慟哭 (工藤静香の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
慟哭
工藤静香シングル
初出アルバム『Rise me
B面 コール
リリース
規格 8センチCD
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル ポニーキャニオン
作詞・作曲 中島みゆき(作詞)
後藤次利(作曲)
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1993年度年間19位(オリコン)
工藤静香 シングル 年表
声を聴かせて
(1992年)
慟哭
(1993年)
わたしはナイフ
(1993年)
ミュージックビデオ
「慟哭」 - YouTube
テンプレートを表示

慟哭」(どうこく)は、工藤静香通算18枚目のシングル1993年2月3日発売。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

フジテレビ月曜9時枠ドラマ『あの日に帰りたい』(1993年1月11日〜3月22日放送)の主題歌。ドラマには工藤本人も出演。

本作はオリコンチャート1位を獲得。オリコンによる集計では約93.9万枚を記録、工藤のシングルとして最大の売上となった。

サビの『ひと晩じゅう 泣いて 泣いて 泣いて』が印象的な歌詞である。

作詞の中島みゆきが、同年10月21日発売のアルバム『時代-Time goes around-』でセルフカバー

同じく中島の著書『愛が好きです II(歌詞&エッセイ集)』では、書き下ろしエッセイに「うるわしの工藤静香さま」というタイトルがあり、中島が「FU-JI-TSU」、「MUGO・ん…色っぽい」、「慟哭」の詞を提供した際のエピソードがコミカルに書かれている。

この曲で、『第44回NHK紅白歌合戦』に出場した(6回目)。

2005年5月16日の『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』では、「ゆかりのゲスト」としてドラマで共演した菊池桃子が登場し、ドラマ撮影の空き時間を利用して一緒にショッピングをした思い出話などを披露した。

収録曲[編集]

全作詞:中島みゆき/作曲・編曲:後藤次利/コーラスアレンジ:高尾直樹

  1. 慟哭 (4分48秒)
  2. コール (4分34秒)
  3. 慟哭 (less vocal)

各曲の収録アルバム[編集]

カバー[編集]

2012年加藤ミリヤがシングル『AIAIAI』のカップリングとして本曲をカバー、工藤・中島以外の歌手として初のカバーとなった。2014年4月12日放送分の「ミュージックフェア」(フジテレビ系)にて加藤は工藤とデュエットで本曲を歌っている。

2015年Ms.OOJAのアルバム『THE HITS 〜No.1 SONG COVERS〜』にカバーが収録されている。

脚注[編集]