ジャイアントキリング (テレビ番組)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャイアントキリング
GIANT KILLING
ジャンル スポーツ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
出演者 香取慎吾
ほか
音声 ステレオ放送
字幕 字幕放送
ジャイアントキリング! 世紀の番狂わせ
放送時間 日曜 19:00 - 20:54(114分)
放送期間 2012年7月1日(1回)
ジャイアントキリング2! 世紀の番狂わせ
放送時間 日曜 19:00 - 23:09(249分)
放送期間 2012年12月30日(1回)
ジャイアントキリング3! 〜スポーツマン腕相撲世界一決定戦〜
放送時間 月曜 18:00 - 23:09(309分)
放送期間 2013年12月30日(1回)
テンプレートを表示

ジャイアントキリング』は、フジテレビ2012年から2013年まで放送されていたスポーツ特別番組

概要[編集]

日本大相撲力士や一流スポーツ選手(番組内では「ジャイアント」と呼ばれる)に対し、芸能人・一般人がさまざまな競技で対決。ジャイアントに勝利した場合は「ジャイントキリング」となり賞金100万円が贈られる。

日本相撲協会が企画協力・監修しており、第1回では両国国技館を貸しきり、力士も多数出演した。また、第2回では大相撲だけでなく、その年活躍したスポーツ選手も「ジャイアント」ないし挑戦者として登場した。

第3回は第2回放送で行った「腕相撲対決」のみに絞り、相撲界・格闘技は基より、様々なスポーツ分野の腕自慢32名を招いた5時間にわたる「ワンデートーナメント」の形式で開催した。

出演者[編集]

総合司会
香取慎吾SMAP
進行
加藤綾子(フジテレビアナウンサー)
山崎夕貴(フジテレビアナウンサー)

放送日[編集]

※視聴率は関東地区、ビデオリサーチ調べ。

回数 放送日 放送時間(JST 放送タイトル
第1回 2012年7月1日日曜日 19:00 - 20:54 ジャイアントキリング! 世紀の番狂わせ
第2回 2012年12月30日(日曜日) 19:00 - 23:09 ジャイアントキリング2! 世紀の番狂わせ
第3回 2013年12月30日(月曜日 18:00 - 23:24 ジャイアントキリング3! 〜スポーツマン腕相撲世界一決定戦〜

競技[編集]

第1回[編集]

腕相撲対決
挑戦者とジャイアントの一発勝負。ジャイアントに勝利することができれば「ジャイアントキリング」達成。
大食い対決
挑戦者サイドの先攻でデニーズ全メニューの中から1つを注文。注文されたメニューを1人1つ完食する。完食できずギブアップを宣言した時点でリタイア。ジャイアント全員がリタイアし、挑戦者が完食することができれば「ジャイアントキリング」達成。
空中手押し相撲対決
地上3mの高さで行う手押し相撲対決。一発勝負に勝利すれば「ジャイアントキリング」達成。
歌力対決
カラオケ採点機を使い、好きな曲を歌って採点する。各サイド3人ずつ挑戦し、チャレンジャーサイドが1位を取ることができれば「ジャイアントキリング」達成。

第2回[編集]

腕相撲トーナメント
まずは挑戦者によるトーナメントを行い、優勝者が金井に挑戦。勝利すれば「ジャイアントキリング」達成。
大食いオーダーバトル
前回のリベンジ戦としてジャイアント・挑戦者を入れ替えて対決。ルールは前回と同じ。
ネゴシエーションレスリング
各自対戦前に条件・ルールの交渉を行い、決定したルールで吉田と対決。勝利することができれば「ジャイアントキリング」達成。
ネゴシエーション砲丸投げ
ジャイアントは白鵬が指定した投げ方で投擲する。6回行い、最高成績で争う。畑瀬よりも良い成績を出すことができれば「ジャイアントキリング」達成。
綱引き
  • ジャイアント:キリル・シムコ
  • 挑戦者:豪栄道、松鳳山、桜庭和志、和久憲三、アリスター・オーフレイム、マーク・ハント、ボブ・サップ、ボビー・オロゴン
綱を滑車に通し、双方が同じ方向に引き合う綱引き。先に相手を2m先の「キリングプール」に落とせば勝利。挑戦者によるトーナメントの勝者がジャイアントとの一発勝負に挑戦。勝つことができれば「ジャイアントキリング」達成。
超ドライビングスルーバトル
  • ジャイアント:小林可夢偉
  • 挑戦者:竹内雅敏、平井智、高橋周司
スタートから70m先にある、車幅ギリギリに開いたゲートをくぐらせる。壁には赤い塗料が塗られており、少しでも接触し塗料が塗られた場合は失敗。1回のステージで2回の試技を行い、2回とも失敗で脱落(途中から日没のため1回勝負に変更)。幅はステージごとに車幅+20cm→+7cm→+5cm→+2cm→+1cmと狭くなる。小林が脱落したステージをクリアできれば「ジャイアントキリング」達成。

