EAST END×YURI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

EAST END×YURI(イーストエンド プラス ユリ)は、1990年代に活動した日本ヒップホップユニットである。

来歴[編集]

  • 1994年2月、東京パフォーマンスドール市井由理の友人だったEAST ENDが、市井の新宿シアターアプルで行われたライブにゲスト出演。観ていたファイルレコード佐藤社長の鶴の一声で「EAST END×YURI」を結成。
  • 1994年6月、『denim-ed soul』をリリース。レコード発売記念ライブを西麻布YELLOWにて行う。
  • 1994年8月、デビューミニアルバム『denim-ed soul』から、1st Single『DA.YO.NE』をメジャー(SONY)よりシングルカット。当初のセールスは不調。NORTH WAVEタワーレコード札幌店の強力プッシュにより、まず北海道で『DA.YO.NE』がブレイクする。その後、広島・九州・仙台などの地方でも人気が上がる(なお、その後、カバーでこの地方ヴァージョンがそれぞれ発売されている)。最終的にミリオンヒットを記録し、最高位3位を記録。また、「英語以外のラップによるCD売り上げ記録」としてギネスブックにも掲載された[1]
  • 1995年2月、ユニットとしての2nd Single『MAICCA -まいっか-』を発売。初登場3位。「DA.YO.NE」と共にベストテンにチャートインし、共に新語・流行語大賞にノミネートされた。この時点でROCK-Teeが方向性の違いにより脱退。
  • 1995年4月、3rd Single『いい感じ やな感じ』発売。
  • 1995年6月、フルアルバム『denim-ed soul 2』発売。グループセールスを合わせて400万枚を突破。
  • 1995年7月、『denim-ed soul 2』より、4th Single『何それ』をシングルカット。
  • 1995年12月、5th Single『ね』発売。大晦日には、第46回NHK紅白歌合戦に出場(ヒップホップグループとして初めて)。
  • 1996年5月、6th Single『日曜の朝の早起き』発売。その後、ユニットとしての活動を休止。

メンバー[編集]

  • GAKU - MC担当。
  • YOGGY - DJ担当。
  • YURI市井 由理) - ラップ担当。
  • ROCK-Tee - DJ担当。「DA.YO.NE」発売後の1995年に、EAST ENDを一時脱退。(その後、2002年のEAST ENDの活動再開と共に復帰している。)

ディスコグラフィ[編集]

1stアルバム『denim-ed soul』はファイルレコードより、その他の作品はエピックレコードジャパンよりリリース。

シングル[編集]

  1. DA.YO.NE (1994年8月21日発売)
    ジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」をサンプリング。歌詞は、GAKUとライムスターのMummy-Dとの共作。
  2. MAICCA〜まいっか (1995年2月13日発売)
  3. いい感じ やな感じ (1995年4月21日発売)
  4. 何それ (1995年7月21日発売)
  5. (1995年12月1日発売)
  6. 日曜の朝の早起き (1996年5月22日発売)

アルバム[編集]

  1. denim-ed soul (1994年6月25日発売)
  2. denim-ed soul 2 (1995年6月21日発売)

映像作品[編集]

  • denim-ed soul video(1995年7月21日発売)
    • VHSのみで発売。ビデオ・クリップ集。

ゲーム[編集]

出演[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1995年(平成7年)/第46回 DA.YO.NE 02/25 trf
注意点

出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • EAST END × YURI(1995年)
    • 人気絶頂期に出されたインタビューや写真、当時FUNKY GRAMMAR UNITの写真などの載せた公式本。

脚注[編集]

  1. ^ 「子供だってラクじゃない!」(Dur dur d'être bébé!)をヒットさせたジョルディー (Jordy)と共に掲載。イアン・カステロ=コルテス(編)、田中孝顕(日本語版監修)『ギネスブック 2000』きこ書房、1999年、125頁。ISBN 4877715088

関連項目[編集]

外部リンク[編集]