世界法廷ミステリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
世界法廷ミステリー
ジャンル ドキュメンタリー,裁判
演出 小松伸一
出演者 宮根誠司
加藤綾子
製作
プロデューサー 濱潤・丸山薫(2人共フジテレビ)
荒木勲(フジテレビ、CP
制作 フジテレビ
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
公式サイト
第1回
放送期間 2012年9月25日
放送時間 火曜21:00 - 23:18
放送分 138分
回数 1
第2回・第3回
放送期間 2013年2月2日 - 8月31日
放送時間 土曜21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 2
第4回
放送期間 2014年3月29日
放送時間 土曜21:55 - 翌0:05
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 1
第5回
放送期間 2014年11月15日
放送時間 土曜21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 1
第6回・第7回
放送期間 2015年10月11日 - 2016年10月2日
放送時間 日曜19:00 - 21:54
放送枠 日曜ファミリア(第6回)
放送分 174分
回数 2
第8回
放送期間 2017年4月1日
放送時間 土曜21:15 - 23:25
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 1
第9回
放送期間 2018年1月6日
放送時間 土曜21:00 - 23:40
放送枠 土曜プレミアム
放送分 160分
回数 1
第10回・第11回
放送期間 2018年10月27日 - 2019年6月15日
放送時間 土曜21:00 - 23:10
放送枠 土曜プレミアム
放送分 130分
回数 2
第12回
放送期間 2019年10月20日(予定)
放送時間 日曜20:00 - 21:54
放送枠 日曜THEリアル!
放送分 114分
回数 1回

特記事項:
第12回は、一部地域は21:48飛び降り。
テンプレートを表示

世界法廷ミステリー』(せかいほうていミステリー)はフジテレビ系列で不定期に放送されている法廷ドキュメント番組

概要[編集]

実際の裁判映像を使用した、日本初の法廷ドキュメンタリー番組。日本では裁判の席に直接テレビカメラが入ることはないが、海外では裁判そのものがしばしば中継され高視聴率を記録している。
この番組では、海外テレビ局で実際に放送された裁判の映像を用いて、人々の耳目を集めた凶悪事件と、その周りで起きた人間ドラマを取り上げ、事件に関してゲストが推理する。

放送日時[編集]

  • 第1回:2012年9月25日 21:00 - 23:18
  • 第2回:2013年2月2日 21:00 - 23:10(『土曜プレミアム』)
  • 第3回:2013年8月31日 21:00 - 23:10(同上)
  • 第4回:2014年3月29日 21:55 - 翌0:05(同上)
  • 第5回:2014年11月15日 21:00 - 23:10(同上)
  • 第6回:2015年10月11日 19:00 - 21:54(『日曜ファミリア』)
  • 第7回:2016年10月2日 19:00 - 21:54
  • 第8回:2017年4月1日 21:15 - 23:25(『土曜プレミアム』)
  • 第9回:2018年1月6日 21:00 - 23:40(同上、拡大版)
  • 第10回:2018年10月27日 21:00 - 23:10(同上)
  • 第11回:2019年6月15日 21:00 - 23:10(同上)
  • 第12回:2019年10月20日(予定) 20:00 - 21:54(『日曜THEリアル!』)
※第4回は「2014年世界フィギュアスケート選手権」中継(19:00 - 21:30の予定)のため、21:30 - 23:40の予定だったが、中継が25分延長したため繰り下げた。
※第7回は第6回と同じ日曜放送だが、『日曜ファミリア』が2016年9月17日で廃枠になったため、『日曜ファミリア』扱いされない。「非単発枠」での放送は初回以来。
※第8回は第4回同様「2017年世界フィギュアスケート選手権」中継(17:30 - 21:15)のため、21:15 - 23:25からの放送となった。
※第12回は『日曜THEリアル!』初回の予定。また、一部地域は21:48で飛び降り。

出演者[編集]

MC
解説
ゲスト

放送内容[編集]

