人生で大事なことは○○から学んだ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
人生で大事なことは○○から学んだ
ジャンル 教養番組 / トーク番組 / バラエティ番組
演出 髙橋章良(総合演出)
出演者 所ジョージ
林修
ナレーター キートン山田
小山茉美
製作
プロデューサー 井口毅CP
制作 朝日放送
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
レギュラー放送
放送期間 2017年1月15日 - 9月10日
放送時間 日曜日 19:58 - 20:54
放送分 56分
回数 17
パイロット版
放送期間 2016年11月8日
放送時間 火曜日 20:00 - 21:48
放送分 108分
回数 1

特記事項:
初回放送は2時間SP(18:57 - 20:54)。
テンプレートを表示

人生で大事なことは○○から学んだ』(じんせいでだいじなことはまるまるからまなんだ)は、朝日放送の制作により、テレビ朝日系列2017年1月15日から9月10日まで毎週日曜日の19:58 - 20:54(JST)に放送されていた教養トークバラエティ番組。全18回。

概要[編集]

これまで、朝日放送では、テレビ朝日系列日曜20時台に『大改造!!劇的ビフォーアフター』を2002年4月改編から2016年11月27日まで、中断期間を含めて、足掛けおよそ14年7カ月間にわたり放送してきたが、朝日放送側は東日本大震災の震災復興に加え、東京オリンピックによる建築需要増大に伴う工期の遅れなどで、この番組の毎週のレギュラー放送が難しくなったということをレギュラー放送の終了の理由として説明したうえで、再び不定期放送のスペシャル版に移行するため、新しく2016年11月8日火曜日)20:00 - 21:48に特番として放送したトークバラエティ番組をレギュラー番組として編成したもの[1][2]

この番組は、さまざまな分野の人たちが、「人生訓や人生哲学」を話すトークバラエティー番組で、前番組の『大改造!!劇的ビフォーアフター SEASONII』に続いて、所ジョージがMCを務め、新たに林修をレギュラーパネリストに起用する[1]

2017年9月10日をもって当番組は終了となり[3]、同年11月12日から同時間帯で『ビートたけしのスポーツ大将』(テレビ朝日制作)が復活することが決定した[4]。これにより、2001年10月の『弾丸!ヒーローズ』以来16年間続いた朝日放送制作の日曜20時台のバラエティ枠が一旦終了し、ゴールデンタイムでの朝日放送制作は火曜のみとなり、20時台の『名医とつながる!たけしの家庭の医学』と21時台の『世界の村で発見!こんなところに日本人』の2枠に減枠する。

レギュラー放送終了後、朝日放送テレビ[注 1]の制作により、テレビ朝日系列にて当番組の一企画扱いであった『所&林修のポツンと一軒家』が不定期特番として2017年10月22日から2018年8月19日まで放送され、2018年10月7日から『ポツンと一軒家』が当番組と同じ日曜19時58分 - 20時54分にレギュラー番組として放送(初回は18時30分からの2時間半SP)。これにより朝日放送テレビ制作の日曜20時台のバラエティ枠が1年ぶりに復活することになった[5]

放送時間[編集]

  • 毎週日曜日 19:58 - 20:54[注 2]
    • 2016年11月8日(火曜日)20:00 - 21:48にパイロット版が放送された。

出演者[編集]

MC

声は黄色。

レギュラーパネリスト

声は水色。

放送リスト[編集]

パイロット版[編集]

放送日 MC 出演者 ゲスト 備考
2016年11月8日(火) 所ジョージ さだまさし高田明、 林修、 森田正光、 右近由美子 米倉涼子小峠英二バイきんぐ)、岡田結実 20:00 - 21:48に放送。

レギュラー版[編集]

