笑顔のまんま

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
笑顔のまんま
BEGINシングル
A面 笑顔のまんま
リリース
規格 マキシシングル
録音 2008年
ジャンル J-POP
時間
レーベル インペリアルレコード
作詞・作曲 BEGIN
明石家さんま
チャート最高順位
BEGIN 年表
イチャリバオハナ
2008年
笑顔のまんま
2009年
国道508号線
2012年
明石家さんま 年表
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
1999年
笑顔のまんま
(2009年)
テンプレートを表示

笑顔のまんま(えがおのまんま)は日本のバンドBEGINの35枚目のシングル。BEGIN with アホナスターズ名義で2009年1月7日発売。

概要[編集]

フジテレビFNS27時間テレビ!! みんな笑顔のひょうきん夢列島!!』の深夜コーナー「さんま・中居の今夜も眠れない」の中で、明石家さんまがBEGINに番組のエンディングテーマを作って欲しいとの依頼をした事がきっかけでこの楽曲が誕生した。 制作に要した時間は「さんま・中居の今夜も眠れない」から「グランドフィナーレ」までのわずか18時間であり、番組のエンディング時に「笑顔のまんま」を初披露した。そのタイトルは、ギターの島袋が同コーナー中に提案したものが採用されている。

元々は、エンディングでBEGINが持ち曲を2〜3曲披露してもらおうと思っていたのだが、さんまが流れで、「曲作ってくれまっか」と冗談半分でお願いしたところ、BEGINは驚きつつも即決で「はい」と答えてしまう。さんまはとんでもない方向に行ったと思い困惑していたが、BEGIN曰く、「作れる気がした」と思い、曲作りを快諾したという。

同曲が披露された直後から反響を呼び、同番組で披露された時の音源が2009年8月5日から着うた着うたフルの配信が順次開始され、CD化に至った。

歌詞は1番までしか存在しなかったのだが、CDでの販売に向け、2番が制作された。コーラスにはさんまとゆかりのある芸人の間寛平村上ショージジミー大西雨上がり決死隊ガレッジセールタカアンドトシが「アホナスターズ」のメンバーとして参加した。

本作のリリースを記念して発売日に、関西テレビさんまのまんま』のマスコットキャラクターであるまんまちゃんがタワーレコード渋谷店に訪れた。その際、購入者特典としてまんまちゃんとの握手や写真撮影が行われた。

また、この作品が誕生したことで一つの番組も誕生している。タイアップとして使用していたジョージアがスポンサーの朝のFMラジオで放送されるミニ番組GEORGIA presents ジョー&デッキーの上出来 one minute show!」で、放送時には『笑顔のまんま物語』と言う副題が付いている。

2011年12月7日放送のフジテレビ『2011 FNS歌謡祭』では、BEGIN×明石家さんま×SMAPコラボレーションで披露された。

この曲を作らせてしまったと思っていたさんまは、販売直後BEGINが開催しているライブにノーギャラで出演するようになった。

収録曲[編集]

  1. 笑顔のまんま(BEGIN with アホナスターズ)
    (作詞:明石家さんまBEGIN/作曲・編曲:BEGIN)
  2. 笑顔のまんま(アホナスターズ with BEGIN)
  3. 笑顔のまんま(radio edit)
  4. 笑顔のまんま(karaoke)

タイアップ[編集]

補足[編集]

2009年9月発売の『つるのおと』に「笑顔のまんま (Live version)」としてつるの剛士と歌ったものが収録されている。

また、2009年10月1日放送分の『いいはなシーサー』(テレビ朝日)でも「笑顔のまんま〜いいはなシーサーVer.〜」として演奏され、同番組のMCである相田翔子がサブボーカルを務めた。なお、この音源と映像は番組終了後に着うた、着うたフル、着ムービー化され、テレビ朝日の携帯サイトにおいて同年10月1日から10月31日までそれぞれ期間限定で配信されていた(ただしこれらをダウンロードする場合、月額制による会員登録が必要となっていた)。

また2012年1月1日放送の「さんタク」のエンディングで木村拓哉が弾き語りで歌っていた。

外部リンク[編集]