アサヒ飲料

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アサヒ飲料株式会社
Asahi Soft Drinks Co.,Ltd.
ロゴ
種類 株式会社
市場情報 非上場。以下は過去のデータ。
東証1部 2598 1999年8月31日 - 2008年4月22日
本社所在地 日本の旗 日本
130-8602
東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号
設立 1982年昭和57年)3月30日
業種 食料品
事業内容 清涼飲料水の製造・販売
代表者 代表取締役会長 岡田正昭
代表取締役社長 菊地史朗
資本金 110億8,168万8,000円
売上高 連結2,736億円
(2008年12月期)
従業員数 単体1,436人 連結2,079人
(2007年12月現在)
決算期 12月31日
主要株主 アサヒグループホールディングス株式会社
主要子会社 カルピス株式会社
アサヒカルピスビバレッジ株式会社
外部リンク http://www.asahiinryo.co.jp/
特記事項:現在のアサヒ飲料株式会社は1982年設立(三ツ矢フーズ株式会社)だが、創立は1990年9月1日(アサヒビール飲料株式会社+西日本・東海・九州アサヒビール飲料の各社を合併)。
テンプレートを表示

アサヒ飲料株式会社(アサヒいんりょう)は、1982年(昭和57年)に設立されたアサヒグループホールディングスの清涼飲料水部門の子会社。本社は東京都墨田区吾妻橋1丁目23番1号。設立当初は「三ツ矢フーズ」だったが、1987年(昭和62年)に「アサヒビール飲料」と社名を改め、さらに1996年(平成8年)に現在の社名となる。2011年(平成23年)7月1日、旧法人のアサヒビール株式会社が持株会社移行に伴い「アサヒグループホールディングス」に商号を変更したのに伴い、アサヒ飲料はアサヒグループHDの事業子会社となった。

概要[編集]

120余年に及ぶ炭酸飲料のロングセラーブランド「三ツ矢サイダー」やオレンジジュースのロングセラー「バヤリースオレンジ」、国産の本格的なスパークリング・ウォーター(炭酸水)の中で最も長い歴史を誇る「ウィルキンソン タンサン」、缶コーヒーの「WONDA」、ブレンド茶の「十六茶」などを製造・販売するアサヒグループのソフトドリンク事業。清涼飲料水業界では日本コカ・コーラサントリーフーズ伊藤園キリンビバレッジに次いでシェア第5位。

現在は清涼飲料水の他、アサヒグループHDの酒類事業会社であるアサヒビールが販売するカクテルチューハイなど酒類の製造も行っている。

近年は他社の飲料メーカーとの提携・権利取得などに力を入れ、2007年(平成19年)、カルピスと業務提携して自動販売機部門を統合(その後2012年にアサヒグループホールディングスがカルピスを買収し兄弟会社に)したのに続き、2010年(平成22年)にはハウス食品が長年発売してきた「六甲のおいしい水」(現・おいしい水 六甲)の製造・販売権をハウス食品から53億円で取得し、同年7月6日から発売を開始した。また2015年(平成27年)3月には大塚製薬と自動販売機で相互提携を結び、大塚側で「WONDA」、アサヒ側では大塚製薬の「ポカリスエット」の販売を開始した。さらに、2016年(平成28年)1月1日にアサヒグループホールディングス傘下企業の再編で旧法人のカルピス株式会社を吸収合併、「カルピス」や「カルピスソーダ」「ウェルチ」などの旧カルピス社から販売されていた全商品をアサヒ飲料の商品として扱うようになった。これと同時に旧カルピス社の一部事業を継承して設立されたカルピスフーズサービス株式会社は「(新)カルピス株式会社」に商号を変更した。

沿革[編集]