第1回「推定有罪」
  • "完璧なアリバイを持つ夫 2歳児が見た真実とは"(ジェイソン・ヤング)
  • "全米騒然!予測不能の評決「疑惑の母」は娘を殺したか?"(ケーシー・アンソニー)
  • "家族を救った疑惑のヒロイン ピンクノートが示す真犯人"(トレーシー・リクター)
  • "悪魔と呼ばれた美人留学生 メディア熱狂「魔女裁判」"(アマンダ・ノックス)
第2回「暴かれた仮面」
第3回「堕ちたセレブの逆襲」
第4回「偽愛のブラックスワン」
  • "義足のランナー恋人殺し" 南アフリカの英雄、義足のランナーオスカー・ピストリウス裁判、スーパーモデルで恋人のリーバ・スティンカンプ殺害。事故か殺人か現在も裁判中。 
  • "名門バレエ団 硫酸事件に愛欲のプリマドンナ" ボリショイ・バレエ団の芸術監督セルゲイ・フィーリンを襲撃した2人の容疑者に指示を出した首謀者として、バレエ団のダンサーのパベル・ドミトリチェンコ(ru:Дмитриченко, Павел Витальевич)を逮捕。ドミトリチェンコの恋人でトップダンサーのアンジェリーナ・ボロンツォーワ(ru:Воронцова, Анжелина Эрнестовна)は、フィーリンが監督に付くや冷遇され次々に役を外された。その後裁判でフィーリンと肉体関係を持ったものが良い役に付けることが暴かれ、名門バレイ団の大スキャンダルになった。硫酸事件でドミトリチェンコは懲役6年の有罪。アンジェリーナは硫酸事件とは因果関係は認められず罪には問われず、事件発覚すぐに別のバレエ団に移籍した。
  • "エリート医師の完全犯罪とナゾの家政婦" 地元では模範的で完璧なパーフェクトファミリーとまで言われた一家。主のマーティン・マクニールは妻ミシェルを医学の知識を利用し殺害。8人の子供(4人は養子)達は母の無念を晴らす為、物的証拠がないこの難事件に父親を告発。父親は浴槽のお湯に殺害した妻を浸けることで死亡推定時刻をずらしアリバイを作った。それが6歳の娘の描いた絵で弁護側の証言(浴槽に顔しか浸かってなかった)に違いを突き止めた。マーティンは妻の死後、愛人を家政婦に迎えるなど不倫も発覚。最終的にはマーティンは第一級殺人で有罪。その後長男が自殺、長女は精神疾患、次女はヘロイン中毒になるなどパーフェクトファミリーは崩壊した。
  • 女子高生が両親を訴えた 娘のレイチェル・カニングが両親を訴えた裁判。
  • "美しき妻の悲しい秘密" 現役警察官のリーバイ・チャベスの妻で令嬢のテラが、自宅のベッドで口内銃自殺。夫のリーバイは泣きながら自責の念を抱くも、検察側の計画殺人を否定し無罪を主張した裁判。リーバイは女性警察官3人を含む5人と肉体関係を持ち、その内の1人と妻の死から2ヶ月後に再婚。妻はリーバイが帰って来ない事や女性関係で精神的に不安定で、死亡した前日には2日間で350回もの着信をリーバイの携帯に残すほど追いつめられていた。他にもリーバイが警察官の立場を利用し、トラックの盗難事件で保険金詐欺を働いたと妻のテラは気付いてしまい、それを自身の友達に相談していたが、その友達もリーバイを不倫をしていて、テラが気付いたことがリーバイに筒抜けになっていた。結果リーバイは無罪、物的証拠がない事が理由。妻の自殺現場をリーバイが市警の同僚に処理させた事で何一つ証拠が残ってなかった事が原因。アルバカーキ市警は捜査の不手際を認め遺族に約4720万円の賠償金を支払った。しかし、その後も事件は終わらず、アルバカーキ市警の不正を追求していた、メアリー・ハン弁護士が自宅で謎の自殺、何故かパソコンが盗まれていたが警察は自殺として事件を処理。リチャード・ファレリーはテレビで保険金詐欺の決定的証拠をテレビで好評すると発表したが、会見目前自宅で心不全により急死した。未だ真相は闇の中。
第5回「美しき妻たちの破滅」
  • "渋谷セレブ夫婦バラバラ殺人事件の真実" (香織)新宿・渋谷エリートバラバラ殺人事件 2006年末、日々夫の浮気を疑っていた妻。深夜にお酒に酔って帰宅しすぐ眠りについた夫を、2時間枕元で見つめた後、ワインのビンで撲殺。その後遺体を6等分に切断しバラバラに遺棄した事件。裁判になると、その凶器的な事件の裏側が暴かれて行く。殺人事件の加害者である妻が、家庭内暴力の被害者でもあった。後に夫の不倫や、夫からリベンジポルノで脅迫されていたことも判明。別れなかったのか、別れられなかったのかも、議論の争点となった複雑な裁判であった。判決は懲役15年の実刑判決。
  • "死者からの手紙"(マーク・ジェンセン)
  • "ゴールドフィンガー妻殺害…犯人は誰だ"(ジェームス・ファイド)
第6回「映画になった衝撃裁判 トリックvs悲劇の女たち」
第7回「世紀の裁判 O.Jの告白」
第8回「裁かれた大統領」
第9回「ネットの闇に棲む悪女の怨念」
第10回「死者からのメッセージ」
第11回「悪魔のアリバイ」

