明石家さんまさんに聞いてみないとネ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
明石家さんま&所ジョージ
ゲスト:工藤静香
シングル
初出アルバム『所さんのキャニオン・イヤーズ〜若い頃からバカだった〜
B面 総合入場行進曲
リリース
規格 シングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 所ジョージ
チャート最高順位
明石家さんま 年表
川の流れに
(1989年)
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
(1999年)
所ジョージ 年表
トンカチ
(1998年)
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
(1999年)
農家の唄
(1999年)
工藤静香 年表
一瞬
(1998年)
明石家さんまさんに聞いてみないとネ
(1999年)
Blue Zone
(1999年)
テンプレートを表示

明石家さんまさんに聞いてみないとネ』(あかしやさんまさんにきいてみないとネ)は、日本のお笑い芸人である明石家さんま所ジョージコラボレーション・シングル。ゲストボーカルで工藤静香が参加した。

1999年3月17日発売。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

  • バラエティ番組さんまのまんま』(フジテレビ関西テレビ系列)に所がゲスト出演したことから、楽曲を制作しユニットを結成することになった。そのため、制作発表の記者会見は『さんまのまんま』収録セット(TMC砧スタジオ内のレモンスタジオ)で行われ、所とさんまは、「ライバルはGLAY」「売上目標は5000万枚」「紅白出場を狙う」などと語り、大いに笑いを取った。
  • 歌の部分は所ジョージと、コーラスの工藤静香で、工藤は4番を歌っている。さんまはセリフ部分を担当するが、2番を歌っている他にコーラスも担当している。工藤は、たまたまスタジオ近くを通りかかったことがきっかけで、なぜか参加することになったという。
  • さんまにとっては、1989年の「川の流れに」以来、10年ぶりのシングル発売となった。
  • ミュージックビデオはレコーディング風景を使用。忙しい面々であるため、製作時間がなかったという。
  • 発売から5か月後、所のアルバム洗濯脱水』を発売するが、その中にセルフパロディ曲の「明石家さんまさんに聞いてみてもネ」が収録されている。この曲もさんまを迎えて歌っているが、レコーディング前の丁寧なやりとりとは裏腹に、歌詞の中ではぞんざいな扱いをしている。
  • さんまと工藤はバラエティ番組『明石家さんちゃんねる』(TBS系列)で共演したり、2007年8月31日に渋谷AXで行われた工藤のソロデビュー20周年記念コンサート「Shizuka Kudo 20th Anniversary the Best」にさんまが顔を見せたりと、交流が続いている。さんまは工藤の15枚目のシングル「めちゃくちゃに泣いてしまいたい」(1992年1月29日)がお気に入りらしく、ライブ本来のセットリストにはなかったが「さんまさんの為に」と即興で披露された。
  • カップリング曲である「総合入場行進曲」は、所がレギュラーパネリストを務めるテレビ番組奇跡体験!アンビリバボー 』(フジテレビ系列)での企画のガーナ野球の応援歌として制作された。自由に和気藹々とレコーディングされている様で、設定は所が隊長、さんまが隊員である。曲の最後に所が「どっか間違ってる」との問いにさんまが「いや、全て間違ってる」と答えるやり取りや、所に「一人で行ってみよう」とさんまに歌わせた部分があるが、本来の酷い歌い方であった為、所の「あなた、恥ずかしい」の問いにさんまが「恥ずかしいであります」と答えるやり取りも録音されている。

収録曲[編集]

  1. 明石家さんまさんに聞いてみないとネ(5分12秒)
    バラエティ番組『さんまのまんま』(フジテレビ・関西テレビ系列)のテーマソングとして使用された。
  2. 総合入場行進曲(4分39秒)
    • 作詞・作曲: 所ジョージ/編曲: 斉藤ネコ
    テレビ番組『奇跡体験!アンビリバボー』(フジテレビ系列)にてガーナ野球応援歌として使用された。
  3. 明石家さんまさんに聞いてみないとネ (カラオケ)
  4. 総合入場行進曲 (カラオケ)

関連項目[編集]

関連人物[編集]