  • 1884年(明治17年) - 「三ツ矢平野水」(後の三ツ矢サイダー)発売
  • 1909年(明治42年) - 帝国鉱泉株式会社から「三ツ矢シャンペンサイダー」発売
  • 1951年(昭和26年)11月 - 朝日麦酒(現在のアサヒビール)が「バャリースオレンヂ」と「ウヰルキルソン タンサン」(現・ウィルキンソン タンサン)製品の販売権を取得、販売開始
  • 1952年(昭和27年)4月 - 全糖「三ツ矢サイダー」発売
  • 1959年(昭和34年)3月 - 缶入り「バャリース」発売
  • 1972年(昭和47年)3月 -「株式会社三ツ矢ベンディング」設立、朝日麦酒の飲料水ベンディング業務を引き継ぎ営業開始
  • 1981年(昭和56年)10月 - 缶コーヒー「三ツ矢コーヒー」発売
  • 1982年(昭和57年)3月 - 「三ツ矢フーズ株式会社」設立、三ツ矢ベンディングの営業を承継 ※公式の設立年。
  • 1986年(昭和61年)9月 - 缶コーヒー「三ツ矢コーヒー」を「NOVA」に改称、CMにはディエゴ・マラドーナを起用
  • 1987年(昭和62年)4月 - 商号を「三ツ矢フーズ」から「アサヒビール飲料株式会社」に改称
  • 1988年(昭和63年)11月 - 「アサヒビール飲料製造株式会社」設立
  • 1989年(平成元年)1月 - アサヒビール飲料製造、工場発足
  • 1990年(平成2年)
    • 1月 アサヒビール飲料製造、明石工場発足
    • 2月 缶コーヒー「NOVA」を「J.O.」に改称、CMには王貞治ハンク・アーロンを起用
    • 9月 アサヒビール飲料と西日本・東海・九州アサヒビール飲料が合併(存続会社はアサヒビール飲料) ※ 公式の創立年。
  • 1991年(平成3年)1月 - アサヒビール本社から飲料水卸関係業務を引き継ぐ
  • 1993年(平成5年)3月 - ブレンド茶「アサヒ十六茶」発売
  • 1994年(平成6年)3月 - 北陸工場竣工
  • 1996年(平成8年)7月 - アサヒビール飲料とアサヒビール飲料製造と北陸アサヒビール飲料製造が合併し(存続会社はアサヒビール飲料)、「アサヒ飲料」発足、商品開発から製造、販売までの一貫体制を開始
  • 1997年(平成9年)9月 - 缶コーヒー「J.O.」を「WONDA」に改称、CMにはタイガー・ウッズを起用
  • 1998年(平成10年)3月 - ノンシュガーコンディショニングウォーター「オー・プラス」発売、CMには中田英寿を起用
  • 1999年(平成11年)8月31日 - 東京証券取引所市場第一部に株式上場
  • 2001年(平成13年)
  • 2002年(平成14年)
    • 3月 創立20周年。
    • 10月 「朝専用」缶コーヒー「WONDA モーニングショット」発売、CMには所ジョージを起用
  • 2005年(平成17年)
  • 2006年(平成18年)
    • 2月 「十六茶」の新CMキャラクターに天海祐希を起用。
    • 4月 無糖・ブラックの缶コーヒー「WONDA 100年BLACK」発売
    • 9月 「WONDA ショット&ショット69」の新CMキャラクターにネプチューン原田泰造を起用。
    • 11月 「ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンWATER」発売
  • 2007年(平成19年)
    • 1月「WONDA 圧力仕立て」発売
    • 2月 「十六茶」を全面リニューアル。新CMにKinKi Kidsを起用。
    • 4月 「WONDA ショット&ショット69」の後継商品として「WONDA アフターショット」発売。
    • 10月 カルピスとの自動販売機事業の統合を公表。
    • 10月25日 アサヒビールが完全子会社化を発表、翌26日からTOBを実施。アサヒ飲料も賛同し、期末配当・株主優待の廃止などでTOB応募を促した。
    • 12月7日 アサヒビールのTOBが成立。アサヒビールは発行済株式の97.44%を取得。
    • 12月10日 カルピスとの共同出資で、自動販売機(自販機)事業の持株会社「アサヒカルピスビバレッジ株式会社(持株会社)」を設立(出資比率アサヒ80%・カルピス20%)。
  • 2008年(平成20年)
    • 1月4日 自販機事業子会社のアサヒビバレッジサービスの全株式を、アサヒカルピスビバレッジ(持株会社)に譲渡。(カルピスも同日、カルピスビバレッジ各販社の全株式をアサヒカルピスビバレッジ(持株会社)に譲渡。)
    • 3月21日 定時株主総会にてアサヒビールによる全株取得が承認される。東京証券取引所の上場廃止基準に従い、翌22日から本会社の銘柄が整理ポストに割り当てられる。
    • 4月1日 自社の自動販売機事業を、会社分割(吸収分割)によってアサヒビバレッジサービスに承継。同時にアサヒビバレッジサービスはアサヒカルピスビバレッジ(販社)に商号変更。
