせい)は、フジテレビで放送されていたフジテレビ制作のバラエティ番組。および同番組のテーマソングであり、出演者の明石家さんまが歌うシングルCDのタイトルでもある。

概要[編集]

明石家さんま(先生)子供(生徒)たちによるスタジオトークを中心に様々な企画を展開していた番組で、アニメ『魁!!男塾』の後番組として1988年11月21日に月曜19:00枠にて放送開始(関西テレビほか一部ネット局では異時ネット)。

放送開始から2年後の1990年10月21日に日曜13:00枠へ移動し、さらにそれから4年半後の1995年4月27日に『木曜ファミリーランド』の枠縮小を受けて木曜19:00枠へ移動したが、1996年3月21日放送分をもって番組リニューアルのために子供たちを全員卒業させた(第1期終了)。

その後、『やっぱりさんま大先生』と改題して日曜13:00枠へ再移動し、同タイトルで2000年3月19日まで放送されたが、同年4月2日放送分からは再度『あっぱれさんま大先生』へと戻り、2003年10月19日まで放送(第2期)。その翌週の10月26日からは内容を大幅にリニューアルし、『さんま大先生が行く!』というタイトルで放送された。それまではさんまがスタジオで子供たちとトークをする方式だったが、同番組ではさんまが各地の小学校へ行くという方式に改められた。

2004年11月7日に放送を開始した『あっぱれ!!さんま大教授』では、それまでの「子供たちとの絡み」を中心としてきた内容を改めた。以後は毎回テーマを設定し、それに関する調査を基にゲストを招いてトークするという内容で放送された。

主なコーナー[編集]

  • あっぱれ相談室
  • あっぱれ広場
  • あっぱれ隊が行く
  • あっぱれ教室
  • あっぱれニュースデスク
  • あっぱれスポーツ
  • ほか

主な出演者[編集]

()内はその後の活動内容および補足事項。

卒業生[編集]

  • 志村玲那(女優)
  • 根本卓哉
  • 鹿志村綾
  • 矢川菜穂美
  • 神佐泰也
  • 福長康一
  • 御手洗リカ
  • 小林加奈
  • 高橋章久
  • 永見林森
  • 鳴海晃司
  • 芝崎善紀
  • 湯山絵梨
  • 歌代未央
  • 増川浩行
  • 上野秀樹
  • 永川謙
  • 榎園京
  • 木村英美香
  • 田中沙織
  • 三浦海
  • 宮崎立輝
  • 中島玲奈
  • 安藤明子
  • ほか

オーディションで落選した有名人[編集]

ワシャガエル(アニメキャラクター)の声[編集]

スタッフ[編集]

第1期(1988年 - 1996年)[編集]

第2期(2000年 - 2003年)[編集]

  • プロデューサー:加茂裕治
  • ディレクター:三宅恵介、窪田豊

テーマ曲[編集]

オープニングテーマ[編集]

  • あっぱれさんま大先生(作詞:3chanとみんな、作曲:6chan、唄:3chan)

エンディングテーマ[編集]

  • ボク知ってるョ(作詞:Cchan、作曲:Kchan、唄:4chan)
  • 記念樹(作詞:天野滋、作曲:服部克久、唄:あっぱれ学園生徒一同)

記念樹事件[編集]

エンディングテーマの「記念樹」が、それより前に書かれた「どこまでも行こう」(作詞・作曲:小林亜星)と類似したメロディだとして裁判になった。小林側は、訴訟提起中にもかかわらず「記念樹」を流したとしてフジテレビを提訴。裁判は小林の勝訴で確定し、フジテレビは以後「記念樹」を番組で使わないことを確約した。結果、同曲は2002年9月8日放送分から流れなくなった。

備考[編集]

  • 関西テレビ2013年8月3日・フジテレビ8月17日放送分の『さんまのまんま』(ゲストは中村勘九郎・七之助兄弟)でさんまが語った内容によると、本番組(特に「あっぱれ相談室」コーナー)のヒントは、兄弟の父親でありさんまの親友であった中村勘三郎が6歳の頃(当時は五代目勘九郎)に三木のり平と共演していたラジオ番組『勘九郎・のり平の大人の幼稚園』(1961年、ニッポン放送)であったという[1]。また、本番組卒業生の前田愛が勘九郎と結婚したことについて、さんまは不思議な巡り合わせに「気持ち悪いわぁ」とコメントした[2]
  • 1995年4月からの木曜ゴールデンタイム時代にはプロ野球中継と重なることが多く、その際には本番組の放送は休止にされていたが、その一方で野球が雨天中止になった場合に備え、「あっぱれ雨の特別企画」という企画の収録も行われていた。しかし、雨天中止になったことは一度も無く、この企画の収録分はお蔵入りとなった。
  • 第1期の放送が1996年3月に終了して以来、さんまをメインに据えたフジテレビ系全国ネットのゴールデンタイムのレギュラー番組は長年存在しなかった(プライムタイム枠では1999年10月から2001年9月まで『明石家マンション物語』が、2001年10月から2002年3月まで『明石家ウケんねん物語』が放送されていた)が、2010年10月に同じくさんまが司会を務める『ホンマでっか!?TV』が月曜23時枠(『バラパラ』枠)から水曜21時枠へ移動した。これにより、さんまは14年7か月ぶりにフジテレビのゴールデンタイムに復帰した。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 明石家さんま「あっぱれさんま大先生」の原点は勘三郎さんと明かす デイリースポーツ 2013年8月3日付
  2. ^ さんま “原点”は勘三郎さんと明かす デイリースポーツ 2013年8月3日付
フジテレビ 月曜19:00枠(1988年11月 - 1990年9月)
前番組 番組名 次番組
あっぱれさんま大先生
(第1期)
今夜は好奇心!
※19:00 - 20:00
フジテレビ 日曜13:00枠(1990年10月 - 1995年3月)
あっぱれさんま大先生
(第1期)
フジテレビ 木曜19:00枠(1995年4月 - 1996年3月)
あっぱれさんま大先生
(第1期)
天才!ヒポカンパス
※19:00 - 19:54
フジテレビ 日曜13:00枠(2000年4月 - 2004年10月)
あっぱれさんま大先生
(第2期)

さんま大先生が行く!