放送日 ゲスト ゲストパネラー 備考
01 02017年
01月15日
森山良子コロッケ風間トオル 南沢奈央岡副麻希田中卓志アンガールズ 初回2時間SP
(18:57 - 20:54)
02 01月22日 ピーター、八木功 岡副麻希、田中卓志(アンガールズ)
03 01月29日 武井壮 小峠英二(バイきんぐ)、藤田ニコル
04 02月05日 篠原信一、平田巳登志
05 02月12日 草野仁、藤原隆子 りゅうちぇる生駒里奈(当時乃木坂46
06 02月19日 高橋尚子 足立梨花、りゅうちぇる
07 04月16日 GACKT厚切りジェイソン 高橋真麻上地雄輔
08 04月30日 矢野博丈ダイソー社長)、平野ノラ 榊原郁恵紅蘭
09 05月14日 梅沢富美男千原ジュニア千原兄弟 上地雄輔、高橋真麻、木下優樹菜、小峠英二(バイきんぐ)
10 05月28日 りゅうちぇる、田中邦彦(くらコーポレーション社長) 木下優樹菜、小峠英二(バイきんぐ)
11 06月11日 中川礼二中川家)、似鳥昭雄ニトリホールディングス会長) 瀬戸朝香岡田圭右ますだおかだ)、北乃きい、小峠英二(バイきんぐ)
12 06月25日 石原良純市毛良枝 広瀬アリス藤本敏史FUJIWARA)、塚田僚一A.B.C-Z
13 07月16日 田中美佐子勝俣州和 柴田理恵古坂大魔王
14 07月30日 中山克己、村松信子 榊原郁恵、鈴木浩介
15 08月13日 斎藤司トレンディエンジェル 榊原郁恵、鈴木浩介、小峠英二(バイきんぐ)、遼河はるひ
16 08月20日 高橋英樹 小峠英二(バイきんぐ)、相楽樹
17 09月03日 (なし) 山瀬まみモーリー・ロバートソン
18 09月10日 宮崎美子山西惇 最終回
  • 『ビフォーアフター』が日曜19時台番組との交互特番が多かったのに比べ、当番組の2時間SPはレギュラー初回だけで、後は全て19時台番組『日曜もアメトーーク!』との1時間・2体制となっていた。
  • なお、直後番組が『日曜エンターテインメント』時代のクロスプログラムは、所と林が「『人生○○』の後は」と言ってから告知する形式(計15秒)だったが、2017年4月16日より直後番組が報道番組『サンデーステーション[注 3]になってからは、所と林による前振りを止め、告知時間も5秒に縮小された[注 4]

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

〈技術〉

  • TP:別府忠久
  • TD:山田洋和
  • CAM:杉山紀行、桧山忠、中村純
  • VE:楠部達也
  • VTR:中村寿昌、徳永一馬
  • MIX:斎藤宏司、羽山稔
  • LD:稗田晋一

〈ロケ技術〉

  • CAM:岡田栄、高野清隆、橋本俊令、安達良、吉田剛、菅良太、市川眞法
  • VE:斎(斉)藤弘一、大貫晶、小倉正己、軒名秀明、東岡允、鈴木美奈、高木英慈
  • 編集:安川修平、伊藤和幸、鈴木大知
  • MA:伊藤慎吾
  • 音効:篠原光、藤原大介、東由美
  • TK:伊藤梓見
  • 技術協力:池田屋、写楽(shaluck!)、佳夢音、DOME、TAMCOザ・チューブ砧スタジオ(毎週)、ヒートワン、だだだ、テーク・ワン、イマージュ(週替わり)

