GAKU-MC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
GAKU-MC
別名 ガクエム氏
生誕 (1970-10-06) 1970年10月6日(46歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都保谷市(現西東京市)
学歴 テンプル大学
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップMC
活動期間 1999年冬 - (ソロとして)
レーベル アンティノスレコード
(1999年 - 2002年7月)
ワーナーミュージック・ジャパン
(2002年7月 - )
トイズファクトリー
(2009年10月 - )
Rap+Entertainment
(2011年5月 - )
事務所 Rap+Entertainment
共同作業者 桜井和寿
公式サイト www.gaku-mc.net

GAKU-MC(ガクエムシー、1970年10月6日 - )は、日本ヒップホップMCミュージシャンヒップホップユニット、EAST ENDのメンバー。RHYMESTERが主宰するFUNKY GRAMMAR UNITの最古参メンバーでもある。東京都保谷市(現在の西東京市)出身。テンプル大学卒業。

人物[編集]

熱烈なサッカーファンとして知られており、同好の志であるMr.Children桜井和寿コラボレートシングルを出し、『2006 FIFAワールドカップ』ではレポーターとしてドイツへ飛んだ。日本テレビ系全国ネット『サッカーアース』のMCを務める。また『2014 FIFAワールドカップ』も現地で試合を観戦した。

「全ての創作活動の中でステージが一番好き」と公言する。アコースティック・ギターを弾きながらのソロスタイル、バンドを引き連れてのショー等、スタイルにとらわれないステージを展開。またその活動場所はクラブだけでなく、ライブハウス、カフェ、野外フェスティバル、そしてビーチサイド等、自由度が高い。現在はトラディショナルなHIP HOPをベースに、アコースティック・ギターでの曲作り、録音も積極的に行う。

自然環境問題への意識も高く、毎年静岡県つま恋で行われている ap bank Fes ではライブ出演と平行し、スポークスマンとしても活動。

来歴[編集]

  • 1990年ROCK-Tee、高校1年生のときに同じクラスだったYOGGYと共に「EAST END」結成。当時の表記は「MC GAKU」。
  • 1994年からは「EAST END×YURI」名義で活動し、一躍脚光を浴びる。
  • 1996年、EAST END×YURIとしての活動を終了。
  • 1998年、EAST ENDとしての活動を休止。
    • 同年12月、新潮社より、自伝的小説『僕は僕で誰かじゃない』を発表。これを皮切りに、翌1999年からソロ音楽活動を開始する。
  • 2003年、EAST END期間限定で活動再開。
  • 2007年5月22日、自身のブログで6年の交際を経て、一般女性との婚姻届を提出し結婚した事を報告した。
  • 2007年、自身がオーガナイザーを務めるライブイベントFOOTMARKを開催、開始。タイトキックスというバンドを立ち上げ、出演アーティストのバックで演奏。自身もアコースティック・ギター桜井和寿SalyuSOFFet椎名純平等、多くの出演者とセッションをした。
  • 2008年、長女が生まれたことをきっかけに子育てラップをホームページで展開。サイトにて音源付きブログを始める。
  • 2011年
    • 東日本大震災発生後、ap bank fund for Japan のメンバーとして宮城県石巻市にてボランティア活動に従事した。
    • 長年所属した音楽事務所を独立、自ら音楽レーベルを立ち上げる。Rap+Entertainment(ラップラスエンターテインメント)は“ラップで世界をプラスの方向に“を合い言葉に活動を開始。
    • ACOUSTIC CANDLE LIVE TOUR 2011 を開催。キャンピングカーに乗って日本一周の旅に出た。キャンドルの灯(あかり)と音楽で全国をリレーしながら、被災地の為に何かできることを考え、各エリアからのメッセージを届けるプロジェクト。北は札幌、南は九州。最終目的地福島では全国で集めたメッセージキャンドルフォルダーを一万個のキャンドルと共に灯した。翌日の四大新聞(読売朝日毎日日経)では一面、または社会面で取り上げられる等、話題となる。
    • 独立後初となるアルバム『キュウキョク』は完全直販スタイル。CDを手に出来るのはLIVE会場のみ。もしくは本人にメールで注文し、音楽ファイルをオンラインストレージで受け取るという手法で音楽ソフト販売の新しい可能性を生み出した。また収録の全9曲全てのMusic Videoを製作し、話題となる。
    • 作家で自由人高橋歩出演、元俳優小橋賢児監督によるドキュメンタリー映画『Don't Stop!』のテーマソングを作製。全国上映会にも帯同し、曲を披露した。
  • 2012年
    • 「キャンドルの灯と音楽で心をつなごう」をテーマにakalitolive(アカリトライブ)を立ち上げ、3月19日に六本木ヒルズアリーナにてフリーライブを行う。キャンドルの提供はカメヤマキャンドルハウス
    • 全曲のPVを収録したDVDとの2枚組アルバム『キュウキョク2(ジジョウ)』を全国流通版として発売。
    • 音楽とフットボールの融合団体MIFAを立ち上げる。11月15日、第1回のイベント「SHIBUYA CUP」をO-Eastにて開催。(ゲスト:宮田和弥伊藤ふみお福西崇史土屋礼央、他)
    • 2012年12月12日、『Mic check 1,2,1,2,1,2(ワンツーワンツーワンツー)』と題し、自身3年半ぶりとなるワンマンLIVEをDUO MUSIC EXCHANGEにて行う。
  • 2013年
    • 3月20日、桜井和寿とのユニット、ウカスカジーを発表。シングル「でも、手を出すな!」を配信限定発売。
    • 独立後2枚目のアルバム『ALL YOU NEED IS RAP』を発売。
    • 5月2日、MIFA主催の第3回目イベント「YOYOGI CUP」を国立代々木第二体育館にて開催。UKASUKA-Gとして公の場で初のパフォーマンスを行う。
  • 2014年
  • 2016年
    • 6月15日、7年ぶりとなるメジャーアルバム『ついてない1日の終わりに』を古巣のトイズファクトリーより発売。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