      • これによりアサヒ飲料・カルピス両社の自販機事業が全てアサヒカルピスビバレッジ(持株会社)の傘下に入った。
    • 4月22日 上場廃止。
    • 4月30日 アサヒビールの完全子会社となる。
  • 2009年(平成21年)
    • 2月 「香る緑茶 いぶき」発売。CMキャラクターに栗山千明を起用。
    • 5月 「三ツ矢サイダーオールゼロ」発売。CMキャラクターに東山紀之を起用。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月 アサヒビールグループの統一コーポレートスローガン「その感動を、わかちあう。」を制定。当社の他に、アサヒビールやアサヒフードアンドヘルスケアでも同一のスローガンを用いる。
    • 5月 「ティオ(TeaO)」が糖類ゼロの紅茶ブランドとして復活(1995年(平成7年)にアサヒビールからノンシュガー紅茶として発売されていた)。
    • 6月 ハウス食品より、「六甲のおいしい水」ブランドで展開するミネラルウォーターの製造・販売事業を取得[1]。同年7月より「六甲のおいしい水」の販売を開始。
    • 11月 軽資源化・軽量化により緑茶飲料では最軽量の18gを達成するとともに、開けやすく、持ちやすい「ダブルフィット」型形状を採用した500mlPET「ハンディ・エコボトル」を開発[2]。2011年より後述の「匠屋 緑茶」を皮切りに無糖茶飲料に順次導入される。
    • 12月 カゴメより「六条麦茶」ブランドの製造・販売権を取得。2011年(平成23年)5月31日より「六条麦茶」の販売を開始。
  • 2011年(平成23年)
    • 1月 「匠屋 緑茶」を発売。
    • 3月 「WONDA」のCMにAKB48を起用。
    • 7月 親会社のアサヒビール株式会社が持株会社移転により「アサヒグループホールディングス株式会社」に商号を変更。アサヒ飲料もアサヒグループHDの事業子会社になった。
  • 2012年(平成24年)
    • 3月 アメリカのモンスタービバレッジ社から、アメリカ発のエナジードリンクモンスターエナジー」ブランドの日本国内における独占販売権を取得。同年5月に「モンスターエナジー」と果汁入りタイプ「モンスターカオス」の2品目の販売を開始(なお、以降に発売されるシリーズ品を含め、製造及び問い合わせはモンスターエナジージャパン合同会社が担当するため、アサヒ飲料の製品情報のページには掲載されない)[3]
    • 6月 ミネラルウォーター「六甲のおいしい水」を西日本向け製品「アサヒおいしい水 六甲」にリニューアルするとともに、東日本向け製品「アサヒおいしい水 富士山」を新たに発売し、「アサヒおいしい水」としてブランド化する。
  • 2013年(平成25年)
    • 9月 2012年(平成24年)10月にアサヒグループHDの傘下となった(旧)カルピス株式会社の国内飲料事業(アサヒビールへ移管された「カルピスサワー」とエルビーへ移管されたチルド飲料を除く)及び営業部門を吸収分割により当社へ移管統合。これにより、新設の「営業統括本部」直下に「カルピス営業本部」が設けられ、従来からの当社の営業機能は「営業統括本部」直下の「アサヒ営業本部」となる[4]
  • 2014年(平成26年)
    • 4月 本体価格176円(メーカー希望小売価格)の高価格帯の炭酸飲料「アサヒのレモネード 特濃」を発売。
  • 2015年(平成27年)
    • 1月 関連会社沖縄バヤリースの解散にともない沖縄県でのバヤリースオレンジ含めた一部商品を譲り受け、アサヒオリオンカルピス飲料を通じて取り扱い開始。
    • 3月 大塚製薬及び大塚ウエルネスベンディングとの間で自動販売機における相互販売に関する業務提携を締結。これにより、当社保有の自動販売機で大塚製薬の主力製品である「ポカリスエット」、大塚ウエルネスベンディングが保有する自動販売機で当社の缶コーヒー「WONDA」の相互販売を開始[5][6]
    • 4月 ドトールコーヒーとの共同開発によるペットボトル入りコーヒー飲料「ドトール カフェ・オ・レ」を発売。
  • 2016年(平成28年)
    • 1月 グループ内の飲料事業再編に伴い、(旧)カルピス株式会社を吸収合併。これにより、「カルピス」・「カルピスウォーター」・「カルピスソーダ」・「Welch's(ウェルチ)」・「ほっとレモン」など、カルピスブランドの飲料が当社製品として取り扱いを開始。併せて、(旧)カルピス株式会社の事業の一部を継承してカルピスフーズサービス株式会社から商号変更した(新)カルピス株式会社が当社の完全子会社となる。
    • 3月 「WONDA」のCMにビートたけし劇団ひとり澤部佑を起用。
    • 4月 子会社のアサヒカルピスビバレッジをアサヒ飲料販売に、アサヒオリオンカルピス飲料をアサヒオリオン飲料にそれぞれ商号変更[7]