〈美術〉

  • プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:別所晃吉
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具製作:卜部徹夫
  • 特殊装置:大坪信昭
  • アクリル装飾:松浦由佳、松本健
  • マルチ:伊藤拓也
  • 装置:藤生由紀
  • 電飾:熊田裕衣子
  • ヘアメイク:武部千里
  • フードコーディネーター:山本成美、松枝あき子、角丸なつみ
  • タイトル:北岡誠、三原由貴
  • CG:木村ケイサク
  • イラスト:国沢一誠、森本レオリオ、安居院一展
  • 美術協力:フジアール東宝舞台ヤマモリテルミック、マルチバックス、テレサイト(毎週)アートフォー、amacoven(週替わり)
  • 編成:石橋義史(朝日放送)
  • 営業:伊地智厚太・多喜澪(朝日放送)
  • 番組宣伝:多田加奈子・田中彰(朝日放送)
  • 番組デスク:松原幹(朝日放送)
  • リサーチ:石井千鶴、池谷諒
  • キャスティング:田村力
  • 制作進行:古坂和也、笠松拓也
  • 制作デスク:沢口恵美(JUMP)
  • 制作補:磯田今日子、鈴木彩香(毎週)桜田江利子、阿部重利(週替わり)
  • 演出補:福田ダイヤモンド(大也)、三澤光輝、葛城春花、宮本武蔵、福浦(原)日登美、千葉竜也、山崎宏之、臼杵優士、岡昭彦、西田直功、市川頌子
  • FD:小川剛
  • ディレクター:田村容子(JUMP)、黒河内隼仁、宮田耕介(ローリング)、熊田明弘(JUMP)、小原斎(JUMP)、山田佳南子(JUMP)、小玉悟(ローリング)、猪狩信人、羽田野一也、酒井謙之、岩波純、木幡直樹、加納高志(JUMP)、白形隆幸(free lnc.)
  • 演出:古賀謙一、古原幸一、小野努、新井友和、松野雄(勇)二(ローリング)、牛込剛(ロール・ワン)、武田幹治、安元秀幸
  • 総合演出:髙橋章良
  • プロデューサー:植田貴之・田村雄一(朝日放送)、一丸拓之・磯貝美佐子(JUMP)、鈴木康正(フラッガーデン)、髙田功一(日経映像)、林田竜一・西口晃彦(ロール・ワン)
  • チーフプロデューサー:井口毅(朝日放送)
  • 制作協力:TV CLUB、CHAPTER、日経映像ローリング、フラッガーデン、ロール・ワン
  • 制作:朝日放送、ジャンプコーポレーション

過去のスタッフ[編集]

  • 編成:佐々木真司(朝日放送)
  • FD:坂井直之(JUMP)、兼松豪、平岡綾恵

2016年11月8日放送分[編集]

  • ナレーション:大沢悠里、小山茉美
  • 声の出演:青二プロダクション
  • 総合構成:伊藤正宏、中野俊成
  • 構成:むらこし豪昭、木村仁、川野将一
  • ブレーン:谷口秀一

〈技術〉

  • TP:別府忠久
  • TD:山田洋和
  • CAM:中村純
  • MIX:斎籐宏司
  • VE:楠部達也
  • LD:稗田晋一

〈ロケ技術〉

  • CAM:西村章時、杉山紀行、那波雄大、高原光太朗、山田啓史、岡田栄
  • VE:高橋裕也、吉岡辰沖、田辺寛明、大貫晶、福重信隆
  • LD:日下圓、石川芳雄

〈再現VTR技術〉

  • CAM:唐沢悟、斑目重友
  • VE:中村寿昌、横田満洋
  • LD:高橋昌之、足立洋幸
  • 編集:伊藤和幸、安川修平、鈴木大知
  • MA:伊藤慎吾
  • 音効:磯川浩己
  • TK:伊藤梓見
  • 技術協力:池田屋、MABU、SOW、夢幻、DOME、TAMCO、THE TUBE、砧スタジオ、Ytv Nextry、写楽

〈美術〉

  • プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:別所晃吉
  • 美術進行:小山千香子
  • 大道具製作:卜部徹夫
  • 大道具操作:大坪信昭
  • 装飾:藤生由紀
  • アクリル装飾:松本健、松浦由佳
  • マルチ:伊藤拓也
  • 電飾:福田隆正、熊田裕衣子
  • ヘアメイク:武部千里
  • フードコーディネーター:山本成美
  • タイトル:北岡誠、三原由貴
  • CG:ティップス、ぴーたん
  • イラスト:いもん 国沢一誠
  • 美術協力:フジアール、ヤマモリ、東宝舞台、テルミック、マルチバックス、テレサイト
  • リサーチ:岩間丈倫、中原太一、ワイズプロジェクト
  • 編成:佐々木真司(朝日放送)
  • 営業:北中彰、多喜澪(2人共→朝日放送)
  • 番組宣伝:田中彰、阪本美鈴(2人共→朝日放送)
  • 番組デスク:松原幹(朝日放送)
  • 制作デスク:水島ひろみ、沢口恵美(JUMP)
  • 制作プロデューサー:岩井隆昌
  • 制作補:鈴木彩香
  • 演出補:福田大地、三澤光輝、櫻井将平、松原諒、須ノ内友恵、那須光輝
  • FD:小原斎、田村容子(JUMP)、山内学
  • ディレクター:藤極忠晴、大矢啓太、黒河内隼仁、田中十萌、鈴木彦太郎、根本太郎(JUMP)
  • 演出:古原幸一(JUMP)、古賀謙一、カサイシゲタカ、管沼誠
  • 総合演出:高橋章良(CHAPTER)
  • プロデューサー:植田貴之、田村雄一(2人共→朝日放送)、一丸拓之、古殿香織(2人共→JUMP)、内山大輔(Gothic)
  • チーフプロデューサー:井口毅(朝日放送)
  • 制作協力:TV CLUB、CHAPTER、Gothic、ワタナベエンターテインメント
  • 制作:朝日放送、ジャンプコーポレーション

