日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
日本語探Qバラエティ
クイズ!それマジ!?ニッポン
Wangan Studio.jpg
ジャンル クイズ番組 / 教養番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 情野誠人
演出 川本良樹(総合演出)
監修 町田健(日本語監修)
プロデューサー 竹内康人(CP
出演者 タカアンドトシ
タカトシ
内田嶺衣奈フジテレビアナウンサー
林修
ナレーター 服部潤
鈴木麻里子
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
パイロット版
林先生の誰も教えてくれない日本語
放送時間 日曜日 15:50 - 17:25(95分)
放送期間 2013年12月22日(1回)
出演者 林修
伊藤利尋(フジテレビアナウンサー
(日本語探Qバラエティ) クイズ!それマジ!?ニッポン
放送時間 日曜日 19:00 - 19:58(58分)
放送期間 2014年2月2日 - 6月22日(全16回)
クイズ!それマジ!?ニッポン(レギュラー時代)
放送時間 同上(58分)
放送期間 2014年7月20日 - 2015年8月16日(全33回)
格付けニッポン 今行くべき最新スポット 47都道府県対抗No.1決定戦
放送時間 日曜日 19:00 - 21:55175分)
放送期間 2015年10月25日(1回)
外部リンク 公式サイト
FNS対抗! 格付けニッポン! 〜おいしいグルメ日本一決定戦〜
放送時間 木曜日 21:30 - 23:50140分)
放送期間 2016年3月31日(1回)
格付けニッポン! 2016秋の最旬グルメNo.1決定戦
放送時間 金曜日 19:00 - 20:55115分)
放送期間 2016年9月23日(1回)
テンプレートを表示

(日本語探Qバラエティ) クイズ!それマジ!?ニッポン』((にほんご・たんきゅうバラエティー)クイズ・それマジ・ニッポン)は、フジテレビ系列2014年2月2日から2015年8月16日まで、毎週日曜日 19:00 - 19:58(JST)に放送されていたクイズ形式の教養バラエティ番組である。

概要[編集]

2013年10月に不適切な演出が発覚し終了となった『ほこ×たて[1]の後継番組であり、同番組からタカアンドトシが引き続き出演する[2]。開始前の2013年12月22日には、パイロット版『林先生の誰も教えてくれない日本語』を『日曜スペシャル』(15:50 - 17:25)枠で放送し、開始当日には日曜13:00の『日曜α』で、番組宣伝を兼ねて再放送した。

番組では、日ごろの生活で日本人があまり知られていない誤った語法を使った日本語と、その正しい解釈の仕方、また地方の方言新語流行語にメスを入れ、タカアンドトシ林修の3人のMCが、ゲストを交えてクイズ形式で解説をする[3]。また番組では、直前の18:30で放送中のアニメ『サザエさん』で使われた言葉の解説も行う。そして言葉の解説が行った後に解答者が「それマジ!?」と思った時は、解答席の「それマジ!?ボタン」を叩くと、解答席モニターに映された番組マスコット「マジすか」の表情が変わるようになっている。

当初は、開始前に『サザエさん』の次週予告の最後にするじゃんけんが終了してすぐ[4]、スタジオ内でMCがじゃんけん出し目を出している状態が映され、その後にサザエと、カツオかワカメのどちらかがアニメキャラで登場し、番組の告知をする演出(ジャンクション)が行われていた。それまで『サザエさん』終了直後の番組ジャンクションは原則として行わなかったため[5]、レギュラーで行うのはこれが初となった[6][7]

またフジテレビ19時番組の正式開始時刻は、アニメ時代から長きに渡って「19:01:00」[8]だったが、当番組では前述のジャンクションがある関係上、30秒遅い「19:01:30」開始に変更された[9]

2014年6月22日放送の2時間SPから番組の内容が大幅にリニューアル。番組のタイトルから「日本語探Qバラエティ」が取れ、単に「クイズ!それマジ!?ニッポン」となった。同時に番組の内容も大幅に変更され、「日本のスゴい」を紹介するのが主流となり、従来の日本語に関する問題はほとんど出題されなくなった。「サザエさん言葉」が廃止され、ジャンクション自体は存続されるも磯野家キャラは登場しなくなった。

8月31日から、『サザエさん』終了直後に番組タイトルが出され、30秒の内容紹介後、CMを挟んで、19:01:30からタイトルを出さずに再開するように変更された(変則フライングスタート)。

11月30日放送分から番組が再びリニューアルされ、ロケ中心の紀行番組形式に変更された。これにより、スタジオでの収録が廃止された。

2015年8月9日放送分からスタジオでの収録が復活。しかし、クイズが出題されなくなった。

2015年8月16日の放送を最後に、『FIVBワールドカップバレーボール2015』中継などの特番で休止が続き、同年10月4日より、日曜19:00からの3時間枠をレギュラー番組として単発枠『日曜ファミリア』を新設することが決まったため、本番組は2015年8月16日をもって打ち切られた形となった[10][11]