ソロ名義

発売日 タイトル レーベル 備考
1st 1999年2月20日 僕は僕で誰かじゃない アンティノスレコード オリコン圏外
2nd 1999年8月21日 クロール アンティノスレコード オリコン圏外
3rd 2000年1月26日 ハタラコウ アンティノスレコード オリコン圏外
4th 2000年3月8日 クロスワード アンティノスレコード オリコン圏外
5th 2000年8月2日 25℃に保たれた街 アンティノスレコード オリコン圏外
6th 2000年11月1日 ラッシュアワー アンティノスレコード オリコン最高97位
7th 2001年7月25日 Life Music [Lovers MC MIX] アンティノスレコード オリコン圏外
8th 2002年6月12日 昨日のNo, 明日のYes ワーナーミュージック・ジャパン オリコン圏外
9th 2009年7月22日 ハットリリック タワーレコード限定シングル

ユニット名義

発売日 タイトル レーベル ユニット名 備考
2006年5月31日 手を出すな! トイズファクトリー GAKU-MC/桜井和寿 (Mr.Children) オリコン最高2位
2009年10月21日 今日からみんなともだち 〜NO MUSIC,NO LIFE.〜 烏龍舎 GAKU-MC,ナイス橋本,ヨースケ@HOME オリコン最高189位
2013年3月20日 でも、手を出すな! トイズファクトリー UKASUKA-G(ウカスカジー)(GAKU-MC&桜井和寿 配信限定
2014年5月22日 勝利の笑みを 君と トイズファクトリー UKASUKA-G(ウカスカジー)(GAKU-MC&桜井和寿 配信限定。2014 FIFAワールドカップサッカー日本代表公式応援ソング

アルバム[編集]

発売日 タイトル レーベル 備考
1st 2000年2月19日 word music アンティノスレコード オリコン最高77位
2nd 2001年5月16日 word music 2 アンティノスレコード オリコン最高50位
3rd 2002年6月26日 a day in the life ワーナーミュージック・ジャパン オリコン最高48位
4th 2009年10月21日 世界が明日も続くなら トイズファクトリー オリコン最高177位
5th 2011年11月25日 キュウキョク ラップラスエンターテインメント 配信、ライブ会場限定版
5th' 2012年6月6日 キュウキョク2(ジジョウ) ラップラスエンターテインメント 前作「キュウキョク」に全曲PV収録のDVDを加えた2枚組セット。全国流通版
6th 2013年5月1日 ALL YOU NEED IS RAP ラップラスエンターテインメント オリコン圏外
BEST 2014年4月23日 THE BEST "GRADATION" ラップラスエンターテインメント ベスト盤。オリコン最高240位
7th 2016年6月15日 ついてない1日の終わりに トイズファクトリー