スタッフ[編集]

第11回(2019年6月15日放送分)
  • ナレーター:松元真一郎よのひかり
  • TP:深谷高史、山下悠介(山下→第11回)
  • SW:藤本敏行(第11回)
  • CAM:吉川和彦(第11回)
  • VE:宮本学(第11回、一時離脱)
  • MIX:本間祥吾
  • 美術プロデューサー:古川重人(第10回は宮川名義)
  • デザイン:宮川卓也
  • 美術進行:大村光之(第9回まで美術制作、第10回はアートコーディネーター)
  • 大道具:原卓也
  • アクリル装飾:織田秀幸(第11回、一時離脱)
  • 電飾:石井誠
  • 装飾:菊池誠
  • モニター:鈴木泰則(第11回)
  • メイク:大橋由美子(第11回)
  • 照明:大竹康裕(以前はLD)、後藤雅彦(第10回-)
  • CG:北岡誠、三塚篤(共に第11回)
  • 音効:矢部公英
  • TK:安藤嘉江子
  • 映像協力:ABC NEWS、アフロ、CNN、Courtesy of KPCR、Footage Courtesy of Harpo,inc.、KIAH-TV、KIRO-TV、KOMO-TV、Wazee Digital、Michael West、WKYC-TV(CNN→一時離脱、その他→第11回)
  • 協力:IMAGICAオムニバス・ジャパンザ・ユニバース、TUBE、プラスワンカンパニー、fmtニユーテレス、ワンダースペース(TU・fmt→第9回-、ニュー以外→第10回、IMA→第11回)
  • 校正:黒木勝己(聚珍社
  • 広報:長谷川智子(フジテレビ、第11回)
  • 再現
    • 演出:長江俊和(ネピュラ)
    • プロデューサー:古谷忠之(第9回-、第8弾は再現)
  • リサーチ:島田恵子、舘智美
  • 海外取材:ジョナサン・ボードイン(第11回)
  • AD:片山玲菜、栗本佳奈、桐山育恵(全員→第11回)
  • AP:髙橋彩乃(フジテレビ、第8回-、以前はディレクター)
  • ディレクター:水元亨(ケーテン)、京田宣良(バンエイト、一時離脱)、島野平(フジテレビ)、長峰裕、小出和平(小出→第10回-、長峰→第11回)
  • 制作協力:ケーテン、ネビュラ、バンエイト泉放送制作、AIR(泉・AIR→第11回)
  • 演出:小松伸一(ケーテン)
  • プロデューサー:濵潤(第9回までCP)・丸山薫(第10回-)(2人共→フジテレビ)、吉川和仁(バンエイト、第11回)
  • チーフプロデューサー:荒木勲(フジテレビ、第11回、第10回までは企画演出)
  • 制作:フジテレビ情報制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:そーたに、佐藤雄介(佐藤→第7回まで)
  • ナレーター:広中雅志ショーンK住友優子(住友→第10回)
  • クレーン:茂木彰洋
  • SW:小川利行(第10回まで)
  • CAM:小林光行、藤本伸一
  • VE:高木稔、高橋正直、斎藤雄一
  • VTR:谷古宇利勝、山下義子
  • AUD:小清水健治
  • MIX:加瀬悦史、高橋幸則
  • LD:香川和代(プログレッソ)、藤沢勝