その後、2015年10月25日に後番組である『日曜ファミリア』枠で、本番組の出演者・スタッフを引き継ぎ、『格付けニッポン 今行くべき最新スポット 47都道府県対抗No.1決定戦』のタイトルで特別番組が放送された。2016年3月31日(木曜日)には第2弾として『FNS対抗! 格付けニッポン! 〜おいしいグルメ日本一決定戦〜』、2016年9月23日(金曜日)には第3弾として『格付けニッポン! 2016秋の最旬グルメNo.1決定戦』のタイトルで特別番組が放送された。

ルール[編集]

2014年2月2日 - 11月23日
8組(6月1日放送分から6組、9月21日放送分からは5組に減少)のゲストがスタジオで出題されるクイズに挑戦する。1問正解につき10ポイント獲得(一部の問題は例外)。番組終了時点で最も獲得したポイントが高かったゲストがトップ賞となり、図書カード3万円分が商品として贈呈される(トップが複数いる場合でも、該当者全員が獲得)。なお、収録中に過激な悪ふざけをした場合は、クイズの成績に関わらず減点対象となる場合がある[12]
2014年11月30日 - 2015年6月28日
番組がリニューアルされ、ロケ中心となった。その放送分のロケ地に関するクイズを林修が出題し、タカとトシに加え、ゲスト数人が回答者として挑戦する。1問正解につき1ポイント獲得(一部の問題は例外)。番組終了時点で最も獲得したポイントが高かった人がトップ賞となり、ロケ地の名産品などが商品として贈呈される。
2015年8月9日・8月16日
スタジオでの収録が復活。ただし、これまで行われていたクイズは廃止され、出題されなくなった。ロケでは林に代わって、ロケ地にゆかりがある芸能人が講師を務める。スタジオでは主に林の解説が行われる。

出演者[編集]

MC[編集]

進行[編集]

日本語マスター[編集]

番組マスコット[編集]

  • マジすか(の花びらをイメージしたキャラクター。「桜の妖精」という設定)
  • 衣装は番組開始から8月3日放送分まではだったが、8月10日放送分以降は洋服に変更された。
  • 番組がロケ中心にリニューアルされてからは、出番が少なくなった。

過去の出演者[編集]

『サザエさん』からの登場キャラ(2014年2月2日 - 6月15日)

進行[編集]

  • 加藤綾子(フジテレビアナウンサー、2014年2月2日 - 10月)
  • 永島優美(フジテレビアナウンサー、加藤綾子の代役)

VTR出演[編集]

主なスタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • ナレーター:服部潤鈴木麻里子
  • 企画:情野誠人
  • 構成:森一盛
    • 共同テレビ制作側:川野将一、ゴウヒデキ、野地努
    • エスエスシステム制作側:川島浩司、中倉けんじ
    • トスプランニング制作側:川原慶太郎、デーブ八坂
    • ネクステップ制作側:キンダイチ
  • TM:中市友
  • TD/SW:菊池謙
  • CAM:伴野匡
  • VE:岡部菜穂子
  • AUD:村脇昭一
  • 照明:八木原伸治
  • 美術プロデューサー:木村文洋
  • デザイン:別所晃吉
  • 美術進行:横山勇
  • 大道具:卜部徹夫
  • アクリル装飾:松本健
  • 電飾システム:福田隆正
  • 装飾:武田正邦
  • マルチ:伊藤拓也
  • メイク:山田かつら、平本由起子、エムドルフィン
  • リサーチ:亀田貴誠、Bリサーチ、ブレイド、スコープ、穂坂友宏
  • ロケ技術:共同テレビ映像取材部、ハートビーツ、琉球トラスト、パワービジョン、fmtスウィッシュ・ジャパン
  • CG:パークグラフィックス
  • ロゴ:安居院一展
  • オフライン:根本瞳(根本→共テレ制作側のみ担当)
  • 編集:橋上憲二、小川義房、前田孝介、上本学、中原勇
  • MA:神山幸久、細川健太郎
  • 音響効果:川口匡暁(CUEVO)
  • TK:本田悦子
  • 協力:千葉洋行、無限 ほか
  • 広報:鈴木はるか
  • 日本語監修:町田健名古屋大学教授)
  • キャスティングプロデューサー:小林靖子(以前はプロデューサー)
  • AP:尾台優美(尾台→エスエスシステム制作側)、吉田早絵(吉田→ネクステップ制作側)
  • AD:
    • 共同テレビ制作側:藤井雄真、澤田和平、安田知弘
    • ネクステップ制作側:碇真人、佐藤絵理、鈴木徳子、大粒来ひかる
  • 制作進行:小池郁乃(小池→エスエスシステム制作側)
    • 共同テレビ制作側:高橋健人
    • エスエスシステム制作側:間田和也、高橋大樹、伊藤友紀、大石佳奈
    • トスプランニング制作側:長谷川大樹、中越真美恵、金森早希、今村拓実
    • ネクステップ制作側:藤本恵里奈、土橋和子、鈴木大智、高木志歩
  • FD:吉村慶介(共テレ以外は制作側のみFD担当)
  • ディレクター
    • 共同テレビ制作側:山本泰輔、舟木隆浩、大塚隆史、柳川新吾
    • エスエスシステム制作側:田上晃一、本間和美、坂本篤、東村文弥
    • トスプランニング制作側:矢合清、大錦玄孝、福田誠也、轟千恵子、牧田亜矢子
    • ネクステップ制作側:久野和洋、亀山剛志、吉野真一朗
  • 演出:吉行俊介、伊藤渉、鈴木優、加地克也、吉村慶介
  • 総合演出:川本良樹
  • プロデューサー:竹内康人/後藤朋子、秋葉英行、勝田久美子(勝田→以前はAP)、小泉頼夫、大島美貴(大島→以前は制作進行)
  • 制作協力:共同テレビジョンエスエスシステムトスプランニングネクステップ
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ(レギュラー版)[編集]