ユニット名義

発売日 タイトル レーベル ユニット名 備考
2014年6月11日 AMIGO トイズファクトリー ウカスカジーGAKU-MC&桜井和寿 オリコン最高2位

DVD[編集]

発売日 タイトル レーベル 備考
1st 2013年12月12日 LIVE DVD Mic Check 1.2.1.2.1.2. ラップラスエンターテインメント ライブ会場限定販売

その他・客演[編集]

  • Key of life featuring YUKI MORI & GAKU「ASAYAKEの中で」(1995年4月21日)
  • 有里知花「それぞれの浜辺で同じ月を見ている(アルバムTreasure The World)」(2003年9月3日)
  • DJ YUTAKA「ユタカナリズム(アルバムEpsode1)」(2004年1月28日)
    9.ユタカナリズム(feat.GAKU-MC)
  • DJ TATSUTA「DYNAMITE」(2005年5月)
    16.メルシーテレメカシーアリガトオブリガード(DJ TATSUTA feat.GAKU-MC from EASTEND)
  • CHEMISTRYFo(u)r」(2005年11月16日)
    12.Dance With Me (feat.GAKU-MC)
  • オムニバス「横浜LOGOS presents JOYRIDE produced by DJ KOHNO (ケツメイシ) & DJ TATSUTA」(2005年9月7日)
    12.お客様が神様です / DJ KOHNO(fromケツメイシ) feat. GAKU MC
  • オムニバス「MATCHY TRIBUTE 25th anniversary」(2006年1月1日)
    3.情熱☆熱風せれなーで - Low-Cuts feat. Lori Fine (COLDFEET) and GAKU-MC (from EASTEND)
  • RHYMESTERHEAT ISLAND」(2006年3月9日)
    18. ウィークエンド・シャッフル feat.MCU, RYO-Z, KREVA, CUEZERO, CHANNEL, KOHEI JAPAN, SU, LITTLE, ILMARI, GAKU-MC, SONOMI, PES, KIN, 童子-T
  • Ukatrats FC「Win and Shine」(2006年5月24日)
  • Ap bank「ap bank fes’06/Bank Band with Great Artists」(2006年12月20日)※2006年7月15日 - 17日の3日間。つま恋で行なわれた"ap bank fes'06"のDVD。
  • CHEMISTRY「All THE BEST / CHEMISTRY」(2006年11月22日)※初回限定の特典のDVDに出演。
  • 登坂亮太「hopes」(2006年12月20日)
    5.ミドリノトリ(feat. GAKU-MC)
  • SOFFet「NEW STANDARD」(2008年2月27日)
    12.あなたのおかげです with GAKU-MC
  • ユナイトバス「Get On Bus」(2008年3月12日)
    5.きっと我が人生最悪の時 feat.GAKU-MC
  • サカノウエヨースケAND」(2012年6月20日)
    6.スーパーノヴァ feat.GAKU-MC
  • A.F.R.O「7th」(2015年8月26日)
    12.トライ&エラー feat.GAKU-MC

作詞提供[編集]

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
板倉勝昌 「Life Music」
大眉俊二 もしもラッパーじゃなかったなら
坂西伊作 「25℃に保たれた街」
谷聰志×神風動画 「手を出すな!(GAKU-MC/桜井和寿)」
中西麻由子 「ナクスコトデシカ」
春山DAVID祥一 「スタートライン」
ふじまるとあかね 「夢の叶え方」
吉岡天平 「ラッシュアワー」
不明 クロール」「ハタラコウ」「昨日のNo,明日のYes」「僕は僕でだれかじゃない」「スタートライン

主な出演作品[編集]

バラエティ番組[編集]

舞台[編集]

ラジオ[編集]

著書[編集]

  • 僕は僕で誰かじゃない (1998年12月、新潮社
  • 世界が今夜終わるなら (2011年11月、A-Works

脚注[編集]

  1. ^ http://www.bayfm.co.jp/info/index.html#new

関連項目[編集]

外部リンク[編集]