ネット局と放送時間[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
近畿広域圏 朝日放送(ABC) テレビ朝日系列 日曜 19:58 - 20:54 制作局
北海道 北海道テレビ(HTB) 同時ネット
青森県 青森朝日放送(ABA)
岩手県 岩手朝日テレビ(IAT)
宮城県 東日本放送(KHB)
秋田県 秋田朝日放送(AAB)
山形県 山形テレビ(YTS)
福島県 福島放送(KFB)
関東広域圏 テレビ朝日(EX)
長野県 長野朝日放送(abn)
新潟県 新潟テレビ21(UX)
静岡県 静岡朝日テレビ(SATV)
石川県 北陸朝日放送(HAB)
中京広域圏 メ〜テレ(NBN)
広島県 広島ホームテレビ(HOME)
山口県 山口朝日放送(yab)
香川県
岡山県
瀬戸内海放送(KSB)
愛媛県 愛媛朝日テレビ(eat)
福岡県 九州朝日放送(KBC)
長崎県 長崎文化放送(ncc)
熊本県 熊本朝日放送(KAB)
大分県 大分朝日放送(OAB)
鹿児島県 鹿児島放送(KKB)
沖縄県 琉球朝日放送(QAB)

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 2018年3月31日までは、同年4月1日の認定放送持株会社移行に伴う商号変更ならびに分社化前のため、朝日放送。
  2. ^ 初回(2017年1月15日)は18:57 - 20:54の枠で2時間スペシャルとして放送された。
  3. ^ 4月16日に限り、『しくじり先生 俺みたいになるな!!2時間スペシャル』(20:58 - 23:10。20:54 - 20:58に『しくじり先生 予習の時間』も別途放送)。
  4. ^ 2018年4月より『サンデーステーション』が夕方に枠移動し、『日曜プライム』が放送開始されたが、同年10月から放送されている『ポツンと一軒家』でも、所と林による前振りは行われていない。

出典[編集]

  1. ^ a b “所ジョージ&林修氏!あべこべタッグのバラエティーがレギュラー番組に”. サンケイスポーツ. (2016年12月19日). http://www.sanspo.com/geino/news/20161219/geo16121905040007-n1.html 2017年1月6日閲覧。 
  2. ^ “「劇的ビフォーアフター」14年の歴史にいったん幕…今後は特番”. スポーツニッポン. (2016年11月25日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/11/25/kiji/K20161125013789220.html 2017年1月8日閲覧。 
  3. ^ KKB鹿児島放送番組表
  4. ^ “「たけしのスポーツ大将」レギュラー復活 独走「イッテQ」の牙城崩せるか”. 東スポWeb. (2017年8月26日). http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/746202/ 2017年8月28日閲覧。 ]
  5. ^ テレ朝『ビートたけしのスポーツ大将』が“予定通り”打ち切り! 後枠は『所&林修のポツンと一軒家』”. ニフティニュース (2018年8月22日). 2018年8月25日閲覧。

外部リンク[編集]

朝日放送をはじめとするテレビ朝日系列 日曜19:58 - 20:54
前番組 番組名 次番組
人生で大事なことは○○から学んだ
(2017年1月15日 - 9月10日)
【ここまで朝日放送制作】
ビートたけしのスポーツ大将
(第3期)
【この番組のみテレビ朝日制作】