  • 構成:小幡真弘(共同テレビ制作側)
  • AP:寺元由喜(ネクステップ制作側)
  • ディレクター:
    • 共同テレビ制作側:佃敏史、木曽守、長山孝太郎、溝田和史
  • 演出:池田成男

パイロット版[編集]

  • ナレーション:牧原俊幸川野良子(フジテレビアナウンサー)
  • 声の出演:櫻井トオル中村知子
  • 編成企画:情野誠人(フジテレビ)
  • 構成:川島浩司、川原慶太郎、デーブ八坂、中倉けんじ
  • TP:橋本茂司
  • 編集:針谷大吾
  • MA:山田謙一
  • 監修:町田健
  • 広報:加藤麻衣子(フジテレビ)
  • AP:高橋織江
  • 演出:池田成男
  • プロデューサー:加地克也、安原マリック勇人、吉村岳朗
  • チーフプロデューサー:大和田宇一
  • 制作協力:SSSystemTOSS PLANNING
  • 制作著作:ワタナベエンターテインメント
  • 制作:フジテレビ

ネット局と放送時間[編集]

データ放送は同時ネット局のみ、字幕放送は同時ネット局 テレビ大分(TOS) テレビ宮崎(UMK)のみ

放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送時差
関東広域圏 フジテレビ(CX)
(制作局)
フジテレビ系列 日曜 19:00 - 19:58 同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
青森県 青森テレビ(ATV) TBS系列
日曜 13:00 - 14:00 不明
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
土曜 10:30 - 11:30 3ヵ月遅れ
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
火曜 14:56 - 15:53 3週間遅れ

出典[編集]

  1. ^ 初期の2011年1月から同年9月にかけては『バラパラ』枠で放送し、同年10月に日曜19時枠に放送枠を移動。
  2. ^ 「ほこ×たて」後番組は“日本語クイズ” タカトシMC続投スポーツニッポン 2014年1月14日付 同1月18日閲覧)
  3. ^ 知っているようで意外に知らない“日本語”から、ニッポンの魅力を再発見!!『日本語探Qバラエティ クイズ!それマジ!?ニッポン』(とれたてフジテレビ 2014年1月14日 同1月18日閲覧)
  4. ^ このため『サザエさん』では、次週予告と提供クレジットを入れ替えて放送するように変更された。その後磯野家キャラ登場廃止後も変更はされていない。
  5. ^ 例外として、『ちびまる子ちゃん』『こちら葛飾区亀有公園前派出所』『ONE PIECE』と統合したアニメ3時間SPの時に、『こち亀』の両津勘吉(声 - ラサール石井)が告知したり、2013年5月5日放送の『一休さん2』の時に、一休さん(演 - 鈴木福)が告知したということがあった(どちらも内容は「じゃんけん」だった)。
  6. ^ 一部地域では、他番組の番宣やCMに差し替えられてジャンクションが視聴できない。
  7. ^ なお当番組以外の番組が編成された際は、『サザエさん』の提供クレジットと次週予告の順番は変えないもののジャンクションは抜き、そして番組開始時刻は今までと同じ19:01:00となっていた。
  8. ^ それ以前は19:00:00(JST)だった(主に河田町時代)。
  9. ^ 2014年4月以降は不定期に「19:01:00」開始になることもある
  10. ^ バックナンバー 2015年8月 日刊合同通信 2015年8月19日閲覧。
  11. ^ フジ日曜ゴールデン3番組終了 3時間の大型枠で日テレの牙城崩す スポニチアネックス 2015年9月3日閲覧
  12. ^ 11月9日放送分に出演したDJ KOOがこのルールに該当。原因は、自作の「それマジ!?ボタン(声がKOO自身の物)」を勝手に持ち込み、押しまくったためである。これに激怒したトシが「次押したら-10点」と言ったにも関わらず押し続け、最終的には-40点になってしまった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 日曜19:00 - 19:58枠
前番組 番組名 次番組
ほこ×たて
(2011.10 - 2013.10.20)

つなぎ番組
(2013.10.27 - 2014.1.26)
日本語探Qバラエティクイズ!
それマジ!?ニッポン
(2014.2.2 - 2014.6.22)

クイズ!それマジ!?ニッポン
(2014.7.20 - 2015.8.16)
(単発特番)
(2015.8.23 - 9.27)

日曜ファミリア
(単発枠)
※19:00 - 21:54
(2015.10.4 - 2016.9.18)