主要ブランド[編集]

三ツ矢シリーズ

詳細記事がある主要ブランドの商品ラインナップについては各詳細記事を参照。

  • WONDA缶コーヒー
  • ドトール カフェオレ(ペットボトル入りコーヒー飲料) - 2015年4月発売。ドトールコーヒーとの共同開発製品。元々「ドトール」ブランドの飲料はジェイティ飲料から発売されていたが、同年9月をもって飲料事業からの撤退を発表したため、「ドトール カフェオレ」はリニューアルのタイミングで当社製品となった。なお、ジェイティ飲料時代にはペットボトル入りの紅茶飲料も発売されていたが、「フォション」と競合するため、当社では発売されていない。
  • 三ツ矢シリーズ(炭酸飲料) - 三ツ矢サイダーを参照。
  • ウィルキンソン(炭酸水、および炭酸飲料)
  • 十六茶ブレンド茶
  • 六条麦茶 - 2011年3月にカゴメより事業譲受し、翌月から紙パック(100ml・250ml)、同年5月に500mlペットボトルを順次発売。翌年の2012年3月のリニューアル時に500mlペットボトルを600mlに増量し、東日本大震災の影響で発売を延期していた2Lペットボトルも本発売となった。以降も年に1回のペースでリニューアルが行われており、2014年3月のリニューアル時には飲みきりサイズの245g缶を新設定。2016年4月のリニューアルでは浅煎りと深煎りのダブル焙煎を採用したほか、600mlペットボトルは660mlに増量し、伝統工芸士である三代秀石 堀口徹の監修によるペットボトル飲料初の江戸切子デザインボトルを採用した。
  • 食事の脂にこれ一本。/これ一杯。(ブレンド茶) - 2009年11月発売。プーアル茶烏龍茶をブレンド。2015年4月に茶葉量を増量してリニューアル。
    • 食事の脂にこれ一本。/これ一杯。緑茶ブレンド - 2011年9月発売。プーアル茶に緑茶をブレンド。2015年4月にパッケージリニューアル。
  • なだ万監修 旨みの日本茶 - 2016年4月発売。当社のグループ会社である老舗日本料理店「なだ万」と初めてグループ内で共同開発し、粉末茶や釜炒り茶(釜で炒ることで発酵を止めるお茶のこと)などの複数の国産茶葉使用してブレンドした緑茶飲料。
  • 匠屋(茶飲料)
    • 旨みの日本茶 - 2015年4月発売。同年9月にはホット仕様の「あたたかい旨みの日本茶」を発売した。2016年4月に前述の「なだ万監修 旨みの日本茶」の発売に伴い、245g缶と2Lペットボトルの2容量に集約。
  • 一級茶葉烏龍茶
  • フォション(紅茶飲料)
    • ノンカフェイン紅茶(450mlペットボトル) - 2015年10月発売。ノンカフェイン・カロリーオフ設計のストレートティー。
    • 贅沢ミルクティー アイス仕立て(280g缶) - 2016年4月発売
    • フレンチアップルティー(250ml紙パック) - 2012年3月発売
    • フレンチミルクティー(250ml紙パック) - 2012年3月発売
    • ストレートティー(1Lプリズマ紙パック、関東・中部・関西地区限定発売) - 2011年9月発売
    • アップルティー(1Lプリズマ紙パック、関東・中部・関西地区限定発売) - 2011年9月発売
  • 黒豆黒茶(茶系飲料) - 黒茶(プーアル茶)、焙煎した黒豆烏龍茶をブレンド。カルピス株式会社からの移管品で、移管と同時に「アサヒ」ブランドとなる。
  • 健茶王【特定保健用食品】(茶系飲料) - 血糖値の上昇を抑える難消化性デキストリンを配合。カルピス株式会社からの移管品。
    • すっきり烏龍茶
    • 香ばし緑茶 - ほうじ茶を使用した緑茶。2Lペットボトルのみの設定。
