サッカーアース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
サッカーアース
ジャンル サッカー情報番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
サッカーアース
放送時間 毎週金曜 24:25 - 24:50
放送期間 2006年4月7日 - 2008年3月28日
出演者 GAKU-MC
森麻季
ほか
月刊サッカーアース
放送時間 番組名・放送時間参照
放送期間 2008年4月 - 2012年7月
出演者 タカアンドトシ
城彰二
ほか
手越祐也&城彰二のサッカーアース
放送時間 土曜 25:35 - 26:35(不定期)
放送期間 2012年10月27日 -
出演者 手越祐也
城彰二
ほか
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

サッカーアース』は日本テレビで放送されているサッカー番組。2006年にこの番組名で放送が開始され、2度の番組名・放送時間変更を経て、2012年10月以降は『手越祐也&城彰二のサッカーアース』として放映されている。

本項目では、『サッカーアース』『手越祐也&城彰二のサッカーアース』の他、『月刊サッカーアース』についても記述する。

番組概要[編集]

番組はTOYOTAプレゼンツ・FIFAサッカークラブワールドカップFIFAワールドカップに出場する日本代表選手の話題を中心に、世界各地のサッカーの話題を司会者のナビゲートで紹介する。

2013年からは日本テレビ放送網がAFCチャンピオンズリーグの放映権を獲得したため、同大会についての情報も多く伝えている。

かつては日本テレビ系列局でも放送されていたが、『手越祐也&城彰二のサッカーアース』は基本的に日本テレビのローカル放送となっている[1]

番組名・放送時間[編集]

放送期間 番組名 放送時間 備考
2006年4月7日 - 2008年3月28日 サッカーアース 毎週金曜日 24:25 - 24:50(25分)
2008年4月 - 同年12月 月刊サッカーアース 毎月第4金曜日 24:55 - 25:55(60分) 音楽戦士 MUSIC FIGHTER』の前枠
2008年7月は18日(第3金曜日)に放映
2009年1月 - 同年3月 毎月第4金曜日 25:50 - 26:50(60分) 『音楽戦士 MUSIC FIGHTER』の後枠
2009年1月は30日(第5金曜日)に放映
2009年4月 - 2012年7月 毎月第3日曜日 25:20 - 26:20(60分) NNNドキュメント』の後枠
2012年8月 - 9月 日本テレビ系列でのサッカー番組は存在せず。
2012年10月27日 - 手越祐也&城彰二のサッカーアース 不定期土曜日 25:35 - 26:35(60分) 10月27日から12月1日までは毎週放送
2013年1月26日からはほぼ月1回の不定期放送[1]

出演者[編集]

2006年度[編集]

  • GAKU-MC(ヒップホップユニット「EAST END」メンバー)
  • 森麻季(当時日本テレビアナウンサー)
  • 加えて週代わりでコメンテーターも出演(主に日テレのサッカー解説者である北澤豪武田修宏が多かったが、まれに前園真聖が出演することもあった)。

2007年4月 - 2008年3月[編集]

(加藤以外は2008年度以降の「月刊サッカーアース」にも継続出演)

2008年4月 - 2012年7月[編集]

2012年10月 - 2015年1月[編集]

2015年2月 -[編集]

スタッフ[編集]

手越祐也&城彰二のサッカーアース[編集]

