佐藤善雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
佐藤善雄
生誕 (1956-09-12) 1956年9月12日(65歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
職業 ミュージシャン・プロデューサー
担当楽器 バスボーカル
活動期間 1980年 - (ミュージシャン)
1986年 - (音楽プロデューサー)
レーベル FILE RECORDS

佐藤 善雄(さとう よしお、1956年9月12日 - )は、日本ミュージシャン音楽プロデューサー実業家インディーズレーベルの株式会社ファイルレコードの代表取締役社長。ラッツ&スターのメンバー。東京都大田区大森出身。

来歴[編集]

鈴木雅之とは小学校からの同級生。東海大学高輪台高等学校を卒業した後は、山本山に入社し百貨店海苔売り場で働く一方で、1975年に鈴木が結成したシャネルズ(後のラッツ&スター)のメンバーとしてアマチュアでの音楽活動も続けていた。デビューに至るまでに数回メンバーチェンジを行うシャネルズの中では、数少ないオリジナルメンバーの一人。1980年にシャネルズはプロデビューし、芸能界入りすることになる。

ラッツ&スターでは顔を黒く塗ったボーカル陣の中でも最も低音のバスを担当。シャネルズの2ndアルバム『Heart&Soul』に収録されている『夢見る16歳』では桑野信義とのツインボーカルを披露しているが、この曲は桑野と共同で作詞も行っている。

ラッツ&スターの活動休止後は新人アーティストの発掘・育成業に転身。1991年にはファイルレコード社に入社し、ゴスペラーズRIP SLYMEEAST END×YURIRHYMESTERAJI、はじめ数々のアーティストを世に送り出す。現在は同社代表取締役社長。

1996年、ラッツ&スター再集結。11年ぶりのシングル『夢で逢えたら』を発売しNHK紅白歌合戦に初出場を果たす。

2006年にはゴスペラーズとのコラボレーションユニットであるゴスペラッツのメンバーとしても活動した。

近年は社長業の傍ら、鈴木雅之のアルバム、出演するテレビやコンサート等へ参加し、アーティスト活動も積極的に行っていて、田代まさしが自身の不祥事で表舞台から姿を消してからは、鈴木、桑野に次いでラッツ&スターのメンバーでメディアに登場する機会が多くなっている。

アーティスト活動[編集]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

作品[編集]

  • 夢見る16歳 (シャネルズ『Heart & Soul』収録)
    桑野信義とのツインボーカル、共同作詞
  • 25 (FUTURE FILE 25 ALL STARS)
    ファイルレコード25周年記念盤、作詞

外部リンク[編集]

ファイルレコード