サザエさんの婚約旅行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サザエさんの婚約旅行
監督 青柳信雄
脚本 笠原良三
原作 長谷川町子
製作 杉原貞雄
出演者 江利チエミ
小泉博
安西郷子
音楽 神津善行
撮影 西垣六郎
製作会社 宝塚映画製作所
配給 東宝
公開 日本の旗 1958年8月26日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 サザエさんの青春
次作 サザエさんの結婚
テンプレートを表示
サザエとマスオとカツオが立ち寄った太宰府天満宮福岡県太宰府市

サザエさんの婚約旅行』(サザエさんのこんやくりょこう)は、1958年8月26日に公開された日本映画。製作は宝塚映画製作所、配給は東宝カラー東宝スコープ、104分。

キャッチコピーは「婚約者と嬉しい旅も失敗続きで花嫁修業のやり直し」。

概要[編集]

サザエさん』実写化映画の第4作で、シリーズ初のシネマスコープ作品かつ初の宝塚映画製作作品である。同社による作品製作は、翌年末公開の第7作『サザエさんの脱線奥様』から再び行われることとなる。

ストーリー[編集]

婚約者のフグ田マスオが九州から上京してくる話が流れてしまい、気落ちする磯野サザエ。そんな折、若松に住む祖母から祖父の三十三回忌に来てほしいという手紙が磯野家に届いた。

父親に代わって若松へと向かうサザエとカツオ。しかしサザエは法要の夜、酒をがぶ飲みして踊りだしたために伯父たちから大目玉を食う。「大阪の叔母さんの旅館で行儀作法を教えてもらいなさい」と叱られて半泣きになっていたところ、休暇を取ったマスオがその場に現れる。

サザエとカツオはマスオの案内で九州の名所めぐりを楽しむが、サザエはその最中、マスオが下宿先の娘で宝塚歌劇団のメンバーでもある悦子と談笑しているのを目にし、俄然面白くない気分になる。その後、東京へと戻るサザエとカツオを見送りに来たマスオは、サザエに「近々大阪に転勤になる」と告げる。カツオと一緒に帰路につくサザエであったが、汽車が大阪に停まるやいなやそのまま途中下車して叔母の旅館へ行き、マスオが転勤してくるまでそこで働くことにした。

そして別れ際の言葉通り、マスオは大阪へ転勤してきた。サザエとマスオは叔母と一緒に宝塚大劇場へ出かけるが、劇場の舞台にはあの九州で目にした悦子が姫君に扮して立っていた。悦子に盛大な拍手を送るマスオに我慢できなくなったサザエは席を立ち、劇場の外へ飛び出していく。驚いたマスオはサザエの後を追い、「僕が好きなのはサザエさんだけだよ」と言いながら彼女の指に婚約指輪をはめる[1]

参考文書『キネマ旬報』213号[要ページ番号]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

協賛[編集]

  • 若松観光協会
  • 長崎観光協会
  • 雲仙観光協会
  • 島原観光協会
  • 西海橋観光協会
  • 唐津観光協会
  • 太宰府天満宮

同時上映[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]