    • 黒豆黒茶 - 350mlペットボトルのみの設定。
  • めめはな茶【機能性表示食品】(茶系飲料) - 2015年11月発売。鹿児島産べにふうき茶葉を100%使用し、機能性表示成分としてメチル化カテキンを含有する大麦入り緑茶。以前発売されていた「べにふうきで快適生活」の実質的な後継製品である。
  • アサヒおいしい水天然水
    • 富士山 - 2012年6月発売。中部北陸以東の東日本地区限定発売。
    • 六甲 - ハウス食品より「六甲のおいしい水」譲受し、2010年7月より発売。当初は全国発売となったが、2012年6月のリニューアル時に製品名を変更し、販売エリアを近畿以西の西日本地区に変更した。
    • プラス - 2016年4月発売。ナチュラルミネラルウォーターをベースに7種の素材とマンゴーエキスを加えたフレーバーウォーター(清涼飲料水規格)。
    • 富士山のバナジウム天然水 - 元々は独立ブランドで発売されていたが、2016年4月のリニューアルに伴って「アサヒおいしい水」のシリーズ品に移行。
  • スーパーH²O(スポーツドリンク
  • ドデカミン(ビタミン入り炭酸飲料)
    • オリジナル
    • ストロング
  • ファイバー7500【特定保健用食品】 - 2006年7月発売。元々は食物繊維食品の需要喚起を目的に、アサヒフードアンドヘルスケア(現在はアサヒグループ食品の製造子会社)・敷島製パン日本製粉ロッテロート製薬との共同により発足した「食物せんいプロジェクト」の参画商品として、炭酸飲料「FIBER7500」が発売されたのが始まりである。その後、幾度の改良を経て、2012年11月のリニューアル時に特定保健用食品となった。2015年3月にパッケージリニューアル。
  • バヤリース(果汁飲料)
  • ウェルチ (Welch's、果汁飲料) - 米国有数の天然果汁ブランド製品。日本ではかつてペプシコ社が製造販売権を持っており、1997年(平成9年)にカルピス株式会社へ移管。合併に伴って2016年(平成28年)にアサヒ飲料へ再移管された。同年1月発売の新製品「ピーチ100」・「ピーチ&ピーチ」より「アサヒ」ブランドとなり、既存製品も順次「アサヒ」ブランドに移行している。
  • バンホーテン ミルクココア - キリンビバレッジより事業譲受し、2010年9月より発売。2011年9月のリニューアルで280mlペットボトル(寒候期に発売)を追加設定。
  • おしるこ
  • ほっとレモン(レモネード飲料) - カルピス株式会社が20年以上発売を続けてきたロングセラーの製品。そのまま飲む製品と湯で割って飲む希釈製品の2タイプがある。2015年9月に大幅リニューアルを行い、店頭販売用のペットボトルは300mlに増量(併せて、自動販売機向けの300gボトル缶も設定)。希釈製品は「カルピス」と同じ「ピースボトル」から専用の新形状容器に変更し、側面に残量確認用の透明窓を設けた(併せて、内容量を450mlに減容した)。合併に伴い、2016年1月よりアサヒ飲料へ移管。
  • モンスターエナジー - 米モンスタービバレッジ社の栄養飲料。日本ではアサヒ飲料が販売している。
  • 「沖縄バヤリース」ブランド商品(沖縄県内限定販売 ブランドサイト
    • 沖縄バヤリース・オレンジ(缶350g/PET500ml/PET1.5L)
    • シークワサー入り四季柑(10%/100%)
    • 南国シリーズ(マンゴー/グァバ/シークワサー)
    • サンサントップ クリームソーダ
  • 「カルピス」ブランド商品 - 詳細はカルピス#商品を参照。
  • この他、アサヒビール株式会社が発売する缶入りリキュール「カクテルパートナー」、「旬果搾り」など酒類の製造も行っている。