  • 構成:橋本大介、はっしー橋本
  • 編集:西垣安武、坂本久志、瀬戸山真也、鬼塚敦、廣川秀樹、糸山堅太、加藤理恵、鹿野祐太、棚橋雄太郎
  • MA:渡部展貴
  • 音効:小平英司
  • TM:山口裕司
  • SW:宮崎和久、中村晋也
  • CAM:中村将直、赤澤和(知)弘、渡辺浩、小野寺裕太
  • MIX:尾崎宗弘、山﨑和敏、佐々木麗
  • VE:鈴木昭博、高村治延
  • LD:本木卓、大内一斉、山内圭
  • LO:高橋正彦、梶山杏奈
  • 美術:三浦昭彦、熊崎真知子
  • TK:矢島由紀子、田中彩
  • CG:キャニットG
  • ECG:宮前芳恵
  • デスク:秋元動希、池本祐子
  • AD:鈴木貴文、岸川正樹、松坂卓流、長谷川貴大
  • ディレクター:佐藤康雄、日下部祐二朗、斉藤知之、望月崇史、新井聡史、山下剛司(山下→以前はAP)、田中俊光、中島朋彦、照井祐介、谷岡仁、山本健太
  • 演出:森(深)澤隆志、伊村幸多朗(森(深)澤・伊村→以前はディレクター)
  • プロデューサー:佐々木聡史(以前はディレクター→一時離脱)、土谷幸弘、橋本敦、鈴木亮介(土谷以外→2017年6月4日-)
  • チーフプロデューサー:松原正典(2017年6月4日-、以前はプロデューサー→一時離脱)
  • 写真協力:アフロ
  • 制作協力:AX-ON(旧NTV映像センター
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 総合演出:荻原実
  • TM:小椋敏宏、石渡敏幸、保刈寛之
  • SW:落合弘祐、高田憲一、鈴木健司
  • カメラ:北折雅人
  • TD・VE:八木一夫
  • TD:牛山敏彦、斎藤孝行
  • MIX:樋口晋作(以前は音声)
  • C・VE:飯島友美(以前はVE)
  • VE:三山隆浩、山口孝志、狩野清美
  • 照明:角田信稔
  • LD:大川俊行、山内圭
  • 編集:村山裕子、金賢美、加藤雅人、奈雲正樹、坂田宗一郎
  • 音効:加藤つよし
  • 美術:磯村英俊、松崎純一
  • ECG:滝澤奈美子
  • デスク:岡田典子、正田志保、近岡佳世
  • AD:郡山千春、有田桂、渡辺俊介、安田健太郎、中村修司、山本順二、小保内司、中島彩、岡崎亮、木下哲宏
  • AP:竹内茉美(以前はAD)
  • ディレクター:中村英雄、新山潤、神戸謙太郎、富田裕司、松井正憲、長縄亮、青山澄雄、山本達也、館山英雄、長嶋永知、永峰公平、盛田和哉、西山英雄、千田慶一、望月浩平、西尾礼香、平田群士
  • 演出:伊在井千晴、阿曽龍二、長岡新、塚本大輔
  • プロデューサー:仁平円、北川俊介、五十嵐貢、濱崎義彦、高野大介、笈川真(笈川→以前はディレクター▶一時離脱)、岡本和孝、井澤繁樹
  • チーフプロデューサー:高橋知也、新井直彦、黒岩直樹(黒岩→2015年7月25日-2017年5月)
  • 制作協力:マイ・プラン

番組テーマソング[編集]

主要コーナー[編集]

  • 蹴刊アース:その週に行われた世界主要各国リーグ戦ダイジェスト(番組の性質上、ヨーロッパと南米のリーグ戦やFIFAクラブワールドカップに繋がる国際カップ戦などが主)
  • きょうのジョー識:その週のサッカーの試合、あるいは特集から城が薀蓄を交えてサッカーの常識を解説する

過去のコーナー[編集]

  • Go for 2010~日本代表の挑戦
    • Presented by KIRIN
    • オシムジャパンに関する情報
  • 地球一への道
  • サッカーフライデー:タカアンドトシが世界のサッカーにまつわる三面記事をギャグを交えて説明する(生放送の都合上、カットされることもある)

スポンサー[編集]

  • トヨタ自動車
筆頭(90秒)の複数協賛。トヨタは金曜深夜枠としては2005年9月に打ち切られたプリティガレッジにも単独協賛していたが、単独協賛を降板し、その後のガガガガガレッジセール(2006年3月打ち切り)はトヨタを除いた複数協賛となった。その後約半年ぶりに金曜深夜枠のトヨタ協賛(2006年度はキリンビールとの2社筆頭)の番組が復活した。

FIFAクラブワールドカップ期間中はハイライト番組を協賛しているスポンサーがそのままCMを提供している。但し2007年の大会の場合、他の曜日ではカラーフォント(白地じゅうたん)でクレジットしている(前半と後半でスポンサーを切り替える)が、サッカーアースとして放送される金曜だけは通常フォントで、途中のスポンサーチェンジもなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 2014年5月25日放送では熊本県民テレビ(KKT)も同時ネットするなど、系列局で単発ネットするケースはある。

外部リンク[編集]