明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明石家さんまの
爆笑!ご長寿グランプリ
ジャンル 特別番組バラエティ番組
構成 大岩賞介
ディレクター 有馬巨人、岩永紗代美、山口博、中島祥太、鈴木闘匠、重原将司
演出 塚田俊男(総合演出)
司会者 明石家さんま
山本匠晃(TBSアナウンサー)
出演者 別項
全国各地の老人たち
ナレーター 服部潤
言語 日本語
製作
プロデューサー 江藤俊久、井上整
制作 TBS
放送
映像形式 文字多重放送
音声形式 ステレオ放送
放送期間 2016年12月29日 -
放送時間 別項
放送分 150分→155分→180分
回数 4回
番組年表
関連番組 さんまのSUPERからくりTV
テンプレートを表示

明石家さんまの爆笑!ご長寿グランプリ』(あかしやさんまのばくしょう!ごちょうじゅグランプリ)は、TBS系列2016年12月29日から毎年12月29日に放送されている、日本バラエティ番組年末特番。総合司会は明石家さんまであり、さんまの冠番組である。2018年までは『爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ』という名前であった[1][2]

概要[編集]

かつて、当番組と同じく明石家さんまが司会でTBSテレビで放送されていたさんまのSUPERからくりTV(以下「からくりTV」)から、特に『ご長寿』に焦点を当てた内容で放送されているのが当番組である。「ご長寿早押しクイズ」を軸として放送され、新作のみならず、からくりTV時代のご長寿クイズの名場面集や、ご長寿が昔の自分に宛てたメッセージを送る「ご長寿ビデオレター」のコーナー、ご長寿が若年者(TBS新人アナウンサーやタレント、若手芸人等)の悩みに答えるコーナーなどが放送されている。 放送曜日に関わらず、毎年12月29日に放送されるのが慣例となっている。

主なコーナー[編集]

ご長寿早押しクイズ
元々はさんまのからくりTV時代の1994年10月に開始した人気コーナーである。[3]
フニクリ・フニクラ」の替え歌のオープニングと同時にコーナーが始まる。全国予選では山本匠晃などTBSアナウンサーが出題役を務め、2017年まで決勝戦はからくりTV時代から続いて鈴木史朗が出題役を担当した。2018年、鈴木が80歳を迎えて「後進に譲りたい」という本人の希望から、決勝戦の司会をこれまで予選の司会を務めてきた山本に譲り勇退することとなった。なお、鈴木は2019年にスペシャルゲストとしてメインスタジオに登場した。2018年からの決勝戦は山本匠晃(TBSアナウンサー)が担当。80歳以上の高齢者(ご長寿)の解答者3名が早押しクイズを行い、一番多く正解した解答者が優勝となる。ある程度時間が経っても正解が出ない場合は次の問題に移るが、最終問題や同点決勝は正解が出るまで続行する。

出演者[編集]

総合司会[編集]

進行[編集]

ご長寿早押しクイズ出題役[編集]

  • 鈴木史朗 - 2017年までの決勝戦
  • 山本匠晃(TBSアナウンサー) - 予選、2018年からの決勝戦

放送一覧[編集]

放送日 放送時間(JST ゲスト
1 2016年12月29日(木曜) 18:30 - 21:00 岡田結実梅沢富美男宮川大輔上地雄輔柴田理恵ハリセンボンちゃんみな
2 2017年12月29日(金曜) 宮川大輔、ハリセンボン、森昌子澤部佑ハライチ)、藤田ニコル
3 2018年12月29日(土曜)[4] 平野紫耀本田望結いとうあさこ滝沢カレン、柴田理恵
4 2019年12月29日(日曜) 18:00 - 21:00 堤真一高畑淳子南海キャンディーズ、滝沢カレン

スタッフ[編集]