  • LT:中辻孝文
  • 美術プロデューサー:西條実、豊田亮介
  • デザイン:中村嘉邦
  • 美術制作:与田滋
  • 装置:鈴木匡人
  • 操作:新木大介、佐藤学
  • 装飾:深山健太郎
  • メカシステム:庄司(子)康(泰)広
  • 電飾:清水久敏、井合友美
  • アクリル装飾:渡邊卓也、犬塚健(犬塚→第10回)
  • 特殊装置:樋口真樹、石田俊一
  • モニター:齋藤淳之介、石野創太、小神野徹(小神野→第10回)
  • TK:菊地瑞穂
  • CG:伊東泰典
  • 造形:森原秀樹
  • 化粧:久野友子、長縄希穂
  • メイク:薩广綾子(第10回)
  • リサーチ:島田京子、清武友佳理、早崎賢治、平田デニス、樋口宣子(樋口→第10回)
  • 取材カメラマン:西久保徹、二日市匡男、平尾徹
  • 取材クルー:岩切天平、室井孝光(室井→以前は取材VEも担当)、近清正和、Jonathan Baudoin(J B→第7回)(第6回までは取材カメラマン)
  • 取材VE:羽生有希、山口良
  • 映像協力:ABC7 Los AngelesNBC4 Los Angeles、INSESSION、NBC universal Archives
  • 写真協力:時事通信フォト
  • 協力:アックス、キックファクトリー、seryon、MBC(se・MBC→第8回)、オフィスもり(第9回まで)、スタジオヴェルト、プライムエンターテインメント、興進電化、聚珍社、チトセアート、CPインターナショナル、テレフィットナカムラ綜美フジアール山田かつら(スタジオヴェ・オムニバス以外→第10回、山田かつら→第9回はメイク)
  • 広報:清野真紀(第5,7回)、清田美智子(第6回)、瀬田裕幸(第8回)、池田綾子(第9,10回)(全員フジテレビ)
  • デスク:加用有香里(第7,8回)
  • AD:渡辺貴晴、金子初弥、阿(足)達友季子、石上祥、小川知可恵、松本恵歩、大崎晴汀、松澤瑞希、山本真子(大崎以降→第7回)、鹿野乃倫子(第7,8回)、相藤晃司、関口潤、竹本恭一郎(相藤〜竹本→第8回)、柴田尚人、柳沢美奈実(柴田・柳沢→第9回)、斎藤拓海、野元章世、神﨑辰也(斎藤〜神﨑→第10回)
  • 再現:壁谷悌之、亀谷英司、室井岳人、恩田成章、辻陽子(室井以降→第7回)、島崎敏(俊)樹(泉放送制作)、久世英之(第8回)、桑島岳大(第10回)
    • 演出:川野浩司(第9回)
    • ラインプロデューサー:岩本勤(第10回)
    • プロデューサー:北村敏彦(第9回、第8回は再現)
  • ディレクター:山下俊一・酒瀬川茂雄・宮川直樹(全員フジテレビ)、伊藤義(ケーテン)、房川立樹(バンエイト)、遠藤史郎(朗)(ネツゲン、一時離脱→復帰)、古市誠(オフィス・トゥー・ワン)、海老澤和也、市川雄二(市川→以前はAD)(海老澤・市川→第10回)
  • 制作協力:FCI NY、COCOON(CO→第10回)
  • プロデューサー:熊田辰男(ラダック、第9回まで)
  • チーフプロデューサー:内ヶ崎秀行(フジテレビ、第10回、以前はプロデューサー)

脚注[編集]

  1. ^ 第6回まではフジテレビアナウンサーとして出演。