記念樹 (あっぱれ学園生徒一同の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
記念樹
あっぱれ学園生徒一同の楽曲
収録アルバム 「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集
リリース 1992年12月2日
規格 CD
ジャンル 子供向け楽曲
合唱曲
レーベル ポニーキャニオン
作詞者 天野滋
作曲者 服部克久
その他収録アルバム

  • 夏休み冬休み春休み(1993年
  • 「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集〜笑顔の季節(1996年

「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集収録順

学芸会のきみ
(9)
記念樹
(10)

記念樹』(きねんじゅ)は、1992年に発表された合唱曲である。作詞者天野滋作曲者服部克久である。ただし、小林亜星が作曲した『どこまでも行こう』(1966年発表)の盗作であるとし、2003年に確定した司法判断(記念樹事件)によって、同曲を服部が編曲した作品であると認定された。

概要[編集]

フジテレビで放送されていたバラエティー番組『あっぱれさんま大先生』のエンディングテーマとして作られた。オリジナル歌手は「あっぱれ学園生徒一同」。(なお、1996年に同番組が『やっぱりさんま大先生』にリニューアルして以降は「あっぱれ学園卒業生一同」とクレジット)。後述の事件が決着する前は、卒業ソングとして小学校などの卒業式で歌われていた。

本楽曲が初めて収録されたメディアは、1992年12月2日に発売されたアルバム『「あっぱれさんま大先生」キャンパスソング集』(ポニーキャニオン)である。1993年2月19日には、あっぱれ学園生徒一同のシングル『夏休み冬休み春休み』(ポニーキャニオン)のカップリング曲としてシングルカットされた。

歌詞の内容の大意は、校庭の隅に植えた記念樹を主題として将来つらいときや泣きたいときがあったとしても、子供のころの楽しい記憶を思い出して笑っていこう、というものである。

カバーした歌手[編集]

著作権を巡って[編集]

著作権を巡って「どこまでも行こう」を作曲した小林が服部を盗作であると訴えた。両者の意見は平行線を辿り裁判にまで発展したが、最終的には小林の主張が認められた。

その結果、小林はそれまで小学校の卒業式などで合唱曲として唄われてきた『記念樹』を唄わないで欲しいと自粛を要請し、原盤権保有者のフジパシフィック音楽出版(現・フジパシフィックミュージック)日本音楽著作権協会(JASRAC)から作品を削除したため、JASRACの許諾を基にしていたCD・楽譜への収載、通信カラオケや有線放送配信はすべて取りやめられた。

関連項目[編集]