第4回
  • ナレーション:服部潤(第4回)
  • 構成:大岩賞介(第1回-)、木野聡(第1回-)、ビル坂恵(第1回-)、松本智子(第1回-)、村城大輔(第3回-)
  • TM:山下直(第3回-)
  • TD:中村年正(第3回-、第1,2回はCAM)
  • VE:宮本民雄(第4回)
  • カメラ:佐藤雅之(第4回)
  • 音声:山羽稔(第2回-)
  • 照明:鈴木英敬(第1回-)
  • ロケ技術:T-TEX(第1回-)、スウィッシュ・ジャパン(第2回-)、東通(第1回-)
  • 編集:新部裕司(第1回-)
  • MA:渡邊剛盛(第1回-)
  • 音響効果:西方裕弥(ZACK、第1,3回-)
  • CG:大宮司徳盛(第1回-)
  • 美術プロデューサー:澁谷政史(第4回、第1-3回は美術制作)
  • 美術デザイナー:太田卓志(第1回-)、平本健太(第3回-)
  • 美術制作:武井大浩(第4回)
  • 装置:坂本進(第1回-)
  • 操作:山本晃靖(第1回-)
  • 電飾:渡辺竜明(第4回)
  • アクリル装置:青木剛(第1回-)
  • 装飾:川原栄一(第1回-)
  • 植木装飾(第2回-):菊地起矢(第2回-)
  • ヘアメイク:柿本穂乃香(第4回)
  • スタイリスト(第2回-):波多野としこ(第2回-)
  • 編成:青木伸介(第4回)
  • 宣伝:星奈津美(第2回-)、井田有香(第4回)
  • TK:岩橋千枝(第1回-)
  • デスク:石川素子(第1回-)
  • 協力プロデューサー(第3回-):田中裕樹(吉本興業、第3回-)
  • AD:米山美咲(第4回)、丸尾優一(第2回-)、樋口翔太(第4回)、柴入美咲(第4回) 、江川美郷(第4回)、石川葵(第4回)、藤崎美幸(第2回-)
  • 制作進行(第4回):大野道子(第4回、第3回はAD)
  • FD(第4回):宮島将志(第4回、第1回はディレクター)
  • MP(第4回):樋江井彰敏(第4回)
  • AP:梶山智未(第1回-)、池澤由佳(第1回-)
  • ディレクター:有馬巨人(第1回-)、岩永紗代美(第1,3回-)、山口博(第1回-)、中島祥太(第2回-、第1回はAD)、鈴木闘匠(第1回-)、重原将司(第4回)
  • 制作協力:TRIM(第1回-)
  • 総合演出:塚田俊男(第3回-、第1,2回は演出)
  • プロデューサー:江藤俊久、井上整(井上→第3回-、第1,2回は演出)
  • 製作著作:TBS

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:杉本るみ(第1回)、真地勇志(第1,2回)、立木文彦(第1,3回)
  • 構成:高須光聖興津豪乃大井洋一、河口ワタル、長﨑周成(共に第1回)、詩村博史(第1-3回)、佐藤雄貴(第2回)
  • TM:近藤明人(第1回)、森享宏(第2回)
  • TD:山田賢司(第1,2回)
  • VE:青木孝憲(第1回)、鈴木昭平(第2回)、生田史織(第3回)
  • CAM:坂口司(第3回)
  • 音声:小岩英樹(第1回)
  • 編集:持田真吾(第1回)、内海大助(第2回)、大岡愛、吉田実加(共に第3回)
  • 音響効果:遠藤亘(ZACK、第1-3回)
  • 美術プロデューサー:渡邊秀和(第1-3回)
  • 電飾:西田和正(第1-3回)
  • ヘアメイク:武田知子(第1回)、坂間亜由美(第2,3回)
  • 編成:岸田大輔(第1-3回)、上田淳也(第2,3回)
  • 宣伝:小林恵美子(第1-3回)
  • 協力プロデューサー(第3回-):五味渕英(よしもとクリエイティブ・エージェンシー、第3回)
  • AD:大澤佑一郎、吉田賢人、布施治香、今野正統(共に第1回)、武田欣樹(第1,2回)、長井慎弥、伊東春香、丹野碧、親川奈々実(共に第2回)、長谷川優太、林貴都、古謝汐里、黄恵利、倉床俊彗(共に第3回)
  • 再現ドラマスタッフ(第1回):梅原由紀子、長野友弘(共に第1回)
  • AP:田中乙妃(第2,3回)
  • ディレクター:若菜久利、江藤博文(共に第1回)、森田敦士、及川慶、大谷裕、戸田悠貴、秋津貴宣、中井翔太(共に第1,2回)、見崎陽亮、武山友樹、石塚幸一(共に第1-3回)、丹川祥一(第1,3回)

脚注[編集]

  1. ^ TBS. “爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2016” (日本語). TBSテレビ. 2020年1月3日閲覧。
  2. ^ TBS. “爆笑!明石家さんまのご長寿グランプリ2017” (日本語). TBSテレビ. 2020年1月3日閲覧。
  3. ^ “からくりTV 22年の歴史に幕…さんま涙なく感謝「また会う日まで」”. スポーツニッポン. (2014年9月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/09/07/kiji/K20140907008890250.html 2014年9月8日閲覧。 
  4. ^ TBS他一部地域は18:25 - 18:30このあとの番組予告を放送した。

関連項目[編集]


外部リンク[編集]