第3回[編集]

「スポーツマン腕相撲世界一決定戦」
これまでの大相撲のほか、格闘技(K-1、ボクシング、プロレスなど)、野球、ハンドボール、陸上競技など、様々な競技分野の腕自慢32名を集結させ、「異競技交流戦」による腕相撲のアスリート№1を決するワンデートーナメントを開催

スタッフ[編集]

第3回(2013年12月30日放送分)
  • 企画:渋谷謙太郎
  • 構成:中野俊成、一文無隼人、藤本昌平、佐藤大地
  • スーパーバイザー:香川春太郎
  • 協力:ジャニーズ事務所日本相撲協会日本アームレスリング連盟ビー・ブレーン、クラフトフィールド、IMAGICA、カルチャーワークス、YAMAMOTO SPORTS ACADEMY、GOLD'S GYM
  • TD:永野進(第1,2回はTPを担当)
  • SW:片平哲也
  • CAM:武田篤
  • VE:池川秀彦
  • AUD:石川剛
  • LD:毛利克也
  • 技術協力:fmt、サンフォニックス、明光セレクト、小輝日文、テルミック、エム・ティ・プランニング、テクノネット、デジデリック
  • CG:畑野絵里、神保聡
  • 美術デザイン:鈴木賢太
  • 美術プロデュース:副島翔太郎
  • 美術進行:荻原美樹雄
  • 大道具:浅見大、那須野清
  • 装飾:高野城二
  • 視覚効果:田村憲行
  • アクリル装飾:織田秀幸
  • アートフレーム:菅沼和海
  • 電飾:平野寛
  • ビジョン:日下信二(第2回は視覚効果を担当)
  • バーチャル:八島伸行
  • データ放送:腰塚悠
  • 音効:星裕介、若月正幸
  • 編成:清水泰貴、門脇寛至、加藤達也
  • 広報:為永佐知男
  • 推進:高田和典
  • 衣装:永島服飾、FABIANKO RICCI
  • 写真提供:アフロベースボールマガジン社、©中日ドラゴンズ、やれんのか!実行委員会、DREAM
  • コーディネーター:MAS KONDO、Femke、yan Leeuen、Robyn Lin、神山隆彦
  • TK:小島陽子、鈴木杏奈
  • AD:平田悠起、松本涼介、赤澤麻季子、雲越昭弘、ぼぶサブロウ
  • AP:貞本有紀、大野真希
  • ディレクター:池田靖、山嵜哲矢、松本拓摩(佐藤映像)、野中哲也、藤田信彦、齋藤拓也、荻谷俊介、安藤太郎、山田圭祐、浅野翔太郎、中村明博、蔵本卓大、上東渉、石井栄一、亀森幸二、石田夏樹、内田光、高橋一也、松岡辰弥、石川泰治、及川紫、八島諒、菊嶌隆太
  • プロデューサー:堀切勝也、菅野貴志、横野レイコ、山下直美、後藤優、栗原志帆、太田兼仁、上妻奈央
  • チーフディレクター:木村壮
  • 総合演出:佐藤大輔(佐藤映像)
  • チーフプロデューサー・マッチメーカー:熊谷太助
  • 制作:フジテレビスポーツ局
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:鈴木おさむ(第2回)
  • スーパーバイザー:竹内雅人(第2回)
  • TD/SW:坂本淳一(第2回)
  • CAM:田辺絢一、小林重徳(2人共第2回)
  • VE:南雲幸平(第2回)
  • クレーン:二宮典夫(第2回)
  • CG制作:千代祥子、相馬(2人共第2回)
  • 美術デザイン:宮川卓也(第2回)
  • 美術進行:西嶋友里(第2回)
  • 電飾:斉藤誠二(第2回)
  • 視覚効果:川上勝大(第2回)
  • メイク:山田かつら(第2回)
  • 編集:後藤勝利、酒井大輔(2人共第2回)
  • MA:土屋信、水野学(2人共第2回)
  • TK:石井成子(第2回)
  • イラスト:石井克昌(第2回)
  • リサーチ:志田謙悟、広瀬直樹(2人共第2回)
  • 技術協力:八峯テレビ、マルチバックス、IMAGICA
  • 編成:濱野貴敏(第2回)
  • 宣伝:加地綾子(第2回)
  • 撮影協力:順天堂大学日本綱引連盟、遠藤ジム
  • パートナー:Joyman、セイムトゥー
  • デスク:永田さおり
  • AD:上田容史、平田悠紀、赤津、杉山剛、佐脇基之
  • ディレクター:杉山和典、阿部一志、新居稚也

外部リンク[編集]