終了した商品[編集]

  • 三ツ矢コーヒー(缶コーヒー)
  • NOVA(缶コーヒー)
  • J.O.(缶コーヒー)
前述の経緯で現在の「WONDA」シリーズへ移行
  • KAFEO
  • お茶どうぞ(緑茶、「十六茶」もアサヒ飲料登場当初は同ブランドのシリーズ品だった)
  • 旨茶(緑茶)
    • にごらせ旨茶
  • 若武者緑茶
  • 香る緑茶 いぶき
「匠屋」へ移行
  • 食後の品格
甜茶を抽出・精製したルブス抽出物がニンニクのニオイ成分に直接作用して食後のニンニクのニオイ成分を低減する紅茶ベースのハーブブレンド茶。2011年2月に発表したものの、発売直前に発生した東日本大震災の影響により発売が延期となり、当初の予定から約11ヶ月遅れで発売になった経緯がある。
  • さらっとトマト
後にバヤリースに統合され現在も発売中
  • イタリアンレモン
後にバヤリースに統合
  • さわやかぶどう
後に三ツ矢ブランドに統合し「三ツ矢さわやかぶどう」(現在の「三ツ矢サイダー まる搾りぶどう」)になった
  • PF21(プロテイン飲料)
  • カルカデ(ハイビスカス飲料)
  • Cha-TEA(紅茶)
  • Tea Quality(紅茶)
  • ファインストレートティー
  • ホワイトミルクティー
「ファインストレートティー」と「ホワイトミルクティー」は統合し「旬摘み紅茶」へ移行
  • 旬摘み紅茶
「ティオ」へ継承のため廃止。
  • ティオ(紅茶)
「フォション」に統一のため廃止。
  • 「大人炭酸」シリーズ
  • スパイラルグレープ(炭酸飲料)
    • スパイラルグレープ ゴールド
    • スパイラルグレープ レッド
  • アサヒのレモネード 特濃(炭酸飲料)
  • フキゲン(乳性飲料)
  • 中国緑茶 凛
  • 香茶プーアル茶
  • うるる(機能性飲料)
  • なないろwater's(フレーバーウォーター
  • すきっと レモン(フレーバーウォーター) - 「アサヒおいしい水 プラス」の発売に伴い廃止。
  • オープラス
  • オープラスV
  • コンセプトサン
  • チャージ
  • アミノダイエット
  • アミノビタミンダイエット
  • SUPER H²O+酸素(スポーツドリンク
  • Spo-Vege (カゴメと共同開発した野菜ベースのスポーツドリンク)
  • さらり
  • ナイスワン(エネルギー補給飲料)
  • ちゃら(カロリーコントロール飲料)
  • ディアナチュラ 高濃度ビタミンC - グループ会社のアサヒフードアンドヘルスケアが発売するサプリメントブランド「ディアナチュラ」のドリンク品。
  • We are SMAP!(スポーツドリンク) - 2010年(平成22年)7月にリリースされたSMAPのアルバム『We are SMAP!』とタイアップしたスポーツドリンク。42万ケース(本数にして約1,000万本)の数量限定品。
  • 一撃(スポーツドリンク)
  • 麦水(麦茶)
  • 白茶(中国茶)
  • 凍頂烏龍茶(セブン-イレブン限定)
  • 黒麦茶(セブン-イレブン限定)
  • べにふうきで快適生活(緑茶)
メチル化カテキンを含有するべにふうきを使用した緑茶。春季で発売されていた。「めめはな茶」が実質的な後継製品となる。
  • 酸素水
  • ぎゅぎゅっとしみこむコラーゲンウォーター
「コラーゲンウォーター」に名称変更した後、廃止。
  • くちどけココア(冬季限定商品)
  • ふんわり甘いミルクココア(冬季限定商品)
「バンホーテン ミルクココア」へ継承。
  • ポカラダ(同上)
  • こつこつカルシウム【特定保健用食品】

