東京サザエさん学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

東京サザエさん学会(とうきょうサザエさんがっかい)は、長谷川町子原作の漫画『サザエさん』を研究している団体である。会長は慶應義塾大学文学部名誉教授の岩松研吉郎

概要[編集]

ロンドンに『シャーロック・ホームズ』のファン(シャーロキアン)たちが集まってホームズを研究する団体「シャーロック・ホームズ協会」が出来たように、日本でも、『サザエさん』を愛する東京都内在住の学者・編集者・学生らファン有志が集まり「サザエさん」を研究するため一つの団体が出来上がった。それが、シャーロック・ホームズ協会に倣ったこの「東京サザエさん学会」である。なお、研究対象は原作のみで、アニメは対象外としている(後述の書籍『磯野家の謎 - 「サザエさん」に隠された69の驚き』より)。

1981年創設。略称は「TSG」で、波平が加入していた「都下禿頭会(とかとくとうかい)」のローマ字綴りを略した「TTK」に倣った。また、同学会では集まったファン達を「イソニアン」と呼称していた(後述の書籍『磯野家の謎 - 「サザエさん」に隠された69の驚き』より)。

1992年飛鳥新社から出版された『磯野家の謎 - 「サザエさん」に隠された69の驚き』は200万部を超える大ヒットとなり、続編として『磯野家の謎・おかわり』も出版。『サザエさん』人気復活に大いに貢献した。また、その後数年続く「謎本ブーム」の火付け役になった。

ただ、『磯野家の謎』ではギャグに走りすぎた面があり、都市伝説である『サザエさん』の最終回について書いたり、とりわけ続編の『おかわり』の「何故サザエさん一家はそんなに浮かれているのか?→磯野家はヒロポンを使用していた疑いあり」など、やりすぎた面もあった(ただし、最終回の都市伝説はルーツについての考察である。後者は長谷川の作品『似たもの一家』を持ち出して主張している)。

そこに現れたのが、ゆうむはじめが代表を務める(と言ってもゆうむ一人しかいない)「世田谷サザエさん研究会」であり、ブームに便乗し『サザエさんの秘密』とその続編『サザエさんの悲劇』をデータハウスから出版(他にもドラえもんの謎本も別名義で出版)し、東京サザエさん学会を徹底的に批判したことで、1〜2年の間論争となった。

だが、ゆうむの批判はやりすぎたものがあり、『秘密』では主に内装や家電の初出年代の誤りの指摘とそれに基づく仮説(「磯野家は大阪万博を機に家の内装を改装した」という説)の批判が記されていた程度だったが、続編である『悲劇』では、本文のうち最初の3章が『磯野家の謎』・『おかわり』の批判記事により構成されていたものであった(特に前述のヒロポン使用の件と、「マスオは徴兵逃れをした」「タラちゃんは出生の秘密がある」[1]の3点を非難した)。また、元々『磯野家の謎』の便乗本であったにもかかわらず、本文中には「東京サザエさん学会」を中傷するような表現が多く、ゆうむは、『磯野家の謎』読者からバッシングを浴びることとなった(後に『秘密』と『悲劇』は1冊に統合されて文庫版・新装版が出版されたが、こういった経緯があったため、『磯野家の謎』の批判記事はマスオの話を除き全て削除された)。この他、『秘密』の文中の間違った記述[2]などについて、岩松代表から『週刊文春』にて「恥を知れ!!世田谷サザエさん研究会」と題して批判記事が掲載され反論されたこともあった。

しかしながら、結局のところこれ以上両者が対立することも無く、この話題は沈静化していった。なお1997年に両者とは無関係の清水勲が書いた研究本『サザエさんの正体』が平凡社から出版されている。

学会の詳細な活動状況は不明ながら、会自体は存続している。『週刊文春』2009年11月5日号には『いまだに「ブラウン管」テレビ 磯野家の「地デジ化」はいつ?』という記事が掲載され、ここでは岩松代表が「(磯野家のテレビの)地デジ化は“何事もなかったように無視する”と思います」とコメントを寄せている。2018年5月18日には新刊『磯野家の危機』を宝島社から発売した。

出版物[編集]

書籍[編集]

  • 磯野家の謎 - 「サザエさん」に隠された69の驚き/飛鳥新社/1992年12月刊/ISBN 4-87031-126-7/定価1,020円(税込)
  • 磯野家の謎・おかわり/飛鳥新社/1993年4月刊/ISBN 4-87031-132-1/定価918円(税込)
  • 意地悪ばあさんの愛/毎日新聞社/1993年刊/ISBN 4-620-30960-5
  • 磯野家の謎(集英社文庫)/集英社/1995年7月刊/ISBN 4-08-748264-2
  • 磯野家の謎・おかわり(集英社文庫)/集英社/1995年7月刊/ISBN 4-08-748265-0
  • 磯野家の謎 - 人気アニメ「サザエさん」の知られざる秘密に迫る!!/日本文芸社/2005年5月刊/ISBN 4-537-25277-4
  • 磯野家の危機/宝島社/2018年5月18日刊/ISBN 9784800283566

映像作品[編集]

  • 映像版 磯野家の謎/1993年12月発売

脚注[編集]

  1. ^ 東京サザエさん学会がこう主張する根拠として、『朝日新聞』での連載開始の際の紹介文にあった「タラちゃんという女の子があり」という一節を挙げている(『磯野家の謎』p.28)。『おかわり』(p.18)ではやや強引な推理と断った上で「本物のタラちゃんは神隠しに遭い、それを嘆き悲しんだサザエは波平たちに相談して、似た子供をよそから引き取った」と主張している。
  2. ^ こけしの語源は子消し」と記述し、それに基づいた見解を述べた。

外部リンク[編集]