など

かつて生産していたライセンス生産品[編集]

工場[編集]

三ツ矢サイダーを主に製造。アサヒビール茨城工場と統合し、2008年(平成20年)10月末閉鎖。
アサヒ富士山のバナジウム天然水、アサヒ十六茶を主に製造。見学可。
缶コーヒーWONDAを主に製造。見学可。
アサヒ十六茶、三ツ矢サイダー、 缶コーヒーWONDAを主に製造。ほかにアサヒスタイルバランス、アサヒカクテルパートナー、アサヒ旬果搾り、過去にチューハイ ハイリキ ウーロン割りなどを製造。見学可。
旧・ハウス食品六甲工場。西日本専売のおいしい水・六甲を主に製造。見学不可。

 ※北海道地区で販売されるアサヒ飲料製品は、製壜メーカー・今村商店(神戸市)の千歳工場(千歳線長都駅近く)でOEM生産されている。

主な関連会社[編集]

スポーツ事業[編集]

コーポレートスローガン・キャッチコピー[編集]

  • はじまりは、いつも。2004年(平成16年) - 2009年(平成21年))
  • その感動を、わかちあう。2010年(平成22年) - ) - 2010年(平成22年)1月に制定されたアサヒグループの統一スローガン。アサヒビール、アサヒフードアンドヘルスケアでも使用。

テレビCM[編集]

「カルピス」ブランドのCM出演者についてはカルピス#CM出演者の項を参照。

現在の出演者(2016年4月現在)[編集]

過去の出演者[編集]

番組提供[編集]

現在[編集]

2016年(平成28年)4月現在

テレビCM[編集]

ラジオCM[編集]

過去[編集]

テレビCM[編集]

ラジオCM[編集]

[編集]

  1. ^ アサヒ飲料株式会社による、ハウス食品株式会社のミネラルウォーター事業取得に関するお知らせ - アサヒ飲料株式会社 ニュースリリース 2010年4月8日
  2. ^ 環境配慮型「ハンディ・エコボトル」採用 従来比24%の軽量化 - アサヒ飲料株式会社 ニュースリリース 2010年11月26日(2011年1月18日閲覧)
  3. ^ アサヒ飲料 国内独占販売権取得! アメリカNo.1エナジードリンク「Monster Energy(モンスターエナジー)」 『Monster Energy(モンスターエナジー) 缶355ml』『Monster KHAOS(モンスターカオス) 缶355ml』2012年5月8日(火)新発売 - アサヒ飲料株式会社 ニュースリリース 2012年3月15日(2015年5月7日閲覧)
  4. ^ カルピス株式会社 国内飲料事業および営業部門のアサヒ飲料株式会社への移管統合について - アサヒグループホールディングス株式会社 ニュースリリース 2013年5月8日(2013年9月18日閲覧)
  5. ^ アサヒ飲料・大塚製薬・大塚ウエルネスベンディング 自動販売機における相互販売に関する業務提携締結 - アサヒ飲料株式会社 2015年3月2日(2015年5月7日閲覧)
  6. ^ なお、大塚ウエルネスベンディングで「WONDA」の取り扱いを開始したことに伴い、従前から販売していたネスレマニファクチャリング製の「ネスカフェ」ブランドの缶コーヒーは販売委託契約の解除に伴い販売を終了した
  7. ^ “アサヒカルピスビバレッジ株式会社、アサヒオリオンカルピス飲料株式会社 社名変更に関するお知らせ” (プレスリリース), アサヒ飲料株式会社, (2016年3月28日), http://www.asahiinryo.co.jp/company/newsrelease/2016/pick_0328_1.html 2016年4月6日閲覧。 
  8. ^ 唐沢、GACKT、市原は2010年4月より、戸田・岸部は同年9月より出演。

外部リンク[編集]